アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:limestoneさん

千石撫子

センゴクナデコ

〈物語〉シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

蛇に巻かれ、噛みつかれた女子中学生。初登場は「なでこスネイク」。「なでこスネイク」「なでこメドゥーサ」「ひたぎエンド」「こよみウインド」のメインキャラクター。月火の小学生時代の友達。暦が卒業した中学に在籍。一人称は「撫子」、暦を「暦お兄ちゃん」と呼ぶ。身長:153cm。誕生日:6月3日(双子座)。血液型はB型。暦が小学生時代に月火に連れられて阿良々木家に遊びに来ていたが、暦が中学生になってからは疎遠になっていった。だが、ある日、言い寄って来た男子生徒を拒否したことで「蛇切縄(じゃぎりなわ)」という呪詛に見舞われるも、暦と再会することで事無きを得る。人の視線に敏感で、人を見ること・見られること、人に触れられる・人の体温を感じることにも強い抵抗を感じる反面、スカートをつままれても動じないなど変わった感性を持っている。無口だが笑い上戸。漫画やアニメ・ゲームが好きで暦がツッコミに説明をつけなければならない程のマニアックなネタをふってくることもある。運動神経は本人曰く「普通に鈍い」らしいが、見知らぬ人に関わりそうになったりした場合には駿河にも匹敵する速度で逃走する。「しんどい」ことや「頑張る」を嫌い、事ある毎に「自分が怒られれば良いだけだから」と言って済ませる。クラス委員長であり、泥舟の「おまじない」によってクラスメート同士がいがみ合いを続けるようになった状況を解決するようにクラスの担任教師に押しつけられた。内気で臆病な性格で、一見すると謙虚で健気に見えるが、それは他人に対して完全な無関心であるが故の行動であり、誰も疑わないが信用もしない(泥舟曰く「心の闇どころか闇の心」)。また、メメもそのことを見抜いており、翼同様気にかける一方で警戒していた。実際の性格は基本的に幼くて頭が足らず、我侭。可愛らしさを押し付けられることをストレスに感じており、感情が爆発すると口調や態度が攻撃的になる。「かれんビー」では暦との距離を縮めようとあの手この手で誘惑したことから、駿河から「ラスボス」と呼ばれる。しかし、暦への想いも「ずっと片想いをしていたい」という自己完結したものであった。暦の恋人であるひたぎとは面識は無かったが、暦と一緒にいるところを偶然見かけ、2人が付き合っていることを直感で理解した。「なでこメデューサ」にて、暦とひたぎの関係を知ったことで精神に異常をきたし、北白蛇神社の神にひたぎを亡き者にするよう願った。扇からの情報を元に北白蛇神社の神の神体の札を捜索し、その過程で忍と月火に人間的な甘さを相次いで指摘され、更にその翌日に登校した日、担任教師にクラスの件について進展の報告を要求され、ストレスが限界に達しその担任教師とクラスメート全員を罵倒。逃げるように学校を飛び出してご神体を暦の自宅で発見し、暦への想いがかなわない現実や自分自身が抱える矛盾に耐え切れなくなり、暦の制止を無視して飲み込み蛇神へと変貌。髪の毛がすべて蛇と化した。そして自分を止めようとする暦と忍を殺しかけるが、ひたぎとの交渉でそれは卒業式の日まで先延ばしにされることになった。神になった後は、神社に住み、説得および退治のために神社にやってきた暦を返り討ちにしながら過ごしていたが、「ひたぎエンド」にてひたぎの依頼を受けた泥舟に説得され、元の人間に戻ることを選んだ。体内のご神体は泥舟によって取り出され、髪の毛も元に戻った。以後しばらく入院していたが、「よつぎドール」開始時に退院したことが月火によって語られている。

出典:wikipedia

誕生日:6月3日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
千石撫子とは?(〈物語〉シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

蛇に巻かれ、噛みつかれた少女。阿良々木月火の小学校時の同級生。極度の恥ずかしがり屋で人見知り。人に見られることも苦手で外出時は帽子を被っている。

誕生日

6月3日

性別

あだ名

せんちゃん

声優

花澤香菜

星座

双子座

身長

153 cm

体重

38 kg

血液型

B 型

髪の色

髪型

ミディアム

アクセサリー

帽子

学校・会社

公立七百一中学

職業

中学生

学年

中学2年生
『化物語』不動のNo1妹キャラ、「千石撫子」の魅力とは!?
【画像】千石撫子(〈物語〉シリーズ)
怪異と戦う怪奇物語として、またひっきりなしに続く風変わりなキャラクター同士の掛け合いで人気を帯びた作品『化物語』に登場する女性キャラ、千石撫子。この作品特有の癖のある女性キャラの中でも、このキャラはとことん可愛さにこだわった妹キャラクターです。千石撫子の魅力に触れて行きましょう。
可哀そうで か弱いやられ役
基本的に化物語シリーズは一方的な願いをしてしまい、それが怪異として取り付き不幸な結果を招いてしまうのですが、千石撫子においては三角関係に巻き込まれ、逆恨みで一方的に呪われてしまったとても可哀そうな少女です。「あらぬ罪で呪われる事はあってはならない」と感銘を受けた暦が、撫子に取り付いた蛇切縄を追い払おうとするのですが、その際に撫子が蛇切縄に“スク水姿で締め付けられ悶えるシーン”は、色んな意味で興奮を隠せない視聴者も多かった事でしょう。
どストレートな妹キャラが可愛い
一癖も二癖もある女性キャラばかりの物語シリーズにおいて、千石撫子は人見知りで恥ずかしがり屋、ブルマやスク水姿が似合うどストレートに可愛い妹キャラ(八九寺真宵がロリキャラなら千石撫子は妹キャラ)です。主人公、阿良々木暦には徹底的に甘えるものの、その途中で他のキャラに絡まれると途端に恥ずかしがって逃走してしまう幼い少女らしいシーンも多々あり、それを見るたびに思わずにやにやしてしまうのです。
周りを振り回すちょっと変わった一癖も
ビジュアルや性格はストレートな妹キャラですが、やはりこの千石撫子にも憎めない変わった部分は存在する(最終的に蛇神になる時点で普通ではないですが)。スカートを触られても平気なのに、前髪を触られたり、頭を撫でられたりすることを極端に嫌がったり、暦(主人公)との会話で、やたらマニアックなネタを振ったりもします。また、中学生なのにレトロゲームが大好きで、暦との対戦で油断している暦に、賭け事をふっかけた途端に負かす等したり、他の女性キャラ(神原駿河)の忘れ物(スク水)の返却を主人公に依頼したりと、年齢なだけに異性の心をあまり理解していない所は、主人公を地味ながら強烈に振り回す存在です。しかし、その主人公との掛け合いの度に、やはり思わずにやついてしまいます。
妹キャラからラスボスまで
初登場である化物語本編では妹キャラのポジションですが、最終的に主人公かつ蛇神そのもの、つまりラスボスとしてのポジションまで得てしまう、ファン待望の公式作品、囮物語も存在します。性格が180度違う、声を逆立てて怒る別の撫子が登場したり、隠れ趣味がバレて赤面するシーンなど、新しい撫子から、普段の地味な一癖が見れるいつもの撫子まで、千石撫子が思う存分堪能できるシーンが拝めるので、千石撫子が好きになったら、是非こちらも見て欲しい作品です。
©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

記者(HANA20【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


千石撫子についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>〈物語〉シリーズのキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!