アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:おんせんたまごさん

胡桃沢梅

クルミザワウメ

君に届けシリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

爽子とは別のクラスの生徒。誕生日は9月16日。血液型はAB型。長い栗色のパーマの髪と大きな瞳の美少女。男子に人気がある。愛称は「くるみ」。下の名前にはコンプレックスを持つ。普段は猫をかぶっているが、実際は非常に計算高く腹黒い性格。風早・千鶴・龍とは同じ中学校の出身。風早には中学時代から好意を寄せており、様々な手を使って爽子を風早から遠ざけようとしていた。当初は、風早が自分に想いを向けてくれるまで告白する予定ではなかったが、爽子との関わりをきっかけに告白し、振られる。その後、長らく続けていた猫かぶりをやめ、本来の自分を出して生活するようになった。座右の銘は「用意周到」。

出典:wikipedia

誕生日:9月16日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
胡桃沢梅とは?(君に届けシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

翔太、千鶴、龍と同じ中学出身で、当時から翔太に片思いしていた。かなり猫かぶりな性格だが、翔太に告白したことをきっかけに素の性格を見せるようになる。美人で男子からの人気が高い。

誕生日

9月16日

性別

あだ名

くるみ

声優

平野綾

俳優

桐谷美玲

星座

乙女座

身長

154 cm

体重

43 kg

血液型

B 型

髪の色

薄茶

髪型

長髪

学校・会社

北幌高校

職業

高校生
読者も騙された!?フランス人形のような美少女「胡桃沢梅」の魅力とは?『君に届け』
【画像】胡桃沢梅(君に届けシリーズ)
 トリプルピュアホワイツッ!な生粋の少女漫画『君に届け』は、北海道の高校を舞台に、陰気な黒髪のせいで誤解を招きやすい主人公を中心に、個性豊かなキャラクターたちの高校生活を描いた、爽やか青春ラブストーリーです。恋愛にも友情にもまっすぐ素直にぶつかる高校生たちの姿は、読者も自分のことのようにドキドキさせられ、羨ましくなってしまう、そんな作品です。

 くるみこと「胡桃沢梅」は、主人公が自分の恋心を自覚するきっかけとなるライバルです。おばあちゃんがつけた梅という名前をコンプレックスに思い、「梅って呼んだ奴ノート」をつけているほど・・・。彼女の計算しつくされた仮面に騙されている同級生たち。今回は、勝ち取るためなら手段は選ばない、恋に一生懸命な「胡桃沢梅」の魅力をたっぷりとご紹介します。
理想的な美少女くるみの正体
 栗色のゆるふわロングヘアーにつるつるお肌、しつこくない化粧でぱっちりに仕上がったおめめ、少し大きなサイズの洋服でさらに引き立つミニマムな身長。それはもう完璧なフランス人形のような美貌の持ち主のくるみ。主人公からはフランス人形と称されます。

 表向きの性格は控えめでおとなしく、誰にでも分け隔てなく優しく接する良い子。しかし、それは計算しつくされたもので、裏の顔は凍りつくほど汚いものでした。天使の笑顔で嘘をつき、人を貶めるようなあらぬ噂を流したり、優しさに見せかけたトラップをしかけたり、いつでも姑息な根回しを忘れません・・・。“美人は性格が悪い”という純少女漫画の昔からの常識を体現したようなくるみちゃん。彼女をここまでさせてしまうものとはなんなのでしょうか・・・?
人たらしになりきるその計算高さの原点
 やわらかい笑顔の仮面と、物腰のやわらかい喋り方で人をたらし込めるくるみ。彼女がそうなってしまった原因は、中学のときのこころない陰口でした。

 彼女は普通に接しているだけなのに、かわいいが故に女子から反感をかってしまいます。Aちゃんの好きなBくんが「くるみを好きだ」と言った、男子としゃべれるからグループに入れてやってるのに生意気、などと言って、友人たちはくるみを憎み冷たく接します。同時に、自分たちの好きな人を奪ったのだから、くるみに好きな人ができたら絶対邪魔しようという影の企みも聞いてしまったくるみは、自分の恋心を決して他言せず、たった一人で戦い続けます。自分を利用する女子たちを逆に利用し、それはときに姑息な手かもしれないけれど、誰よりも真っ直ぐな気持ちで精一杯の努力を積み重ねていたのでした。
本性をみせてからが本番、くるみの本当の魅力
 主人公の鈍感さに我慢の限界に達したくるみ。遂に本性が出始めます。長年の片想いに決着をつけ、主人公を“好敵手”と認めた後は、その本性を隠すことをやめ、きつい口調のとんがった女の子へと変貌しました。しかし、そんなくるみに周囲の同級生たちはがっかりするどころか好意的になり、校内のファンは急増することになります。2年生も後半になる頃には、告白をしたがるしつこいファンと激しい追いかけっこをする場面も・・・。

 くるみの心の中にはどうしようもないほどの、暗く汚い部分もありますが、目標を達するにはなんとしてもやり遂げてみせるという一本気な姿勢は、彼女の芯の強さでもあります。また、正攻法ではないけれど、主人公の大事なターニングポイントで背中を押すのは、信念をもった彼女の言葉です。

 友達ではなくライバル。同じ人を心から真剣に好きになった二人だからこそ分かり合える、そんな関係が、くるみを“ただの嫌な女”では終わらせないのです。原作では、今後もくるみが主人公に様々な影響を与え、お互いに切磋琢磨しながら成長していくでしょう。これからも、かわいいだけではない女「胡桃沢梅」から目が離せません。
(c)椎名軽穂・集英社/「君に届け」製作委員会

記者(言寺礼【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


胡桃沢梅についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/03/29 09:19 ID:20C9BADF ▽コメント返信
ちょうど映画をみたばかり。桐谷美玲は魅力を引き出せてなかったってことか
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>君に届けシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!