アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:YU-Tさん

惣流・アスカ・ラング...

ソウリュウアスカラン...

新世紀エヴァンゲリオ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作品のヒロインの1人。ドイツ3/4、日本1/4の血を持つ混血児で橙髪青眼(あるいは紅毛碧眼)。二人目の適格者=セカンドチルドレン。国籍はアメリカ。活発明朗だが、勝気な性格でプライドが高く、エース・パイロットとしての能力を誇示して生きてきた。一人称は基本的に「あたし」。口癖は「あんたバカぁ?」。4歳の時にエヴァンゲリオン操縦の二番目の適格者として選出され、以降、セカンドチルドレンとして英才教育を受けたエリートである。14歳にして大学を卒業。EVA弐号機とのコンタクトはドイツ語を基準にしているが、日本語も流暢に話すことができる。母親は惣流・キョウコ・ツェッペリン。父親はキョウコの死後、再婚している。終盤には複雑な生い立ちと、内包していた脆さから、悲惨な運命をたどる。【性格】:自信にあふれていてプライドが高く、非常に高飛車であり傲慢かつ自己中心的な性格。ただし社交性は他のパイロットと比較して高い。EVAシンクロ用のインターフェイスヘッドセットを髪留めとして常に着用するほど、EVAパイロットの適格者、チルドレンであることに拘りを持つ。碇シンジにシンクロ率を追い抜かれてしまったことが引き金となり、次第に自信を失っていき、使徒に敗北することで自分の存在理由を見失う。初号機の凍結中に起こった第15使徒アラエルとの戦闘で、使徒の攻撃によって精神的侵食を受け、封印していた自分の辛い過去を曝し出されて精神に強いダメージを負ってしまう。その時の対応から、ネルフが自分の価値をレイより軽視していると感じ、自己を見失う。EVAとのシンクロ率は2桁を切るという状態になり、弐号機の起動すら不可能になる。さらに加持の死を知り心の拠り所を失った彼女は、生きていく理由や自身の存在価値さえも見失い、完全に精神崩壊を起こし物言わずベッドに横たわるだけの廃人と化した。母親は、EVA接触実験の失敗による後遺症で精神を病んだことで、人形を実の娘であると思い込み、自分を全く見てくれなくなった。その母親を自分に振り向かせようと努力を重ねていたが、弐号機のパイロットに選ばれたその日に母親は自殺した。その深いトラウマにより、「もう泣かない」「誰にも負けられない」と決意したことで、転じて、周りから必要とされる価値ある自分でいなければならない、という一種の強迫観念を根底に持ち、脆さと紙一重の強さを兼ね備えた人格に。結果的に、物語の後半(主に第拾九話以降)でその強迫観念で自分自身を苦しめてしまうことになる。レイとシンジの関係を気にしていた面があり、2人の関係を間接的に問うている。零・初号機のパイロット互換テストの実験中にも、シンジの「綾波の匂いがする」との発言に自覚のない嫉妬心を覗かせた。駅ホームで談笑する2人を見かけた際も、「元の鞘」と評して以前からの不愉快さを示している。宮村優子はアスカについて「今で言うところのツンデレ。異性として気になるのはシンジだけど、なかなかそれを表に出すことが出来ない」と評している。

出典:wikipedia

誕生日:12月4日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
惣流・アスカ・ラングレーとは?(新世紀エヴァンゲリオン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ヒロインの一人。ドイツと日本の血を持つクォーター。勝ち気で負けず嫌い。エヴァのパイロットであることに誇りを持つ。14歳にして大学を卒業している天才。

年齢

14 歳

誕生日

12月4日

性別

声優

宮村優子/ティファニー・グラント

星座

射手座

身長

157 cm

血液型

A 型

髪の色

オレンジ

髪型

ツインテール

アクセサリー

赤のインターフェイス

学校・会社

特務機関NERV/第3新東京市立第壱中学校

職業

中学生

役職

EVA弐号機専属操縦者

学年

中学2年生

母親

惣流・キョウコ・ツェッペリン
強気だけど弱い可憐な美少女「惣流・アスカ・ラングレー」『新世紀エヴァンゲリオン』
【画像】惣流・アスカ・ラングレー(新世紀エヴァンゲリオン)
 多くのエヴァファンから絶大な人気を集めているアスカ。活発で明るく自信家な彼女は、綾波レイと並ぶ『新世紀エヴァンゲリオン』の二大看板キャラです。強気すぎて高圧的にも見られがちですが、非常にピュアで優しい一面も持っています。14歳にして大学を卒業しているなど、確かな実力と実績を兼ね備えた彼女。その魅力に迫ってみたいと思います!
嫌味のないツンデレキャラ
 ツンデレというと、あからさまに相手のことを好いていることがわかるようなキャラクターを想像しがちですが、そういう場合はどこかわざとらしく嫌味な印象を受けてしまいます。その点アスカがツンデレといわれるのは、単に自分の気持ちを上手く相手に伝えられない不器用さに起因しています。その中学生とは思えない大人びたセリフや行動の裏にある、純粋でうぶな部分。そしてその部分を必死に隠そうとする見栄っ張りな所。その心理描写がなんとも自然でわざとらしくないからこそ、彼女のツンデレには大きな魅力を感じるんですね。一見完璧に見えても、時折見せる弱い部分とのギャップがたまらないです!
本質的な優しさ
 自分に厳しいからこそ、人にも強く当たってしまうアスカ。しかしそれは、彼女の本質的な優しさがそうさせているのかもしれません。例えば、新劇場版においては恋のライバルとして認識し始めた綾波に対しても、綾波が企画した食事会とEVA3号機の機動実験が重なってしまった際に、綾波のことを思って自ら実験パイロットへ志願しました。

 そんな優しさを持つアスカですが、母親が原因で受けたトラウマのせいか人と近づくことを極端に嫌がります。優しいからこそ、誰も傷つけないように全てを独りで背負ってしまう。そんな彼女の儚さに心奪われたファンも多いのではないでしょうか?
社交的な性格
 変わり者揃いのEVAパイロットの中に至っては、一番まともな性格ともいえるアスカ。他のパイロットと比較しても社交性が高く、学校やネルフでも周囲の人物と良好な関係を築くことができます。ただ、良好だからこそ深入りはせず一定の距離を保っており、こういった部分が、彼女をより大人っぽく魅力的に感じさせるのでしょう。

 いかがだったでしょうか。ちなみに新劇場版では苗字が惣流から式波に変わっているため、全くの別人格であるというような説も流れていますが、アスカの本質的な性格は全く変わっていないようにも思います。本当は優しいけれど冷たい。本当は弱いのに強がっている。そういった子供っぽくて可愛らしい所こそが、彼女の何よりの魅力だと思うのです。
(C)GAINAX・カラー/Project Eva.

記者(西森ゆう【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


惣流・アスカ・ラングレーについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2014/06/22 18:25 ID:20C9BADF ▽コメント返信
アスカのものまねしてる吉本の女芸人さんがかわいい。サイコロで旅してる子。
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>新世紀エヴァンゲリオンのキャラクター 一覧
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!