アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:る~るさん

愛沢咲夜

アイザワサクヤ

ハヤテのごとく!シリ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

三千院家の分家にあたる愛沢家の長女。家族構成は父、母、兄・ギルバート(実は隠し子。現在はオーストラリアに留学中)、妹・日向(10歳)、弟・朝斗(10歳)、妹・夕華(8歳)、妹・葉織(4歳)。ナギの数少ない友人の一人であり、彼女にとっては姉のような存在。好きなもの及び得意なことは、お笑い・子供の世話・乗馬。苦手なものはシャレの通じない相手と納豆を食べる生命体と歯医者。また、ナギの漫画は全然理解できない。巻田・国枝という一流の執事二人がついているが、最近は単独行動したりメイドのハルと一緒に登場することが多い。ナギと同様に高度な最新の英才教育を受けており、学力は高校生のハヤテに勉強を教えられるほど優秀である。ナギ・伊澄と共に白皇学院に飛び級枠で編入する予定だったが、飛び級枠が3人分しか無かったために、伊澄に恋心を抱いているワタルに譲った。現在は他の女子校に通っているが、はっきりとした性格のおかげでモテモテらしい。学校の制服(ブレザー)で一人で登場していることから、学校もしくは自宅は三千院家別邸と近いと思われる。料理も得意。「神出鬼没のライセンスをデフォルトで備えて」いるとの事で、前触れ無しに突然現れることが多い。第7巻頃から伊澄の仕事を手伝う様になり、そのためか途中からリィン・レジオスターを普通に見ている。初めの内は見えず、描写上の初のシーン(第7巻第8話)では自分の頭がおかしくなったと思い土地神を「幻覚」と言っていた。一人称は初期は「私」、第3巻から第5巻あたりでは「ワシ」だが、それ以後では「ウチ」になっている。二人称は「自分」。なぜか伊澄のことは「伊澄さん」と呼ぶ。初登場時にはナギから「咲(サク。連載では「サク」とカタカナ表記だったが単行本では漢字に修正された)」と呼ばれていたが、原作では後に「咲夜」と呼ばれている。家では大衆用の遊園地を経営するが全く客が入らず、ナギには彼女のものと同様の個人用遊園地だと思われていた。また、「"タイ"タニック号」という悪趣味なクルーザーも作ったことがあり、ナギの依頼を受けた咲夜がハヤテ達を招いてクルージングしていた所へ、テロリスト集団に襲撃され、彼等が仕掛けた爆弾により本物と同じく沈没した。

出典:wikipedia

誕生日:4月3日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


愛沢咲夜についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ハヤテのごとく!シリーズのキャラクター 一覧
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回
193回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!