アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:たびすけさん

竜宮レナ

リュウグウレナ

ひぐらしのなく頃にシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

前原圭一と同い年の7月生まれ(鬼隠し編のTIPSから。年と日は不明)で、同級生の女の子。髪の色は茶色。作品によってはオレンジに近い色になることもあり。髪型は後髪ほど短いボブカット。目の色は青。制服は魅音が用意した青いセーラー服を着用(鬼隠しTIPSより)、私服は白色を基調としたワンピースで胸元と腰に紫のリボンをつけており、白色に黒いラインの入った帽子をかぶっている。口癖が非常に特徴的で「はぅー」「かぁいいよー」「お持ち帰りー」等多数。身長は魅音より少し小さめ。推定身長161cm(14歳当時)→165cm(成人時)。趣味は「かぁいいもの」。「かぁいい」と感じた物には異常なまでに興味を示し「お持ち帰り」しようとして暴走する(かぁいいモード)。こうなると手が付けられない程の凄まじい力を発揮し、妨害、制止しようとする者は、目に見えないほどの速さで繰り出される「れなぱん」によって蹴散らされることになる。「かぁいい」と感じる物は、梨花や沙都子のような一般的に見ても「可愛い」とされるものもあるが、その大半は粗大ゴミなど、一般的には無価値な物である。そのためゴミの不法投棄場、通称「ゴミ山」へ「宝探し」にしばしば出かけている。特技は料理でその腕前は逸品。圭一の家族に料理のお裾分けなどをしたり、毎朝学校へ行く時に圭一の家に迎えに来たりと女の子らしい面を見せる。本名は「竜宮礼奈(れいな)」なのだが、幼い時の実母の不倫、離婚を目の当たりにしたのをきっかけにいやなことを忘れようと雛見沢に帰ってからは、「レイナ」→「レナ」と自称し友達や他人にもそう呼ばせている。出題編ではその行動原理が謎につつまれており、オヤシロさまや園崎家のために暗躍しているのではないかという仮説の上では、目の色が違う豹変したレナを「オヤシロモード」と呼ぶこともあった。悟史を救えなかった仲間たちの行動に失望しており(罪滅し編)、仲間に相談せずに自分自身の力だけで幸せを守ろうとしていたことが罪滅し編の悲劇を引き起こす。圭一が自分を助けようとしていることを知り、圭一と村を救う最後の賭けとして学校への人質籠城にふみきった。これによって園崎家・入江診療所の捜査を要求し、連続怪死事件の原因としての寄生虫の存在と宇宙人、御三家の陰謀を訴えた。これは後の世に雛見沢壊滅の真相を明かす手がかりとされて残ることになる(宵越し編、アニメ版「サイカイ」)。こうして彼女の思いは必ずしも報われず過ちを犯すこともあったが、ある「奇跡」を起こし、圭一とともに外からの「新しい風」へと成長していく。 k 名探偵と呼ばれる推理能力は、圭一の夕食あて(鬼隠し編)から梨花・沙都子誘拐犯人の特定(綿流し編)にまで発揮され、雛見沢大災害の予測や連続怪死事件の真相の一部すらも(罪滅し編、とらのあな編『ひぐらしのなかせ方』も参照)明らかにする。【性格】:転校してきたばかりの圭一の面倒を見たりと、心優しく献身的な性格で無自覚な善意の塊。奥手な面もあり、圭一と園崎魅音には格好のからかいの対象にされている。性格的に圭一とはいい意味で対称的。普段はぽけ?っとしているが、時には並々ならぬ実力や強さを見せる。「?かな? かな?」「?だよ? だよ?」などと、語尾を繰り返す特徴的な話し方をする。普段のほわーっとした少女としての部分と、沈着冷静でリアリストな大人の女性としての部分をあわせ持ち、感情的になりやすい圭一や詩音を厳しい言葉で諭すこともある。部活メンバーの中では精神的には最も大人である。また、普段は優しくて大人しいだけに、怒ると別人のように凄まじく怖い(崇殺し編での魅音の評価による)。原作では同祟殺し編での魅音や沙都子に圭一が詰め寄ったシーン、綿流し編で大石が自分たちを利用していることを認めたシーン等でレナの怒りが描かれている。皆殺し編以降は、みんなの世話や揉め事の仲裁の役目、困難な状況を冷静に分析して圭一たちに穏便な善処策を提案する「青い炎」と呼ばれる役目が中心になってくる(時にはその冷静さ、高い状況分析能力ゆえに、感情的になった仲間と衝突することもある)。その立場から皆殺し編ラストでは、敗北に悔いがないと健闘を称え合う仲間達の中で、一人冷静に勝利のための最後の条件を述べる。それは傍観に徹してきたある人物が、苦しみと孤独を一人で背負わずに自分たちの仲間となるというものであり、祭囃し編でその人物の活躍へとつながっていく。【対人関係】:圭一とは一番の仲良しで異性としても好意を寄せている。魅音は自他共に認める親友であり(綿流し編)、彼女を傷つけるような言動は圭一であっても容赦しない(だからこそ罪滅し編では裏切られたと感じたことがショックだった)。祟殺し編で、魅音を圭一が泣かせた時、「圭一君が救ってあげればいいじゃない」と言ったのは魅音が親友であったからである。一人称は「レナ」、「私」。【家族構成】:元々雛見沢村出身だったが、幼い頃に親の仕事の都合で茨城県に引っ越している。その後、昭和57年に雛見沢へ戻った。茨城にいた時に両親が離婚している。その際、母親には前述の通り、既に愛人がおり、レナ自身もその相手を愛人と知らず何度も会っていた。母親と何も知らずにいた自分自身に嫌悪を感じたレナは、ショックで再就職をしない父親を庇う形で現在二人暮らしをしていた。実写映画では両親に原作にはない名前があり父親は保典、母親は礼子となっている。【ゲームスタイル】:部活のゲームスタイルは、ワンサイドゲームが嫌いな(昼壊し編)良識派。部活メンバーでもっともモラルに気を使うが、それらに則っている限りは、容赦や躊躇うことを全くしない。また、部活中に「かぁいいモード」に突入すると、誰にも対処できなくなるため、部活メンバーからは恐れられている。

出典:wikipedia

誕生日:7月22日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
竜宮レナとは?(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

心優しく献身的な性格で無自覚な善意の塊。奥手な面もあり、圭一とはいい意味で対照的。ほわほわした少女な部分と冷静沈着なリアリストな部分の二面性がある。怒ると別人のように怖い。

誕生日

7月22日

性別

特技

料理

趣味

かわいいもの探し

声優

中原麻衣

俳優

松山愛里

髪の色

オレンジ

髪型

ボブ

学校・会社

雛見沢分校
かぁいいモードが止まらない!雛見沢の不思議少女「竜宮レナ」の魅力『ひぐらしのなく頃に』
【画像】竜宮レナ(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
 同人ゲームから人気になったサスペンスアニメ『ひぐらしのなく頃に』。今回は、自然豊かな田舎の村“雛見沢”に住む女の子。可愛い物が大好きですぐに「お持ち帰り~!」と暴走してしまう不思議少女「竜宮レナ」の魅力を紹介してみたいと思います。
お持ち帰りとゴミ捨て場
 年頃の女の子らしく可愛い物に目がありません。しかし、困ったことに気に入った物(人)をついお持ち帰りしてしまう癖があり・・・。それを圭一らに止められて、というところまでがセットです。可愛い物を集めるためにゴミ置き場へ探しに行くのが趣味で、初めて圭一がそれに付き合わされた時は「久しぶりだ」と言いワクワクしていました。ファーストフード店のマスコットである「ケンタくん人形」を可愛いと発言するなど、少し人とは好みが違う模様です・・・。
料理上手
 そんな変わった趣味を持つレナですが、料理の腕前は素晴らしく、圭一に雛見沢を案内する時に持参したお弁当などは見事なほどに豪華でした。お重箱にたくさん詰められており、たまたま居合わせた「沙都子」や「リカ」が参加しても十分な量であったことから、最初から「圭一」と「魅音」の他に誰かが来ても大丈夫なように用意していたのかもしれません。気遣いや心配りも出来る、素敵なお嫁さんになりそうですね(趣味がちょっとネック・・・?)
優しさと厳しさ
 圭一は、綿流しのお祭りの最中に「富竹」や「高野」「詩音」にそそのかされて、立ち入りは厳禁とされている祭具殿に忍び込んでしまいます。その後立て続けに、忍び込んだ人間に悪いことが起こり、更には関係ない「沙都子」や「リカ」までいなくなってしまい悔やむ圭一・・・。それをレナは「圭一くんのせいじゃ無いって知ってるよ。」「圭一くんが悪くないって知ってる。」と慰めます。

 その後、実は祭具殿に忍び込んだことはレナにも筒抜けになっていたことが判明。レナは圭一を引っぱたき「誰も圭一君を叱らなかったと思う。だから私が代わりに圭一君を叱るね。」と・・・。ただ優しくするだけが優しさではなく、時には相手を想うからこそ厳しく叱る事も優しさなのだと感じさせられます。

 他にも、圭一を園崎家への捜査のために利用して危ない目に遭わせた「大石」に対して、「それが警察のやり方か」と激怒するシーンがあるのですが、それも仲間想いのレナだからこその行動であり怒りなのでしょう。
策士を上回った策士
 部活での水鉄砲を用いたサバイバルゲームで最後まで生き残ったレナ。水鉄砲の水も空になり沙都子に追い詰められましたが、レナは予備の水鉄砲を建物の陰に隠していました。しかし、トラップマスターである沙都子には通じません・・・。予備を隠していることは既にバレており、水鉄砲に砂を混入させて使えなくなっていました・・・。しかし、ここがレナの凄い所、その水鉄砲を沙都子めがけて投げつけます。このゲームのルールでは「水鉄砲の水に触れたら負け」だったのですね。まんまとルールを利用したというわけですね。普段はのんびりしているレナですが、意外とやります(笑)。

 ちなみにその後、圭一と一対一の勝負になり結局引き分けに終わるのですが、罰ゲームを受けるのを誤魔化そうとしていた部活メンバーたちに詰め寄る時、「カーナカナカナカナ~」という特徴的な笑い方をします(笑)。

 特徴的な喋り方や変わった趣味を持ちあわせている「竜宮レナ」。物凄く思いやりのある女の子で仲間思いの良い子です。アニメの2期に相当する『ひぐらしのなく頃に解』の1話では、大人になったレナの姿も少しだけ見ることができます。まだ観ていない方はぜひご自身の目で『ひぐらしのなく頃に』、そして「竜宮レナ」の魅力をたっぷりとお楽しみ下さい。
(C)2009竜騎士07/雛見沢御三家

記者(真夏日【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



竜宮レナについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:ケンタ 2015/01/17 19:22 ID:70DE2ECC ▽コメント返信
レナの誕生日は残念なことに公式で7/28になったのです。
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ひぐらしのなく頃にシリーズのキャラクター 一覧
178回
177回
176回
175回
174回
173回
172回
171回
170回
169回
168回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!