アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ochanさん

香椎愛莉

カシイアイリ

ロウきゅーぶ!シリー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

慧心学園初等部6年C組。ボブカットに眉が太めな容姿。小学生ながら172cmの昴とほとんど変わらない長身であるが、それがコンプレックスとなって気弱で引っ込み思案な性格で、身長のことを少しでも触れられると泣き出してしまう。背の高さから目を背けられる話は無条件で信じ込んでしまう傾向があり、筋肉をつけると背が伸びづらくなると聞いて、以前から実家のスポーツクラブのトレーニング器具を用いて自主的に身体を鍛えているため、身体能力は高い。智花と並び慧心女バスの良心的存在であり、他のメンバーが巻き起こす騒動に巻き込まれて赤面していることが多い。心優しく友達想いであるが、その反面自身を過小評価しているきらいがあり、バスケを始めた頃は気弱な部分が目立っていたが、様々な出来事を経て「みんなの役に立つため強くなりたい」という気持ちが生まれ精神的に逞しくなってきており、控えめながらも自分の意志や考えを自己主張出来るようになった。昴に対しては最初は生来の気の弱さもあってかおよび腰であったが練習の中で打ち解けて行き、その後は智花に負けないくらい尊敬をしている面を見せるようになり、現在ではメールなどで秘密裏に相談事を打ち明けられる間柄になっている。身長相応に胸の発育も進んでいるらしく部内一位で、ひなた曰く葵よりも大きいらしい。趣味は熱帯魚の世話で、UFOキャッチャーが得意。当初はコンプレックスもあり体格を活かしたポストプレーに消極的であったため、対抗戦では愛莉自身がバスケのルールに詳しくないことと「小さい」という言葉に反応することを逆手に取った昴の策により、スモールフォワードだと言いくるめられて実質センターの役割を果たし、女バスの勝利に大きく貢献した。葵たちとの試合で上背でチームで唯一葵と対抗出来ることから智花と共にマッチアップを行い、昴と離れたくない一心から高いブロックを見せ葵の誉め言葉から「チームを支えるプレイヤー」としての自信が芽生え、硯谷女学園との練習試合からは未熟ながらもジャンプボールやポストプレーを行うようになる。葵と打ち解けてからは彼女の名前を頻繁に口に出したり、三沢家の別荘に遅れてやってきた時も喜ぶ姿を見せたりなど、尊敬の念を抱いている模様。幼少期の体験から顔を水に付けることすら出来ないカナヅチであり、原因を作った兄の万里とは長い間疎遠になっていた。事情を知った昴と葵や女バスメンバーとの協力の甲斐もあって無事に泳げるようになり、万里とも竜一達との試合をきっかけに言葉を交わし、疎遠であった関係を修復。葵と万里からマンツーマンでの指導を受けて引き際の巧さと広いシュートレンジを武器に、状況に応じてインとアウトを行き来するヨーロピアンスタイルのセンターとしての才能を開花させ、大きく成長した姿を見せた。夏休み明けからはパワードリブルなどのポスト際の駆け引きを急速に身に付け、さらにはかげつや綾に対戦を通じてセンターとしてあるべき姿を示すまでになっている。羽多野からは「七色彩蕾(プリズマティック・バド)」の二つ名を与えられている。真帆からは「アイリーン」というあだ名で呼ばれている。身長不明。4月5日生まれ。血液型A型。好物は小豆系の和菓子。成績は優秀であるが、計算が遅い。クラスでの所属係は掲示係。ポジションはC(センター)。背番号は7。アニメ版(SS)では全国地区予選の硯谷女学園との対戦時にナイキ社製のハイパーダンク2011を着用。2011年9月に行われた、電撃オンラインによるキャラクター人気投票では第4位。

出典:wikipedia

誕生日:4月5日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
香椎愛莉とは?(ロウきゅーぶ!シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

身長が高校生並みに高く、そのコンプレックスを昴の指導で乗り越え、実質センターとして、良心的なバスケ部のメンバーとの活動で、ポストプレーを行いチームを支えるプレイヤーになる。

年齢

12 歳

誕生日

4月5日

性別

あだ名

アイリーン

通り名

七色彩蕾(プリズマティック・バド)

特技

UFOキッチャー

弱点

身長コンプレックス、カナヅチ

趣味

熱帯魚の世話

好きな食べ物

小豆系の和菓子

嫌いな食べ物

大豆

声優

日高里菜

星座

牡羊座

血液型

A 型

髪の色

ココア

髪型

ボブカット

アクセサリー

眉が太め

学校・会社

慧心学園

部活・委員会

女子ミニバスケットボール部

職業

小学生

役職

掲示係

学年

初等部6年C組

兄弟・姉妹

万里(兄)
進め!進撃の美巨人!?戦う美少女「香椎愛莉」の魅力とは?『ロウきゅーぶ!』
【画像】香椎愛莉(ロウきゅーぶ!シリーズ)
 慧心で忘れてはならないのが、小学生離れしたナイスバディに天然気質、そして何よりドS心を擽る不安そうな泣き顔がそそる「香椎愛莉」ちゃんです。彼女はその体格を活かしてセンター・・・と思われがちですが、ポジションは元々スモールフォワードでした。「え、なぜ?その身長を活かしてコートで無双すればいいのに。そしてあわよくば私達を見下ろしてくれれば・・・(真顔)」なんて思う方もいると思いますが、そこには愛莉ちゃんにとって、自分と戦わなければいけない大きなコンプレックスが関係しています。今回はそんな戦う美少女「香椎愛莉」についてご紹介したいと思います。
実はコンプレックスなんです・・・見た目と反してか弱い乙女な一面
 皆が羨むそのナイスバディも、愛莉ちゃんにとっては深刻なコンプレックスだったのです。バスケ選手にとっては喉から手が出る程欲しい「高さ」は、センターとして何不自由無い恵まれた体格なのですが・・・。小学生と言えば自分と違う物を否定したくなる多感な時期です。愛莉ちゃんは何度となくその身長をからかわれ、傷ついて来たのです・・・。真帆ちゃんが何度も助けてはくれたものの、自分では中々言い返す事も出来ずに何度も泣きながら心を痛めるシーンには怒りすら覚えます。

 この様に、愛莉ちゃんはプレイスタイル同様、人に対して強く出る事が出来ず、つい遠慮が先行してしまいます。そして、元来の気の弱さも相まって、彼女は自分の身長に関して言及されると泣き出してしまう・・・という大きな欠点とも人知れず戦っているのです。
コンプレックスを武器に変えた日・・・
 愛莉ちゃんは、ずっとそのコンプレックスと戦いながら試合を重ねます。昴くんはどうしてもセンターとして機能させたいという気持ちがあったのですが、泣いて嫌がる愛莉ちゃんに対して強くは出ません。そこで思いついたのが、“スモールフォワードとしてセンターをさせる事”。昴くんはこの奇策を愛莉ちゃんに対してぶつけます。一見名前が変わっただけだし・・・と思いますが、愛莉ちゃんは生まれて初めて自分に対して付いたスモールという名に感激し、何としてでも昴くんのゲーム展開を突き通そうと奮起します。

 しかし試合を重ね、そして試合中にメンバーの見せる苦しそうな表情や、負けた悔しさを経て、徐々に自分が身長の高さで泣いている事に関して疑問を抱くようになります。「私には智花ちゃんのようなずば抜けたバスケセンスも無い、真帆ちゃんみたいにチームの士気を挙げる事も出来ない、じゃあ・・・身長の高い自分が、チームにしてあげられる事は何だろう?”と。

 自分のコンプレックスに打ち勝ち、それを利用しようと考えを変えた日、慧心に絶対的な力を持つセンターが生まれました。今の慧心を支える力は、愛莉ちゃんの努力の賜物でもあるのです。

 愛莉ちゃんが作中でコンプレックスに打ち勝っていく過程においても、中々自分に対して自信が持てず、いつも自分を卑下して泣いている姿が見られます。彼女の気にしている事は、本当はすべてとても素敵な魅力なのに・・・。

 いつかその事に気付き、コンプレックスを自分の武器に出来た日、きっと凄まじい美女王様が誕生する事は間違い無しでしょう。これからも「香椎愛莉」の可愛い姿とあふれる魅力から目が離せません。
(C)蒼山サグ/アスキー・メディアワークス/TEAM RO-KYU-BU!

記者(める【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


香椎愛莉についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ロウきゅーぶ!シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!