アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:しょーじさん

輪島巴

ワジマトモエ

花咲くいろは

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

喜翆荘の仲居頭。血液型はAB型。28歳。色彩設定上のキャラクターカラーはピンク(仲居頭の制服がピンク色の小袖形)で、元気のいい暖色系のイメージだが、部屋着は黒いタンクトップだったりと大人の女でもある。左眼の下に泣きぼくろがある。明るく調子の良い性格で面倒見がよい。噂好きかつ覗き見好きなのが玉に瑕(たまにきず)。学生時代の友人が次々に結婚してゆくなか、娘の結婚を強く望む母親から見合いを勧められて心が揺らぐものの、やりがいのある今の仕事を続ける道を選ぶ。とは言いつつも、多忙ゆえに彼氏を作る暇も無く、三十路を前にしながらの男日照りに「時間が無い」と絶えず焦燥感を抱いており、緒花たち高校生の色恋沙汰にまで嫉妬心を隠せない。親元を離れてアパートで一人暮らしをしており、ベスパによく似たヘルメットイン・スクーターで通勤している。喜翆荘のスタッフ達とは標準語で話すが、親とは金沢弁で話す。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
輪島巴とは?(花咲くいろは)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

明るく元気な喜翆荘の仲居頭。人の噂や恋バナと覗き見が大好き。お調子者だが後輩の面倒見は良い。恋愛よりも仕事を選ぶと言いつつも、三十路を目前にして恋人のいない現状に焦りを隠せずにいる。普段は標準語だが親と話すときは金沢弁。

年齢

28 歳

性別

声優

能登麻美子

髪の色

茶色

学校・会社

喜翆荘

職業

接客業

役職

仲居頭
婚期にあせるアラサーお姉さん「輪島巴」の魅力とは?『花咲くいろは』
【画像】輪島巴(花咲くいろは)
 『花咲くいろは』は、石川県の架空の温泉地・湯乃鷺温泉の旅館「喜翆荘」を舞台に、そこで働く女の子たちの日常を描いた青春ストーリーです。派手さはなくてもクオリティーの高い作品作りで、このアニメが初めてのオリジナル作品となる「P.A.WORKS」の名を世に知らしめました。

 今回ご紹介する「輪島巴」は喜翆荘の仲居頭。主人公の「松前緒花」をはじめ、若い仲居たちを指導し、見守るお姉さん的な存在です。巴のCV「能登麻美子」さんは石川県出身ということもあり、方言指導も担当されたとの事です。
年齢が気になるお年ごろ
 巴は「松前緒花」や「押水菜子」など、高校生の仲居たちの上司にあたるアラサー女性。とはいえ嫌味なお局タイプではなく、多少軽薄な噂好きの“気のいいお姉さん”です。 喜翆荘に映画の撮影が来た時には、年齢を5歳ほど若く鯖を読んだり、いっしょに働く高校生たちの若さをうらやんだりと、自分の年令を気にしているところもあるようです。

 仲居のキャリアは作中時間で6年と、ベテランと呼べるほどではないにしろ、厳しいおかみさんに特に叱られることもなく仕事を卒なくこなしており、隙を見ては厨房でお菓子をつまみ食いしながら無駄話に興じる余裕もあります。

 ただ、そもそも仲居を始めたのは金持ちの客の玉の輿にでも乗れればいいという動機であり、それほど強い職業意識は持っていませんでした。それゆえ、郷里の母親に「高校の同級生で独身なのは巴一人だから」とお見合い話を持ち込まれたときは、それを機に仕事をやめて実家に戻ろうかという気持ちにも・・・。
裏目に出る「鬼軍曹」モード
 しかし、巴は年上のお姉さんとして緒花や菜子を置いて、1人で辞めてしまうことに引け目を感じていました。そこで、喜翆荘の常連ながら従業員たちに迷惑をかける、困ったサバゲ4人組の客を懲らしめることで、首にされる形で喜翆荘を去ろうと画策するのです。

 朝、起きてこないサバゲ連中の部屋に押し入り、強制的に叩き起こしたり、持参した戦闘糧食しか食べないからと、むりやりおにぎりを食べさせたり、風呂を覗こうとしているのを知って、風呂場におびき寄せてから高水圧ホースで放水攻撃をしたりと、普通の客相手なら確実に首になるような事を繰り返します・・・。ところが、サバゲ連中にはそれが逆効果。彼らには巴が鬼軍曹的な現場指揮官として、自分たちに合わせてくれたのだと勘違いされ、感謝される有り様に・・・。
仲居が適職
 結局巴は、自分が仲居の仕事に向いており、変わり者の客が来ると、その対応に生きる実感が得られるということに気づき、お見合いよりも仕事を続けることを選びました。実は、サバゲ軍団だけでなく、気立てのいい巴を目当てに喜翆荘に泊まるご贔屓さんがいたり、お客さんの好みなどを書き留めたノートをつくっていたりと、仲居さんとしては(地味に)優秀です。その辺りはやはり厳しいおかみさんの薫陶の賜物というものでしょう。

 喜翆荘が閉鎖されることになった時、若旦那がいずれ喜翆荘を再開すると誓ったのに対し「そのときはダンナをほっぽってかけつける」と応じた巴さん。結婚自体はあきらめていないようですが、結局郷里に帰ることなく、近隣の小料理屋で働いています。しかし、器量がいい上に面倒見も良く、その上声が「能登麻美子」さんなのですから、まぁそのうち素敵な出会いがあるでしょう。
(C)花いろ旅館組合

記者(玄Kuro【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


輪島巴についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>花咲くいろはのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!