アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:あつこさん

片岡優希

カタオカユキ

咲-Saki-シリー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

9月16日生まれ。1年生。先鋒を務める。お気楽にして豪快な性格だが、同学年の宮永咲や原村和の前では涙を見せたがらないなど気が強い一面もある。語尾に「じぇ」や「じょ」をつけるなど、喋り方が特徴的。制服の腰に猫(「セアミー・ノル・ユルフィオ」こと「猫蛇セアミィ」)のアクセサリーを巻き、フリルの付いたハイネックとニーソックスを着用している。速攻型で、東場(東南戦前半)では強いが、後半になると失速するタイプで、本人はこれについて「天才だけど集中力が持続しない」と自評し、トップクラスの実力を持っていると思っている。格下の相手にはその実力を見せつけ圧倒するが、同じ麻雀部の咲や和、県大会団体決勝戦の相手の井上純や福路美穂子、アニメ版の県予選個人戦での南浦数絵など、格上の相手にはあっさりと敗れることも多い。先鋒は最も実力のある者を据えるのがセオリーなため、「我最強」と勇んでいたが、染谷まこに(優希が先鋒なのは)点数移動計算ができないからだと一蹴された。東初の起家を担当する確率が高く、個人戦でみせた東場での爆発力は全国の強豪校にも警戒され、末原恭子からは「常識の外にいる生き物かもしれない」と評されている。他家に鳴きを入れられると調子が狂うという弱点があったが、4校合同合宿で純に鍛えてもらい克服している。また実力があるも上記のように自信過剰な部分があるため、油断し、敗退することもある。タコスが大好物で、清澄高校への進学を希望したのは「学食にタコスがあるから」。タコス以外にも、たこ焼きやたこさんウィンナーなど名前に「たこ」が付く食べ物を食べればパワーに出来、これをタコスぢからと呼んでいる。和とは高遠原中学時代から仲が良く、インターミドルチャンピオンである和が麻雀無名校の清澄高校に進学する要因を作った人物である。須賀京太郎に絡んだり、ちょっかいを出したりする描写が多いが、本気で好意を抱いているかどうかは定かでない。インターハイ第2回戦第2試合先鋒戦では、終始トップをキープするもオーラスで九面を降ろした神代小蒔に三倍満を振り込み3位に転落した。単行本のカバー裏では、彼女が主役のパラレルワールド的な冒険物語が繰り広げられている。

出典:wikipedia

誕生日:9月16日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
片岡優希とは?(咲-Saki-シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

フリルの付いたハイネック、ニーソックスを身に付け腰には猫のアクセサリーを身に付けている。語尾に「じぇ」「じょ」をつける。タコスなどタコが付く食べ物が好きで「タコスぢから」が麻雀にも影響している。エースが集まる先鋒でも善戦している。

誕生日

9月16日

性別

弱点

おバカ

好きな食べ物

タコス

声優

釘宮理恵

星座

乙女座

身長

143 cm

髪の色

髪型

ツーサイドアップ

アクセサリー

猫のアクセサリー

学校・会社

清澄高校

部活・委員会

麻雀部

職業

高校生

役職

先鋒

学年

高校1年生
元気一杯清澄のタコス娘!魅力たっぷりの「片岡優希」だじぇ!『咲-Saki-』
【画像】片岡優希(咲-Saki-シリーズ)
 麻雀を題材にしたアニメ『咲-Saki-』は、美少女達が麻雀を舞台に華麗に火花を散らし、そして強く成長して行く過程を描いた作品。世にある様々なアニメに元気が取り柄のキャラクターは数あれど、『咲-Saki-』における超名傍役、「片岡優希(かたおかゆうき)」も元気にかけては負けません!!空回りしてもタコスがあれば問題なし。多牌気味の明るさに苦笑いしつつも愛らしく感じてしまう咲ファンもきっと多い事でしょう。
タコスが好きなんだじぇ
 彼女は、主人公の宮永咲(みやながさき)や原村和(はらむらのどか)と同じ、清澄高校麻雀部の一年生。「~だじぇ」とか「~じょ」とか語尾にくっつけるのが可愛らしく特徴的な女の子です。そして年がら年中タコスタコス五月蝿い清澄のタコス娘。「タコスが学食にあるから」という理由で高校を決めてしまうほどタコスが好物です。しまいには数少ない男性キャラ、清澄高校男子部員の須賀京太郎(すがきょうたろう)にタコスを作らせるほど。なんでも彼女、名前にタコがつく食べ物を食べるとパワーアップする、タコス好きの呪われた血族らしいですよ。はい、意味が分かりません。

 一度ふざけだすと止まらなくなる悪ノリは、意味不明な言動で周りを容赦なく振り回します(被害者はほとんどの場合京太郎ですが・・・)。なんにせよ、どんなシーンでもおかまいなしにバクバクとタコスにかじりつく無邪気な姿は作中の癒しの一つなのです。
自称東風の神
 彼女のプレースタイルは麻雀に置ける前半戦、東場に圧倒的火力で荒稼ぎするという典型的な先行逃げ切り型です。作中では比較的分りやすい部類の能力ですね。長野大会の個人戦では東場における歴代ハイスコアをたたき出すほどの威力ですが、むらっけがある様で調子に乗って失敗をしてしまう事もしばしば。とはいえ、失敗の多いキャラだからこそ視聴者の心を掴んでいるのでしょう。実際、戦いを重ねるごとに強くなって行く様はとっても爽快です。「我最強!」「ここからは私の連荘で終わらせる!この試合に東二局は来ない!」とか調子に乗って宣っても問題なし!滑ってますが!
皆のムードメーカー
 お調子者な彼女も凹む事があり、ヘマをして落ち込んでいるシーンもよくあります。思う様に戦う事が出来ず、試合後に先輩に寄りかかり甘えるなんて事も。可愛らしいじゃないですか。しかし、同い年の咲や和にはそんな一面を見せたくない様で、前述のシーンで咲と和が部屋に入ってくると凄いスピードで身を正していました。身長が小さく童顔な彼女ですが、なんとも高校一年生らしい一面ですね。

 天真爛漫な性格で時には落ち込んで、小学生の算数ドリルに苦戦するほど残念な感じではありますが、清澄のムードメーカーはいつでも視聴者のムードメーカーでもあるのです。全国大会決勝戦まで勝ち進む事が出来れば、団体戦先鋒の彼女は作中最強の女子高生である咲の姉、宮永照(みやながてる)と激突する事になります。一体どんな事になるのか今から目が離せません!
(C)小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部

記者(つよろく【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


片岡優希についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>咲-Saki-シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!