アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:理科大好き人間さん

ヒソカ

ヒソカ

HUNTER×HUN...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

第287期ハンター試験合格者。元幻影旅団団員ナンバー4。変化系能力者。6月6日生まれ、年齢不詳、身長187cm、体重91kg、血液型B型。謎の奇術師。普段はオールバックに似た独特の髪形をしており金髪。左目の下に涙型の、右目の下に星型のペイントを施している。トランプ(小説版では鋼鉄製という設定だった)を武器として使用し、セリフの語尾にはスート(「?(ハート)」や「?(クローバー)」など)が付く。過去や来歴が一切不明。アニメ版第1作のオリジナルの台詞として、天空闘技場のコメンテーターが「ヒソカの家は貧乏だった」と語っているものが、唯一の過去に関する描写である。「念能力の系統別性格診断法」を考え付いた人物で(本人いわく「血液型性格判断と同じで根拠はない」とのこと)、多くのキャラクターが彼の診断法に基づいた発言をしている。嘘つき・気まぐれな性格で頭の回転は極めて早く、人間性には掴み所がない。天才的な格闘センスを持ち、クロロと闘う為だけに団員を殺し幻影旅団に入団し、ゴンやキルアの成長に性的興奮を覚えるなど、常軌を逸した戦闘狂である。己が最強であり何にも属す必要がないと考えているため、旅団入団も単なる手段に過ぎず実際には偽装入団であった。また、人間を理由なく残酷に殺す快楽殺人癖もある。第286期ハンター試験では、気に入らない試験官を半殺しにして失格になった。ハンターになりたい理由の1つとして「人を殺しても免責になる場合が多いから」と述べている。但し、ゴンやキルアのような気に入った人間に対しては、たとえ自身が不利益をこうむっても守ろうとする面も持ち合わせている。これは偏に上記の性的興奮に因るものである。第287期ハンター試験でゴンと出会って才能を見出し、将来の成長を待って戦闘、殺害することを決意。天空闘技場でゴンとキルアの念能力習得のきっかけを作った後、幻影旅団の一員としてヨークシンシティのオークション襲撃に参加。その傍らでクロロとの戦いの場を作るべく、クラピカに情報を提供するなどしていた。ヨークシンの戦いが終わり、クロロの念能力が封じられた後は、クロロの依頼を受け除念師を探してグリードアイランドに参加。ゴンらのカード集めに協力した後、除念師との交渉を行った。キメラ=アント編ではクロロとの追跡劇を繰り返していたらしく、キメラ=アントとは交戦していなかった。会長選挙編で再登場し、新たな対戦相手を求めてハンター協会に現れる。そこでイルミと再会し、イルミにアルカの殺害への加担を依頼される。

出典:wikipedia

誕生日:6月6日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ヒソカとは?(HUNTER×HUNTER)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ピエロの恰好をし、謎に包まれた奇術師で、天才的な格闘センスの持ち主。気まぐれで嘘つき。狙った獲物を付け回し、殺さず生かしておくのがモットーの変態性癖を持つ。

誕生日

6月6日

性別

声優

高橋広樹

身長

187 cm

体重

91 kg

血液型

B 型

髪の色

オレンジ→薄緑

アクセサリー

眼の下にペイント
星と涙の個性派!究極のトリックスター「ヒソカ」の魅力とは?『HUNTER×HUNTER』
【画像】ヒソカ(HUNTER×HUNTER)
 「HUNTER×HUNTER」は、冨樫義博氏による作品。主人公の「ゴン・フリークス」が父親であるジンを探しに行く物語です。手がかりを探してハンター試験を受けてみたり、グリードアイランドというゲームに挑戦したり、様々な経験をし、たくさんの出会いを通してジンに近づいていきます。今回はゴンの永遠のライバル?あるいは最後の敵となる?「ヒソカ」について語りたいと思います。
ヒソカというキャラクター
 物語中でのワイルドカード、あるいはジョーカー。肉弾戦もさることながら、念能力を駆使した戦闘や嘘をまじえた話術、場を読んだ思考などスペックは非常に高い。ただ、あまりにも常軌を逸した嗜好の持ち主であるため、正直作者も扱いに困っているのではないかとも思います(個人的見解)。
外見も中身も一流のトリックスター
 独特の髪型、顔には星と涙のような形をしたペイントを施しています。その外見や話し方をみると、ただの道化を演じるキャラクターのようにも見えますが、実際はかなり変わった考えを持っています。

 特定の誰かにつくことはなく、団体行動とは無縁。ただし、自分の行動原理に従った結果、一時的に他者と手を組むことはあります。相手の考えを先読みし、相手を欺くために得意の念能力である薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)をあらかじめ仕掛けておくなど、展開を先読みする能力も高いです。正直なところ、あまり敵に回したい存在ではないですが、味方にするのも難しそうですね。
物語の特異点
 ヒソカというキャラクターは、個性派ぞろいのこの作品の中でも、かなり特異な存在といえるでしょう。ハンター試験に合格し、プロハンターの資格を得たものの、それよりも彼はゴンやキルア等との出会いのほうに価値を見出しているようです。

 ゴンやキルアが実力を付けた後で自分と戦うことができるように、彼らに執着している一面がありますが、周囲から見ればどうしてもその姿が「異常」に映ってしまいます。その点では、理由もなく人を殺すような一面は、殺された相手がヒソカの興味をそそらなかったためであるともいえるでしょう。日本の漫画作品でここまで特異なキャラクターはなかなかお目にかかれないのではないでしょうか。
驚異の戦闘能力
 あまり見たくはありませんが、ヒソカの水浴びシーンでは、驚異的な肉体を垣間見ることができます。彼の戦闘シーンは作品中でいくつも描かれていますが、苦戦しているようなシーンはほとんどありません。彼の得意技である伸縮自在の愛(バンジーガム)は、シンプルですが応用力が高く、ヒソカの分析・洞察力と組み合わせれば死角はなく、グリードアイランドではゴンの勝利のためにその能力を惜しげもなく使っています。彼の戦闘能力は、物語開始時点でほぼ完成されていた、とも思えますね。

 強靭的な能力、常軌を逸した嗜好、そして作者の思惑。これからこの作品がどのように展開していくのか、まったく予想がつきません。ヒソカが一体いつゴンやキルアと決着をつけるのか、あるいは思わぬ展開が待っているのか、今後に期待したいですね。
(C)POT(冨樫義博)1998年-2011年 (C)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

記者(WONDER【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ヒソカについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>HUNTER×HUNTERのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!