アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ともともさん

宮永咲

ミヤナガサキ

咲-Saki-シリー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

10月27日生まれ。1年生。本作の主人公。大将を務める。気が弱くて泣き虫なドジっ娘(初期はそれらしい描写は見せず、目立った個性もなかった)。現在は父子家庭で、別居中の母と姉・宮永照は東京にいる。家族麻雀で負けてお年玉を巻き上げられるのが嫌で、勝てば怒られるからという理由で、勝ちも負けもしないようにプラスマイナスゼロで終局させる打ち方を身につけた。須賀京太郎に半ば強引に連れてこられた部室で、初めて家族以外と打った麻雀でも、全中覇者・原村和を含む面子に対して3回連続でプラマイゼロを達成し、翌日には東風・赤入りの上に他家が意図的にそれを妨害してくるという極めて困難な状況においてもプラマイゼロを再現し、続けて竹井久から言われた「次は勝ってみなさい」という言葉を受けて、生涯初の役満、四暗刻を和了り快勝、その圧倒的な力量差を見せつける。この際に和から投げかけられた「麻雀を好きでもないあなたに負けたのが悔しい」という言葉と、確執を抱える姉とも麻雀を通してなら話せる気がするという思いから、麻雀に対して真剣に取り組むようになる。好きな役でもある得意役は自分の名前に類似した嶺上開花。ただし嶺上開花は結果に過ぎず、実際には「槓材が流れてくる」「嶺上牌を正確に察知する」「槓をすることで他家の手に影響を与え、それを逆用して自分の和了りに生かしたり他家の手を潰したりする」のが作中での能力である。闘牌においてもこの能力を前提として、基本的に第一嶺上牌で和了する、或いは手を進めることを前提に手作りをするため、対局相手に先に槓をされると困ってしまうような描写が見られる他に、リスクを伴う槓を多用する、地獄単騎に受けるなど、咲本人や能力を知っている人物から見れば当然の打牌であっても、第三者からその打ち筋は初心者のように見えてしまう。特に対子系の手しか作れないというわけではなく、ピンフ系の手や国士無双なども指しこなす。また、当たり牌を故意に加槓し槍槓させるという高度な差し込みをするなど、その打ち回しの自在性は非常に高い。相手の気に敏感で、藤田靖子、天江衣、神代小蒔などに対して反応を見せている。一方で、反応される側になることもあり、龍門渕や阿知賀の面々に対してプレッシャーを与えているが、本人は自覚していない。気が弱いために威圧感のある相手の前では萎縮してしまう欠点もあるが、インターハイ県予選を迎え、より強い相手を求めるなど成長した一面を見せている。全国大会の抽選会の日に寝ぼけて染谷まこのスカートをはいて以降、膝丈のスカートをはくようになった。極度の方向音痴であり、見知らぬ建物で単独行動を取ると高確率で迷子となる。物語初期においては京太郎が和に対して好意を見せるとムッとするような描写があったが、現在は見られなくなっている。インターハイ長野県予選団体決勝大将戦では、天江衣、池田華菜、加治木ゆみと対局する。天江衣の圧倒的な力に前半戦は手も足も出なかったが、後半戦では自身と衣の相性の良さから次第に追い上げ始め、オーラスで衣に役満を責任払いさせて逆転優勝した。このことから全国の一部の選手や監督から「あの天江衣を倒した選手」として注目されている(基本的に清澄で注目されているのは和)。インターハイ第2回戦第3試合大将戦では、全国の猛者たちを相手に2連続プラマイゼロを成し遂げている(25000点持ちの半荘として考えた場合)。それでいて1位抜け。

出典:wikipedia

誕生日:10月27日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
宮永咲とは?(咲-Saki-シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

小さい頃から家族麻雀をしていた。得意な役は嶺上開花。別居中の母と暮らす姉がいる。姉との間には確執があるが、麻雀を通じて話せる気がすると高校麻雀界トップの姉と再会するためインターハイを目指す。

誕生日

10月27日

性別

あだ名

プラマイゼロ子/ゼロ子/咲

特技

嶺上牌が見える/槓材を集める

趣味

読書

声優

植田佳奈

星座

蠍座

身長

155 cm

髪の色

赤茶

学校・会社

清澄高校

部活・委員会

麻雀部

職業

高校生

役職

大将

学年

高校1年生

父親

宮永界

兄弟・姉妹

宮永照
「ツモ、嶺上開花」主人公は怖過ぎる?清澄の白い悪魔「宮永咲」
 “萌え”と“麻雀”の禁断の融合が生んだ大人気作品『咲-Saki-』。絶大な人気は未だ衰える事を知らず、メディアミックスは勢いを増すばかりです。魅力的な少女達が麻雀卓を彩る中、打牌に込める意思がひと際強い主人公、宮永咲(みやながさき)。相手のメンタルまでへし折る圧倒的な麻雀力にあてられた一部の咲ファンから、畏敬の念こめて”咲さん”とさん付けで呼ばれる彼女。嶺上牌を巧みに操り、麻雀インターハイの決勝を目指す咲さんの可愛くも恐ろしい魅力をご紹介します。
【画像】宮永咲(咲-Saki-シリーズ)
咲さん可愛い!
 モテカワスリムの愛され貧乳っ子の咲さん。麻雀をしていない彼女は、ちょっとドジな読書好きの可愛い女子高生。気弱な性格が災いして、トラブルを招く事もありますが、基本的にとてもいい子です。

 インターハイチャンピオンである姉の宮永照(みやながてる)とはなにやら確執があるご様子で、麻雀を通してなら話せる気がする・・・という思いからインターハイ決勝を目指しています。うーんいじらしい。麻雀で強い相手との対戦をワクワクしてしまう反面、いざ相手の能力を垣間みると怯えてしまうなんて事もしばしば。この小さな子供の様な表情の変化に、多くの視聴者がゾクゾクさせられるのです。
麻雀を通して!
 麻雀があまり好きではなかった咲さん。原村和(はらむらのどか)との対局を通して、麻雀を楽しむ心を思い出していきます。その後、心を通わせるに至った原村さんとのやり取りは、スポ根アニメかと見まごう熱いものでした。咲さんカッコいい!

 その後も他校の生徒達と友情を育んでいく訳ですが、そのなかで能力も人としても成長していく咲さんの表情は、イキイキとして素敵すぎます。咲さんと一緒に卓を囲む選手達が一緒に高め合っていくのもまたよし。「麻雀って楽しいよね、一緒に楽しもうよ!」の台詞で有名な長野予選決勝大将戦、各校の大将の“自己と手牌との葛藤”は、それはもう
見応えがありました。作品中屈指のベストバウトだと個人的に思っています。(ま、我らが咲さんがものすごい上がりで全部もってっちゃうんですけどね!)
他校の生徒が(勝手に)恐れおののく!
 スピンオフ作品の「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」での一コマに、咲さんが阿知賀編の主役達、阿知賀女子学院の面々と麻雀インターハイ会場ですれ違うシーンがあります。威風堂々と通路を無表情で闊歩する咲さん。あまりの威圧感と隠しきれない麻雀力に圧倒され足が止まる阿知賀の選手達。鋭い眼光に稲妻を見た阿智賀の大将、高鴨穏乃(たかかもしずの)は、それが自らの倒すべき相手だと確信する・・・。対戦相手の少女達サイドから見ると、咲さんは怪物レベルのラスボスみたいな扱いです。初登場から馬鹿げた能力を連発しまくっていましたし、その変態的な力を増しながら今日に至りますから、まあ納得ですけどね!でもこのシーン、咲さん視点で見るとトイレに行って迷子になってしまい、涙目で会場を徘徊していただけなんですよ・・・。かわいい♪
謎多き主人公・・・その闇は深そう
 咲_Saki_全国編第13局で、断片的ではありますが咲さんの過去にまつわる回想があります。病室、車椅子、炎、そして足の不自由な女の子・・・。見ている人は思ったはずです。「あ、これ思ったより重いヤツだ」と。姉との確執は作品随所でほのめかされていますが、咲さんの過去についてはほとんど明かされていません。ネット上で様々な議論や推察が飛び交っていますが、どれも憶測の域は出ていません。

 時々見せる影のある表情にミステリアスな魅力を感じるのは確かですが、その謎が解明そして解決され、咲さんの満面の笑顔を見る日が今から楽しみです!
©小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部

記者(つよろく【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


宮永咲についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>咲-Saki-シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!