アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:チコさん

高坂京介

コウサカキョウスケ

俺の妹がこんなに可愛...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

身長175cm、体重60kg。本作の主人公にして、この物語の語り手。高校2年生。一人称は「俺」。取り立てて長所も短所もないが、平凡であることを美徳であるとして肯定的に捉えている。能動的な性格ではないが、一度決めたことは恥をさらしてでも貫き通す責任感の強い一面や、自棄になると暴走したりするような激しい一面もある。周りからの印象は「お節介焼きのお人好しだが少し鈍い」というものでほぼ一貫している。内面的には年相応の欠点もあり、しばしば心の中で読者に対して悪態をつく一面もあるが、あまりそれを表には出さない。妹・桐乃からは何が原因かは覚えていないものの一方的に蔑まれるような関係となっており、また京介自身も非凡な才能を持つ妹への嫉妬心を抱いていたが、玄関で『星くず☆うぃっちメルル』のDVDケースを発見したことから妹の誰にも知られたくない秘密を知ってしまう。当初はサブカルチャーに対して相応の偏見を抱いていたが、沙織達との交流を経て、それが理解はできなくとも否定されるようなものではないと考えるようになり、桐乃の趣味を擁護する立場となる。その後は次第にそうした趣味を平凡な日常の延長として受け入れるようになり、3年生に進級後は黒猫とともにゲーム研究会の部員となり、夏休みの後半には恋人同士にもなった。幼馴染の麻奈実とは気心の知れた間柄で、友達以上恋愛未満の関係を続けることを望んでいるが、後には黒猫との恋愛関係も物語上の争点となっていく。好きな女性のタイプはあやせのような黒髪ロングの女性で、あやせの前では下心を露わにしてしまう一面もある。また、眼鏡っ娘には並々ならぬこだわりがある。基本的に自分に関してあまり高い評価を下していないが、実際のところその飾り気の無い優しさやなりふり構わない捨て身の行動が周りに好印象を与えており、求心力は本人が思っている以上に高い。また天然ジゴロの気があり、関わった女性からは大なり小なり好意を持たれてるため、最近は沙織から「女たらし」と糾弾されることもある。クラス委員だった中学3年生の時は学内で発生する小事件を積極的に解決しており、桐乃からもスーパーヒーローのような扱いを受けていた。ある時不登校児だった櫻井秋美を登校させるため、さまざまな無理難題を押し付けられたが、それをすべて実行した。その結果、櫻井は登校するようになった。しかし、その年の修学旅行で櫻井は怪我を負ってしまい、そのまま転校してしまう。また、同時期に京介の祖母が他界するという不幸が続き、麻奈実から『平凡な男の子』と言われたことによって、必要以上のおせっかいを焼くことは少なくなった。しかし、それが自分を憧れの目線で見ていた桐乃から幻滅されるきっかけになってしまった。高校3年の冬には黒猫、あやせ、加奈子、櫻井といった女子に好意を持たれハーレムのような状態であったが、それらをすべて拒否して桐乃に「俺と、結婚してくれええええええええええええええっ!」と告白した。桐乃はそれを受け入れ自身が決めていた留学も取り消したが、世間体や一般常識などを考えて、クリスマスから卒業式まで限定で恋人になる、卒業したら普通の兄妹に戻るという約束をした。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
高坂京介とは?(俺の妹がこんなに可愛いわけがない。)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公にして物語の語り手。「普通」で「無難」であることを好む平凡な高校生だが、自らの意志を貫き通す責任感の強い一面も持つ。自覚はしていないが女性から好感を持たれることが多い。好きな女性のタイプは黒髪ロング。眼鏡っ娘にはこだわりがある。

性別

声優

中村悠一/藤田麻美(幼少期)

身長

175 cm

体重

60 kg

髪の色

職業

高校生

学年

高校2年生

父親

高坂大介

母親

高坂佳乃

兄弟・姉妹

高坂桐乃
オタク趣味な美少女を妹に持つお節介な兄「高坂京介」の魅力とは?『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
【画像】高坂京介(俺の妹がこんなに可愛いわけがない。)
 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の主人公「高坂京介」。平凡な普通の高校生ですが、険悪だった妹「高坂桐乃」が隠れオタクという事が発覚し、それに協力したことから、様々な人や出来事に遭遇する事になります。しかも、封印してきたお節介が顔を出し、困っている人を助けているうちに、色々な美少女達に告白される事態に。今回は、そんな「高坂京介」の魅力についてご紹介したいと思います。
桐乃のオタク趣味を知ってしまったばかりに
 幼馴染の「田村麻奈実」と共に登校し、学校では友人達とつるみ、帰って勉強して寝る・・・そんな平凡な日常を送っていました。しかし、ある日偶然「桐乃」のオタク趣味を知ってしまった事で、彼の平凡な日常は終わりました。

 妹の桐乃は、表の顔はスポーツ万能成績優秀で読者モデルも務める美少女。しかし裏の顔は、美少女ゲームをこよなく愛するオタクだったのです。オタク趣味を話せる人がいなかった桐乃は、京介に協力を求めます。そして京介はそれに応え、かくして「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」という物語が始まるのです。
お節介が再び顔を出す
 元々京介にはお節介な所があり、昔は困っている人を助けたりしていました。しかし、ある時から自分のできることの限界を知り、また、麻奈実からも普通になるよう忠告され、お節介をやめるようになりました。桐乃は、人を助ける「カッコイイお兄ちゃん」に憧れており、それが無くなった事で京介と桐乃は不仲に・・・。

 桐乃を助けてから再びそのお節介が顔を出し、桐乃と通じて知り合った人々も助けるようになります。同時に、助けた美少女達から好かれる事となり、ハーレムなようなものが形成されてしまいました。
最終的に選んだのは
 京介は、助けた美少女の中の一人「黒猫」から告白され付き合いますが、黒猫から一方的に別れを告げられ、付き合いは終わりました。桐乃が、京介と誰かが付き合う事を嫌がったからです。その後、新垣あやせ、来栖加奈子、そして麻奈実と、次々に告白されましたが、全員断ってしまいます。そして最終的に京介が選んだのは桐乃。そう、実の妹だったのです。

 京介は、困っている人を見たら助けずにはいられない性格で、特に桐乃の為ならアメリカまで単独で会いに行ったり、自転車で長距離を移動して彼女を迎えに行ったりと、かなり無茶をします。こんな“自分の為に体を張って頑張ってくれる”姿に少女達は惹かれたのかもしれません。

 そして、桐乃も京介に再び惹かれていき、最後は付き合う事になります。この結末は、ファンの間でも賛否両論でしたが、元々『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』という物語は、京介と桐乃の、兄弟愛以上恋人未満の関係を描いていましたので、このような結末もこれはこれでありなのでしょう。
(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP

記者(しゅるま【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


高坂京介についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>俺の妹がこんなに可愛いわけがない。のキャラクター 一覧
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!