アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

岩谷尚文

イワタニナオフミ

盾の勇者の成り上がり

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 石川界人[3] / 鈴木達央(ドラマCD)[4]
本作の主人公で物語の語り手。四聖勇者の一人、盾の勇者。
20歳の大学生。オタク趣味で、某ネットゲームでは3番目に大きい複合ギルドの首脳陣をしている。高校生の弟がいる。図書館で「四聖武器書[注 1]」という本を読んでいると、気が付いたら異世界に盾の勇者として召喚された。
波に備えてそれぞれの武器を鍛えるために国が用意した仲間とともに旅立つがその翌日(召喚から3日目)に実は盾の勇者を嫌う国・メルロマルクの王女だった仲間「マイン/マルティ(後にビッチ/アバズレ)」に裏切られ、冤罪で強姦魔の烙印を押されてしまう。味覚をなくすほど人間不信に陥ったが、攻撃力がない盾の勇者ではソロでの限界を感じて奴隷商から捨て値で売られていた少女ラフタリアを購入する。メルロマルク2回目(勇者召喚後1回目)の波の後にラフタリアの解放を求めて無理矢理元康と決闘をさせられ、攻撃力がないながら善戦するもマルティの横やりで敗北。マルティの不正も姫の立場を利用し封殺され、カースシリーズが解放されるほどの怒りと不信感にのまれるが、 奴隷から解放されたラフタリアが自分の意思で尚文の元に戻ってきたことで救われ、失われていた味覚も戻った。
その後は盾の勇者の身分を隠し、卵から孵化した馬車を引く鳥型の魔物・フィロリアルのフィーロを使って、調合した薬や彫金したアクセサリーを売り歩く行商を始め、(有償ではあるが)困っている人々に品物を届ける「神鳥の聖人」として名を馳せる。盾の勇者を悪魔として迫害した三勇教の主導で迫害が続くも同様に見限られた勇者らと教皇を倒し、メルロマルクの女王の帰還で名誉回復がなされる。三勇者から聞かされた武器の強化法を「三勇者ではなく、盾を信じる」という形で実行し成功。武器強化の共有を成し遂げる。
波に代わり四霊・霊亀が暴れ始めるが、これを操っていた別の異世界の眷属器の勇者キョウと戦い、これを撃退するも霊亀のエネルギーを持って自分の世界に逃走。逃走したキョウを追って別の異世界に渡り、異世界の四聖・風山絆と出会い、彼女らと協力してキョウを倒して霊亀のエネルギーを取り戻し、絆たちとは休戦協定を結び帰還する。
自分が元の世界に帰ってもラフタリアが生活できる場所を作るため、霊亀討伐の恩賞でラフタリアの故郷の領地と伯爵の地位を貰い、元ルロロナ村の住人を中心に奴隷を集め、村の復興と四霊・鳳凰に向けて私兵の育成を行う。尚文本人は奴隷をコキ使って狩りや行商をさせていると言っているが、過度なことはさせていないので待遇は良く村の奴隷からは慕われている。霊亀に敗北して評価が地に落ちた他の勇者たちを捕縛し、説得・和解した。
戦力を整えて鳳凰に挑むも七星の鞭の勇者タクトに横やりを入れられ、アトラや連合軍の多くが戦死し深い悲しみと虚無感に支配される。フォーブレイにてタクト一味に襲撃され、激怒した尚文らはタクトらに挑むが、盾の聖武器を奪われて敗北。意識を失った際に、伝説の武器の精神世界で盾の精霊となったオストとアトラと再会、助言と励ましを受けた事で立ち直る。意識が回復後、立ち直らせた叡智の賢王から杖の眷属器を借りて再戦し、勇者を僭称したタクトを倒し、復讐を果たす。メルティの女王即位に伴い、功績を認められ大公の地位を与えられている[注 2]。
村で保護された絆の仲間・エスノバルトの要請で、再び異世界に渡るも敵の妨害で盾の機能が封じられる。以前助けた鏡の眷属器の力を借りて、一時的に鏡の勇者になる[注 3]。
セインの姉の警告により、一旦自分の担当の世界に戻り、報告や用事を済ませていたが、謎の現象によって仲間達と共にルロロナ村ごと過去の世界に飛ばされてしまい、先代盾の勇者の城野守と出会う。
戦闘スタイルはその名の通り盾役。群を抜いて高い防御力とスキルで敵の前面に立ち味方を守り敵の動きを阻害する。その代わり攻撃力はほぼなく、関節技も使えない所まで徹底されている[注 4]。奴隷や魔物など魔法契約した相手に対しての能力・成長に関する補正効果のある盾を持つ。
魔法適正は回復と援護。こちらも攻撃能力は一切ない。勇者専用魔法は味方の全ての能力を上昇させる「オーラ」。カースシリーズは「憤怒」が発現しており、高い防御力と他の盾にない攻撃手段も得ることができるが、呪いの代償で精神汚染や長期間ステータスダウンがかかる。
冤罪事件の前はお調子者で、人並に女性への興味も持っていたが、事件後はやさぐれて口も悪くなり、疑り深い性格となった。敵に対して容赦がなく、必ず報復を与えようとする。その相手が苦しんでいる様子を見て喜ぶところもある。時には邪道な行為も躊躇いなく行う。
一方で本質的な優しさは失われておらず、ラフタリアをはじめとした奴隷達に対して、戦いを嫌がった場合は奴隷紋を発動したりはするものの、それ以外で扱いを悪くしたりはせず、むしろ丁重に面倒を見ており、戦いでも怪我をしないように立ち回っている。そのため奴隷や仲間達から強い信頼を寄せられている。疑り深く人間不信になった反面、ラフタリアやエルハルト等の自分を信じ、親切にしてくれた相手に対しては、信頼する気持ちが強く、受けた恩を返そうとする。また、敵対関係となっていた者(三勇者やグラスたち、クズ等)でも、相手がきちんと反省している、改心している場合は、和解し受け入れるだけの器もある。しかし、尚文本人は奴隷を行使し、悪行を平然とする悪人だと思っており、時に奴隷たちに対して罪悪感を感じる事がある。
このように良い意味でも悪い意味でも「やられたらやり返す性格」であり、相手を映す鏡のような性分から鏡の眷属器に選ばれる要因となる[注 5]。
冤罪事件で女性にハメられたトラウマで女性に対して一定の距離を置いており、性的嗜好が一切なくなっている。仲間に女性も多く、ラフタリアをはじめとして、思いを寄せているが恋愛関係は考えておらず、煩わしいので平和になるまで村で恋愛を禁止している。弟がいるせいか年下と認識した相手は子ども扱いするところもある。また、悪人の自分が所帯を持つのはあり得ないとも思っている。ラフタリアに関しては波と戦う使命優先で恋愛を嫌っていると思っていたが、後に女性不信のトラウマからそう思いたかっただけだったと独白している。アトラの戦死後は、遺言により多少寛容となり、自身に好意を持つ女性の思いを答えるようにしたいと考え直す[注 6]。冤罪に対しては他人事でも見過ごせず、リーシアの冤罪も我が事のように怒っている。
特技は料理。尚文自身は料理上手の自覚はなく、元の世界でも趣味程度だったと言っているが、一度食べた物を再現したり、満腹でも食欲を促進させる料理チート。気を習得した際はその応用によりさらに技術を向上させる。フィーロや村の奴隷たちからはご飯を作ってとせがまれるが、面倒なので極力避けている。「盾が鍋の蓋に見える」「飯の勇者」「鏡がトレイに見える」等言われるが、本人はそのように呼ばれるのを嫌う。周りに勘違いされがちだが、尚文自身は美食家ではない。
他にもクラフト技術が非常に優れており、盾の技能系ボーナスや薬屋とアクセサリー商から教わった事もあって、薬調合や宝石の加工によるアクセサリーの制作技術も身に付けている。これらを行商や冒険の備えに役立てている。特にアクセサリーはテリスからかなり称賛を受けている[注 7]。
召喚以前から乗り物や酒で酔ったことがなく、乗り心地が最悪と評判のフィーロの引く馬車の中でも調合を行い、普通の人なら1粒食べたら卒倒するという「ルコルの実(水樽に一粒混ぜてようやく飲める濃さになる酒の素)」を平然と食べ続けるほど酒に強い[注 8]。ただし付き合いで飲むことはあるが、自分以外が酔っぱらうと会話が成り立たなくなって疎外感を感じてしまうため、酒はあまり好きではない。異能力のあった世界から来た樹からは酔い無効(C~Dクラス)の能力者だと推察されている。また、動物に懐かれやすく、アニマルフレンズ(動物に自然と好かれる)のダブルスキルとも言われている。尚文本人も動物や獣人形態の亜人を愛でる傾向があり、ラフちゃんやラフ種がお気に入りでラフタリアもルフトのように獣人化しないかと考えている。
外伝の『槍の勇者のやり直し』では、2,5,6,8,9周目などで強姦容疑の際に元康に助けられる。常に元康が信頼してくれるのでやさぐれず、口調も穏やか。奴隷を使役することにも強い抵抗を覚えるなど本編の尚文とはまるで別人である。ただし悪意を以て敵対してくる者に対しての容赦のなさは元からあったようであり、何度撃退しても懲りない悪人やコウのように窘めても行いを改めない者に対しては本編のような冷酷さや徹底した仕置をしてみせる。2周目ではメルロマルク側に謀殺されてしまったが、その後のループでも最終的には元康を信頼しつつもその突飛な行動に頭を痛める立場になり、ループに入る元康にやるべきこと、やってはいけないことを指示して送り出している[注 9]。また、日本にいた頃の知り合いに変わった食材を持ち込まれては、色々工夫していたことも明かされている。
フィロリアル好きになった元康からの呼称は(フィーロたんの)「お義父さん」。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


岩谷尚文についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>盾の勇者の成り上がりのキャラクター 一覧
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!