アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

竈門炭治郎

カマドタンジロウ

鬼滅の刃

0

pt

作品紹介

『鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号より連載中。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、2016年11号より連載中。第70回(2013年4月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:篠原健太)の佳作を受賞した投稿読切『過狩り狩り』が前身となっている。

敵方である『鬼』については、身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多いが、その一方で不死性をコミカルに描くような側面もある。また、主人公の炭治郎をはじめとする人間たちもシリアスとコメディの両側面が描かれている。

登場人物の名前は創作のほか、「奇抜に見えるが実在する」姓名が多用されている。

連載誌にはミニコーナー『鬼殺隊報』が掲載されている。ジャンプ公認ツイキャス「スクールオブジャンプ」では、ツイッターにて質問を受け付け、制作側(主にジャンプ編集担当)が配信に出演して返答するという企画が度々行われている。現在、主要登場人物の年齢や裏エピソードなどが発表され、公式設定となっている。

単行本には、帯にコメント・推薦文がつけられた巻がある。4巻は冨樫義博、5巻は秋本治、10巻は奈須きのこがコメントを寄せた。特に秋本治の5巻帯には両津勘吉の描き下ろしイラストも寄稿されており、秋本は本作品のファンである[1]。

2017年3月、本作の主人公「竈門炭治郎」を名乗る人物から、養護施設への寄付として愛知県豊田市役所に菓子や緑茶飲料が届けられた[2]。

2017年5月9日より14日まで、新宿駅のメトロプロムナードに特別広告が提示された。その際のキャッチフレーズは「これは日本一慈しい(やさしい)鬼退治」など。

単行本の累計発行部数は2018年11月時点で300万部を突破している[3]。

英語タイトルは『DEMON SLAYER: Kimetsu no yaiba』。集英社海外アプリで配信されている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


竈門炭治郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>鬼滅の刃のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!