アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:近眼の独眼龍さん

碇シンジ

イカリシンジ

新世紀エヴァンゲリオ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作品の主人公。父ゲンドウ・母ユイの息子として生まれる。エヴァンゲリオン初号機のパイロット(3人目の適格者=サードチルドレン)。一人称は僕。エヴァンゲリオン(EVA)とのシンクロには天才的な才能を見せる。キャラクターデザインを担当した貞本義行によると、彼のデザインは『ふしぎの海のナディア』のナディアと基本的に同じである。【経歴】:2004年に行われた初号機の起動実験において目の前で母を失い、その後まもなく父により「先生」と呼ばれる人物の元に預けられる。そして作中舞台となる2015年、突如、父により、NERV本部に呼ばれて初号機の専属パイロットに命じられる。上司である葛城ミサトと同居生活することになり、EVAのパイロットとして使徒殲滅の任務に就くかたわら、同市内の市立第壱中学校に通うことになる。度重なる使徒との戦い、父との確執、ミサトをはじめ、同パイロットである綾波レイや惣流・アスカ・ラングレー、そして友人となるトウジやケンスケとの出会い・交流の中で、シンジは苦悩・葛藤し、傷つきながらも少しずつ成長していき、自分の存在意義を求めていく。しかし、次第に状況は過酷なものとなり、度重なる悲劇からシンジは精神的に疲弊していく。そんな中、渚カヲルを自らの手で殺したことで心を完全に閉ざし、ゼーレによりその不安定な精神を人類補完計画発動の依り代とされてしまう。リリスと融合したレイの意思により全ての決定権を委ねられ、一度は他者の存在しない裏切りや傷つきのない世界を望むが、最終的には「もう一度皆に会いたい」という想いから、補完計画を破綻させた。担当声優の緒方恵美曰く、「色々越えて経験してからの拒否で、言ってしまえば大人の迷い。絶望感の果てにもう一度人と関わろうとしたことが彼の成長」とのこと。【性格】:幼少時に母親を亡くし、父親に捨てられたことから家族の絆や愛情というものを知らず、それがトラウマになっていることから、自分の存在価値に疑問を抱き、極めてナイーブで内向的な性格をしている。自分の居場所を周囲に求めながらも、痛みを恐れるあまり互いの傷つかない距離を保とうとし、その結果、表面的な付き合いをする傾向にある。父親を苦手とし反発する一方で、内心では分かり合いたい、愛されたいという屈折した感情を抱いており、EVAに乗る理由も「父親に認められたいから」というもの。「逃げちゃダメだ」と自分に言い聞かせるセリフは、強迫観念を表すだけでなく、監督の庵野秀明自身の制作当時の心境を映したものでもある。他人とのコミュニケーションが苦手とされているが、ゲンドウ以外の人物に対しては極端に苦手という描写はなく、比較的そつなく会話をこなし、ごく普通の中学生らしい様子を見せ、次第に感情を表に出すようになる。また切羽詰った状況下では考えるよりも行動するタイプで、対使徒戦では勇敢な姿勢や表情をみせることもある。また、優柔不断で状況に流されやすい性格と捉えられることが多いが、庵野の考えでは「自分が決めたら、梃子でも動かないような、頑なで他人を気にしない性格」だという。「エヴァンゲリオンとは何か」「使徒はなぜ襲ってくるのか」「自分は何のためにここにいるのか」「父は自分のことをどう思っているのか」「なぜ自分が戦わなければならないのか」など、様々な悩みや苦しみを抱きながら苦悩する姿は、従来のヒーロー像からは大きく異なる(アンチヒーロー参照)。

出典:wikipedia

誕生日:6月6日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
碇シンジとは?(新世紀エヴァンゲリオン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公。幼少時の家族問題が原因で他人とのコミュニケーションが苦手な内向的でナイーブな性格。10年以上離れて暮らしていた父の命令でEVA初号機に乗り込み、使徒と戦うことに。

年齢

14 歳

誕生日

6月6日

性別

特技

チェロ演奏/料理

声優

緒方恵美

星座

双子座

身長

157 cm

血液型

A 型

髪の色

髪型

短髪

学校・会社

特務機関NERV

職業

中学生

役職

EVA初号機専属操縦者

学年

中学2年生

父親

碇ゲンドウ

母親

碇ユイ
苦悩の主人公「碇シンジ」に秘められた魅力とは?『新世紀エヴァンゲリオン』
 >>> ※韓国語で翻訳された記事はこちらから(한국어로 번역된 기사 )
【画像】碇シンジ(新世紀エヴァンゲリオン)
 一時は社会現象まで引き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公「碇シンジ」。優しいけれどちょっと頼りない彼は、エヴァに登場するキャラクターの中ではあまりその魅力について語られる機会が少ないように思えます。しかし、作中においては確かに多くの人を惹きつけており、視聴者にはなかなか伝わりづらい魅力があるのです。それでは、そのシンジ君の持つ魅力について考えてみましょう。
母性本能をくすぐる?
 シンジ君は優柔不断で臆病な少年。自分に対して自信もなく、いわゆる放っておけないタイプのキャラクターです。それだけでも、ミサトさんのような母性を持つ(あるいは持ちたいと思っている)キャラクターからは魅力的な存在だといえるでしょう。逆にそれが、アスカや綾波のように母性を育てる結果につながることもあります。また、カヲル君がシンジ君のことを一際好意的にみている理由も、彼が第一使徒アダムとして使徒を生み出した母なる存在であり、強い母性を持っているからなのかもしれません。
生々しいほどの人間らしさ
 架空のキャラクターというのは、ある程度一貫した信念を持ち、それに伴った行動を行うことで生き生きと魅力的に描かれます。しかし、シンジ君の場合は一般的なキャラクターのようにどっしりした芯がなく、その場その場で自分に都合の良いように解釈したり過度に拒絶したりして生きていきます。

 ただ、普通の人間であれば「さあ命を懸けて人類を守ろう」なんて言われても「はい。わかりました。」とはいかないはず。そういった意味で、彼の苦悩は普通の人間にとってみれば当たり前のことだといえます。その生々しいほどの人間らしさが、我々視聴者にとっては不快なものに映ることもあるわけですが、逆にこの“弱さ”“主人公とは思えない人間らしさ”は、同時に彼の何よりの魅力でもあると思うのです。
父=理性を求める心
 シンジ君が一貫して持ち続けた思い。それは、父・ゲンドウに認められたいというものです。彼は幼い頃に母親を失くしているわけですが、母からの愛情(本能的な愛情)を欲しがる様子はほとんどありません。子どもならばほぼ無条件で受けられるはずの“母からの愛情”に対して、父からの愛情とは、厳しい事もともなう理性的な愛情といえるのではないでしょうか。故に父からの愛情は時に痛みを伴うもの。それでも父からの愛を求め続ける強さがシンジ君にはあるのでしょう。

 シンジ君は家事全般が得意で、本作上ではある意味もっとも母性的な存在として描かれています。逆に考えるとシンジ君に惹かれるキャラクターたちは、どこかで母性的な愛情を求めているのかもしれませんね。
(C)GAINAX・カラー/Project Eva.

記者(西森ゆう【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


碇シンジについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2014/10/02 20:59 ID:20178B9C ▽コメント返信
周りのキャラが勝手に期待掛けて可哀想だは
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>新世紀エヴァンゲリオンのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!