アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:サラサラさん

羽川翼

ハネカワツバサ

〈物語〉シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

猫に魅せられ、虎に睨まれた女子高生。初登場は「ひたぎクラブ」。「つばさキャット」「こよみヴァンプ」「つばさファミリー」「つばさタイガー」「こよみストーン」「そだちロスト」のメインキャラクター。暦に次いで登場機会の多い人物であり、物語の発端に始まり数多くのエピソードに直接的・間接的に関わって、重要な役回りを演じている。暦やひたぎとは同じクラスで、委員長をつとめている。当初は眼鏡に三つ編み姿だったが、「つばさソング」で髪を切り、「かれんビー」からはコンタクトレンズにしたが、最近は再び髪を伸ばし始めている。「つばさタイガー」終盤で髪が白黒の虎柄になったため、学校に行く前に毎朝黒く染めているが、休暇中には忘れがち。極端に着やせする性質のために、豊満な肉体の持ち主であるが気づかれにくい。身長158cm、足のサイズは23.5cm。ひたぎや駿河と同じ中学の卒業生。小学生の頃から委員長で、当時のあだ名は「バサ」。今では誰もそう呼ばず、本編では忍が「バサ姉」と読んだのが唯一。「こよみヴァンプ」にて春休みに暦と出会い、唯一の友達となる。この事件の出来事で暦からは「命の恩人」として感謝されている。彼女自身も暦に惹かれていたが、間もなく彼がひたぎと恋人同士になったために人知れず大きなストレスを抱えることになり、「つばさキャット」や「つばさタイガー」の事件を引き起こす。性格は真面目で、品行方正な良識人。ルールや規則に厳しいが決して杓子定規でなく、苦境にある人の立場を慮ることができ、自己犠牲(本人的には「自己満足」)も厭わない。かなりの博識で、暦に「お前は何でも知ってるな」と感心されることもしばしばだが、「何でもは知らないわよ。知ってることだけ」と返答することが通例となっている。成績は常に学年首席で実技科目も満点、落としたのは穴埋め問題1問のみという偉業を持つ優等生。ゴールデンウィークにおける怪異による暴走の際は、その博識さでメメの打ち出す怪異対策をことごとく跳ね返した。分析力や推理力など頭の回転も並外れており、必ず解答にたどり着いてしまう。そのためにメメや貝木からは苦手意識を持たれ、暦からは「本物」と呼ばれている。真宵や火憐、月火など年下の子たちからも絶大な信頼を得ている。実父は不詳。未婚だった実母は翼の出産直後にお金目当てに結婚するもその目的ゆえか1年後に自殺。実母の夫は程なく現在の義母と再婚するも過労死。「羽川」の姓は義母の現在の夫のもの。つまり現在の両親とは血の繋がりはなく、事実上の天涯孤独であり、しかも両親との関係は冷え切っている。真宵の姿が見えたのも「家に帰りたくない」という思いが原因である。高校卒業後は外国に旅立ち、紛争地帯のNGOで活動している(卒業前にも下見として1ヶ月間ほど休学し、世界一周をしていた)。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
羽川翼とは?(〈物語〉シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

猫に魅せられ、虎に睨まれた少女。阿良々木暦のクラスメイト。成績は常に学年トップの優等生で性格も真面目な良識人。怪異の名は「障り猫」。通称ブラック羽川。

性別

声優

堀江由衣

身長

158 cm

髪の色

髪型

三つ編み/後にショートヘア

アクセサリー

眼鏡

学校・会社

私立直江津高校

職業

高校生

役職

クラス委員長

学年

高校3年生
委員長の中の委員長 メガネっ娘ヒロイン「羽川翼」の魅力-『化物語』
【画像】羽川翼(〈物語〉シリーズ)
属性に富んだ『羽川翼』のキャラクター性
物語シリーズ」には数多くのヒロインが登場する。文房具を武器にしてしまうツンデレヒロインや、ツインテールのロリっ娘ヒロイン、スポーティな後輩キャラからさらには、引っ込み思案の妹キャラヒロインまで非常に個性的なヒロインが多い「物語シリーズ」だが、

その一人である羽川翼にスポットを当てて紹介したいと思う。

彼女を言葉で表すならば、成績優秀で容姿端麗、メガネに三つ編みのクラス委員長。
学校の規則だからと、外出するときは常に制服という規律を遵守をする真面目っぷり、
まさに「委員長の中の委員長」でおまけに巨乳という、これでもか!!!と言わんばかりに属性に富んだキャラをしている。

委員長キャラというと堅物で無表情なキャラという印象があるが、彼女の場合はたいていのことを許容してしまうほどの、
大らかの心も魅力のひとつだろう。風がなびいてスカートの中をみられた程度では彼女は決して動じないのだ。
ホワイト?ブラック?どっちがお好き??
「何でもは知らないわよ。知ってることだけ」というのが物知りな彼女の常套句、しかしそんな彼女にはそんな物知りな彼女の知らないところで、生み出してしまったもう一人の羽川が存在する。

通称「ブラック羽川」という、見た目こそ羽川翼だが髪は白く染まり、猫耳と尻尾が生えて「ナ行」と語尾が「にゃ」になってしまうのだ。

「斜め七十七度の並びで泣く泣く嘶くナナハン七台難なく並べて長眺め」というセリフをブラック羽川に言わせてしまうと……

「にゃにゃめにゃにゃじゅうにゃにゃどのにゃらびでにゃくにゃくいにゃ(ry」

「カッワイイ~♪♪」

そう、普段の真面目な羽川とのギャップがたまらなくかわいいのだ。
その正体は「障り猫」と呼ばれる猫の怪異で、羽川のストレスがたまってしまうとストレスの捌け口として無意識的にブラック羽川が現れる。

この黒と白の二面性こそ、良くも悪くも羽川翼の個性であり、意外とブラック羽川も人気があったりする。
完璧少女の繊細の心
ブラック羽川が生まれてしまった、ストレスの根源こそ羽川翼の主人公・阿良々木暦に対する、どこまでも真っ直ぐで一途な恋心なのである。

阿良々木暦への想いを隠しながら、暦ともう一人のヒロインである戦場ヶ原ひたぎの恋愛を応援している自分の心のタガが外れ、怪異を生み出してしまったのである。

周りからは憧れるほどの完璧な彼女は、「真面目が取り柄だけの普通の女の子」と自らが語るように、実は脆く繊細な心なんです!

「なんでもは知らない なんにも知らない…」、と気丈に振舞う彼女が時折見せるか弱い部分というのは非常に魅力的な点の一つですよ。

そして、最後に私は声を大にして言いたい! なぜ阿々木君は羽川翼を選ばなかったのかと…

すでに映像化が決定している「傷物語」でもキーを握る人物である羽川翼。そんな彼女の魅力をご紹介しました。

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
関連リンク
 >>> 化物級の発想が生み出す『化物語』
記事提供元:あにぶ
 >>> 委員長の中の委員長 メガネっ娘ヒロイン「羽川翼」の魅力-『化物語』

記者(あにぶ公式さん)

関連画像

hirokazuさん
0 pt
junpeiさん
0 pt
コールさん
0 pt
カノンさん
0 pt
さば猫さん
0 pt
でぶねもさん
0 pt
うきわさん
0 pt
近眼の独眼龍さん
0 pt
真空管さん
0 pt
トカレフさん
1 pt
ひでぶさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



羽川翼についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>〈物語〉シリーズのキャラクター 一覧
156回
155回
154回
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!