アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:igorさん

青木勝

アオキマサル

はじめの一歩シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

鴨川ボクシングジム所属のプロボクサー。日本ライト級ランカー(日本ランク7位)。生年月日は1971年9月9日。成績23戦12勝8敗3引き分け7KO。身長171cm。リーチ171cm。血液型B型。何かにつけ鷹村守のイジメやイタズラの被害を受けることが多く、ジムの雰囲気を盛り上げるムードメーカー、および作中のコメディリリーフ的な役割を持つ。尊敬するボクサーは元世界Jr.ミドル級(現スーパーウェルター級)チャンピオン・輪島功一で、苦労をしても明るさを失わないところやおとぼけぶりからも実際のモデルとなっている。ロベルト・デュランのファンでもある。高校在学中は親友・木村達也と共にグレて喧嘩に明け暮れていた。陰茎をいじるクセがあった。出会った鷹村に喧嘩を吹っ掛けたものの2度もボコボコにされ、その際に見せられたボクシングで見返そうと思い、鷹村と同じ鴨川ジムへ入門する。厳しい練習をこなすうちにボクシングの面白さに目覚め、デビュー戦を初勝利で飾って以降は鷹村への復讐心も消え更生。野球が大の得意でピッチャーだった。かつてのチームメイトである元甲子園球児たちを相手した草野球で「甲子園でも滅多に居ない」という程の剛速球を投げる。ボウリングも得意で異名は「ノーミスの青ちゃん」。釣りなども器用にこなす。鷹村も認める運動能力とジムの厳しい練習で鍛えた根性、他人が真似できない創意工夫で編み出したトリッキーな戦法で相手を幻惑・翻弄する。基本的には相手のパンチを被弾しつつ状況を打開するスタイルであり、顎が脆いためほぼ同等の実力の木村と比べてもKO負けが多い。学生時代の鷹村との喧嘩がトラウマで、単発の右ストレートを極端に怖がり、試合中にも関わらず目を閉じてしまう欠点が後に露見。ジムの仲間やトミ子の協力し矯正を試みるも、現時点で成功したかどうかは不明。時折的外れなことを言うが、鷹村についで試合の観戦では冷静かつ中立的な視点で分析している、マルコム・ゲドーの秘密を見破るなど、木村とは違った意味で頭脳的なボクサーでもある。また試合での被弾が多く、その影響から「頭から記憶がポンポン飛ぶ」と面白おかしく語ったり、トミ子との情事の最中に意識を失うなどパンチドランカーを疑わせる描写があるが、本人はさほど気にしていない様子。菊元ボクシングジムの今江が持つ日本タイトルマッチに挑戦。得意の泥試合に持ち込み善戦するも引き分けとなり、ベルトを逃す。その試合の後、青木を慕ってジムに入門してきた赤松勇と黄桜大が青木の周りに取り巻くようになり、周囲からは青木組と呼ばれるようになる。この時彼等に合ったパンチを的確に教え、トレーナーとしての素質を見せた。コミカルで泥臭いキャラクターながら、インドネシアの国内王者パパイヤ・ダチウと2度引き分けており、日本タイトル戦でも引き分けるなど、実力は日本ランカー中屈指である。合コンがきっかけで知り合った看護師・トミ子と両想いに成り同棲中。かつては面食いで高校時代にはみゆきという超美人の彼女がいたが、実は美人と一緒にいると緊張するらしい。ボクシングを始めた後から美的感覚が変化したらしく、トミ子も容姿の点ではお世辞にも美人とはいえない。普段はラーメン屋でのアルバイトを副業としており、厨房に立つ腕前を持つ。ジム練習後、一歩たちが食べに行くこともある。ボクシングとは無関係な特技を多数持ち、鷹村に「青木と木村ならどんなことが出来ても驚かない。なぜならボクシングじゃねえからだ」と言わしめるほど。水泳は苦手で、痔疾持ち(本人の弁より)。

出典:wikipedia

誕生日:9月9日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
青木勝とは?(はじめの一歩シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

日本ライト級ランカー。ジムの雰囲気を盛り上げるムードメーカー。同じジムの木村達也とは同期で、学生時代からの腐れ縁。

誕生日

9月9日

性別

特技

カエルパンチ/死んだふり

弱点

水泳

声優

高木渉

星座

乙女座

身長

171 cm

血液型

B 型

髪の色

髪型

短髪

学校・会社

鴨川ボクシングジム

職業

プロボクサー

恋人

トミ子
奇抜なパンチで相手を翻弄!鴨川ジムのムードメーカー「青木勝」の魅力『はじめの一歩』
【画像】青木勝(はじめの一歩シリーズ)
 週刊少年マガジンの看板漫画が原作で、アニメは深夜放送でありながら高視聴率を叩きだし現在第3期まで放送されている『はじめの一歩』。いじめられっ子だった少年「幕之内一歩」が、ボクシングを通じて“強さとは何か”を追い求めていく、スポーツ青春ドラマです。今回は、個性的なキャラクターの多い本作の中でも、親しみやすくコミックリリーフとしても人気の高い「青木勝(あおきまさる)」の魅力について、徹底的にご紹介します。
ついつい共感…愛すべきキャラター
 日本ライト級ランカーの青木は、鴨川ボクシングジムのムードメーカー。同ジムの理不尽大王「鷹村守」のいたずらや、度を越した悪ふざけの一番の被害者で、不憫ながらいつも笑いの中心にいます・・・。ボクシングを通じて人間的な弱さを見せながらも、それを乗り越えようと頑張る青木は、強者が揃う『はじめの一歩』の作品の中で、木村と並んでもっとも共感できるキャラクターのひとりと言えるでしょう。

 試合前は不安で神経質になり、勝てば派手に喜び、負ければ泣くほど落ち込む、そんな青木を見ていると、青木と熱愛中のトミ子が青木を一途に応援し、常に支えている気持ちがよく分かります。また、あれだけ普段イジられている鷹村さんが試合で苦戦した時、勝利を信じて泣いて応援する姿など、本当に青木の“イイ奴さ加減”を感じます。

 そんな青木ですが、実はボクシング以外は何でも器用にこなし、アルバイトのラーメン屋では厨房を任されるほど。なぜボクシングだけ・・・。普段は見当違いの事を言ったりもしますが、ボクシングの観戦中やふとした時に、客観的で本質をついた発言も。決してお笑い一辺倒の単純キャラではありません。
涙ぐましい創意工夫!
 勝ったり負けたりを繰り返す青木は、敗戦の度に様々な技を編み出します。カエルパンチや死んだふりなどの奇抜な戦法で、なんとしても勝利を掴もうとするその姿はとてもいじらしいのですが、試合はいつも泥試合・・・。

 そんなボクシングキャリアの中で、初めて訪れたタイトル挑戦が今江戦でした。青木は6年間のボクサー生活の全てを掛けて、日本ライト級タイトルマッチに臨みます。新技まで繰り出すものの、試合は一進一退。鷹村さんや一歩ほどボクシングの才能に恵まれなかった青木が、必死で勝利を掴もうとする姿に、視聴者はきっと自分自身を重ね、応援したくなるのです。

 結果的にいつもの泥試合になっても、トミ子同様に心の底から青木の勝利を願ってしまいます。対する実直なチャンピオン今江も、試合前はふざけて見える青木に反感を持っていましたが、拳を交えて戦ううちに、自分と同じように這い上がってきた青木の精神的な強さを感じ、そして自分の弱さに気づかされ、最後には青木を尊敬するにまで至るのです。

 また、特筆すべきは青木を演じる声優「高木渉」さんです。やんちゃ坊主や漢気ある不良を演じたら右に出るものはいない・・・と個人的に思っていますが、この試合でも、必死に頑張る感動的な場面に漂う“暖かみのある演技”は青木にぴったりです。この方が青木を演じられて良かったと心の底から思います。
友情に厚い!
 青木の魅力を語る上で欠かせないのが木村の存在です。幼稚園の頃からの腐れ縁で、中・高校時代は仲良く不良。中途半端に何でもできる二人は、目標も無くケンカばかりの日々を過ごしていました。そんな時に鷹村さんに出会ったことがきっかけで、二人は鴨川ジムに入門し、ボクシングの楽しさに目覚めていきます。更生してプロボクサーとなった今も、どこか二人の立ち位置は似ており、その苦労を言わずとも分かりあえる仲です。

 だからこそ、木村のタイトルマッチの時には、木村の為に宮田一郎に土下座をし、試合ではセコンドについて木村を支えるのです。木村の為に自分ができることは何でもしてやりたい!という青木の友情は、これまた視聴者の胸を打ちました。

 今江戦の前に、青木が川の土手で木村に語った「(一歩は)気は弱いクセに気が大きい、オレは気ィ強えのに気が小せえ。まるでよく吠える犬みてえだよ」と、自ら自分を語るこのセリフ。自嘲的な気持ちを素直に口に出せたのは、やはり親友の木村が相手だったからでしょう。いつもは漫才コンビの二人が、たまにシリアスになるからこそグッとくる訳ですが、結局最後はいつもの小競り合いになります。しかし、そこがこの二人らしくて素敵なのだと思います。

 実力はあるはずなのにイマイチ出し切れない・・・、そんな愛すべきキャラ「青木勝」。彼の今後には一体どんな展開が待っているのでしょうか。青木の未来に幸多からんことを願うばかりです。
(C)森川ジョージ/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ

記者(moto11【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


青木勝についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>はじめの一歩シリーズのキャラクター 一覧
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!