アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:のらももさん

葛城ミサト

カツラギミサト

新世紀エヴァンゲリオ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

特務機関NERV(ネルフ)戦術作戦部作戦局第一課所属で階級は一尉。第拾弐話で三佐に昇進。役職は、物語前半で作戦部長と、物語後半は作戦課長と呼称される。碇シンジと惣流・アスカ・ラングレーの保護者兼上司で、エヴァンゲリオン(EVA)の戦闘指揮官。ペットは温泉ペンギンのペンペン。愛車はアルピーヌ・A310を右ハンドル・電動機駆動に改造したもの。オリジナルのガソリンエンジン・左ハンドルのA310にも乗っている。フェラーリ・328でシンジの学校に乗り付けるシーンもある。【経歴】:15年前、当時14歳だった彼女は、父親が隊長を務める葛城調査隊と南極まで同行した際、セカンドインパクトに遭遇。南極に残っていた者の中でただ1人の生存者にして、セカンドインパクトを最も近くで目撃した人間である。その精神的外傷から一時心を閉ざし、長く失語症の時期があった。その際に負った傷痕が彼女の胸部から腹部にかけ残っている。研究に没頭するあまり家族を蔑ろにしがちであった父親が、セカンドインパクトの際に自分の命と引換えに彼女を救ったことから、使徒に対して強い憎悪・復讐心を抱き、シンジ達EVAパイロットに苛酷な作戦を課すこともしばしばであった。失声症から立ち直った後は第二東京大学に入学し、そこでリツコや加持リョウジと知り合い、加持とは恋人関係に。後に、加持を死んだ父と重ね合わせていたことに気づき、ゲヒルンがNERVに移行する直前に一度別れる。NERV設立の真の理由を知らず、5年ぶりに帰国した加持の示唆もあって、次第にNERV司令のゲンドウや同僚のリツコの行動に対し疑念を抱く。加持とは徐々にヨリを戻していったが、彼は何者かによって抹殺されてしまう。加持の遺した最期の電話メッセージに号泣するが、後に立ち直り、セカンドインパクトや人類補完計画の“真実”に迫ろうとする。【性格】:「ちょっち(ね)」が口癖。一人称は基本的に「あたし」。EVAのことを「エヴァー」と言う。他人のいる場所では常に明るく振る舞い、よく喋るが、その裏ではセカンドインパクトの体験が性格に深く影を落としている。私生活においては、非常にがさつかつ、ずぼらでだらしない面が多い。シンジ・アスカと同居するも、彼らの身の回りの世話は全くしておらず、むしろシンジに家事を任せきりにしていた。そのため、シンジに私生活のだらしなさを指摘された。シンジが来る前は、家の中がゴミで埋まっていた。寝床も万年床となっていたり、机のまわりがゴミで埋もれていたり、ゴミ捨てをシンジに任せる、時計のアラームを足で止めたり、朝からビールを食卓に持ち出し一気飲みする、酒瓶を片手に大の字で大いびきをかきながら寝る(新劇場版より)など、自宅でのだらしない行動は枚挙に暇がない。料理もからっきしであり、彼女の手にかかるとレトルト食品すら食べられなくなるほど不味くなってしまう。第伍話「レイ、心のむこうに」ではレトルトを素材にカレーを作ったが、シンジ、リツコが悶絶し、ペンペンが気絶する描写がある。特にビールが大好きで、ヱビスビールを愛飲しており、冷蔵庫はほぼこれだけで満杯にされている。このように私生活では非常にだらしなさが目立つものの、EVAの戦闘指揮官としては優秀である。指揮官として一見無茶とも思える作戦も度々提唱するが、そのほとんどを結果的に成功に導く強運の持ち主だが、作中での碇シンジの発言によると「ミサトさんのくじは当たったことが無い」。彼女自身の戦闘力も高く、旧劇場版でH&K G11アサルトライフルを装備した戦略自衛隊員3人を、45口径弾×12発のH&K USP自動拳銃だけで射殺している。ドライビングテクニックにも優れ、シンジを乗せて走っている最中に上から巨大な落下物が降ってきても鮮やかに避けている。カンの鋭い面もあり、NERVやゼーレの裏の目的についても早くから疑念を抱いていた。

出典:wikipedia

誕生日:12月8日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
葛城ミサトとは?(新世紀エヴァンゲリオン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

碇シンジの直属の上司。シンジとは同居しており、保護者代わり。職務中は厳格に振る舞っているが、プライベートでは陽気で楽天家の姉的な存在いるため、彼女を慕う人間は多い。

年齢

29 歳

誕生日

12月8日

性別

弱点

料理

好きな食べ物

ビール

声優

三石琴乃/アリソン・キース

星座

射手座

身長

163 cm

体重

47 kg

血液型

AO 型

髪の色

濃い青

髪型

長髪

学校・会社

特務機関NERV

職業

NERV戦闘指揮官

役職

戦術作戦部作戦局第一課
母性愛?恋心?優秀?怠惰?ギャップだらけの大人の女「葛城ミサト」の魅力とは?『新世紀エヴァンゲリオン』
 >>> ※韓国語で翻訳された記事はこちらから(한국어로 번역된 기사 )
【画像】葛城ミサト(新世紀エヴァンゲリオン)
 1995年に放送が開始された『新世紀エヴァンゲリオン』は、今や世界に名を轟かせる日本アニメの代表作品のひとつです。放送開始からどれだけの月日が経ってもファンの熱は冷めることはなく、新しいファンを獲得し続けるモンスター作品。数多くいる登場人物の中でも、中心メンバーであり「サービス、サービスゥ!」など代表的な台詞も幾つか存在する「葛城ミサト」。

 彼女の存在を中心に、大人の男女の魅力という、従来の少年少女に向けたアニメ作品にはなかったスパイスを『新世紀エヴァンゲリオン』は取り入れました。彼女はそれを、とてもリアルに表現するキャラクターなのです。
主人公・シンジに対する愛情と、かつての恋人でもある加持への愛情
 自身も過去の経験から心を閉ざし、失語症でもあった彼女。父親の命令で仕方なくやってきて全て投げやりなシンジに、彼女は根気強く向き合い自宅へ居候もさせます。シンジを叱咤激励する一方、時に感情的にシンジに辛辣な言葉を浴びせることも。

 そんなシンジへの愛情は母親のようなものでありながら、一方で恋のようなものであるようにも映ります。片やかつての恋人でもある加持に対しての想いは、最初から最後まで男女の愛情として描かれています。
私生活はだらしない!?
 彼女はシンジを自宅に居候させますが、自宅は非常に荒れておりゴミだらけ。基本的に繊細な心情の持ち主として描かれてはいますが、私生活は繊細とは程遠い状態・・・。「綺麗でデキルお姉さん」は外の姿で、私生活はとんでなく荒れています。また、男性に対しても少々だらしない一面を垣間見せ、彼女自身に同情出来ないという女性もチラホラ・・・。
身体能力も高い戦闘司令官
 彼女は所属する特務機関NERVの戦闘司令官です。戦闘時に戦闘指示を出したり作戦を立てています。優秀な人物として描かれるリツコや加持と大学の同級生であることから、当然頭脳も高いと想定されます。

 一方で、彼女はスポーツカーを巧みに運転するドライビングテクニックが何度も描かれたり、肉弾戦においても非常に高い戦闘能力を発揮しています。決して器用に物事を処理する人間として描かれているわけではありませんが、頭脳・身体能力ともに優秀であることは間違いないでしょう。

 美化されるわけでもなく、リアルな一女性として描かれている葛城ミサト。それがこの作品に深みを与えていることは間違いありません。優秀で美しくも人間臭いリアルな年上のお姉さん、その全てが彼女の魅力と言えるのではないでしょうか?
(C)GAINAX・カラー/Project Eva.

記者(雪柳一樹【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


葛城ミサトについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>新世紀エヴァンゲリオンのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!