アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

橘瑠衣

タチバナルイ

ドメスティックな彼女

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 内田真礼[14]
本作のヒロイン。誕生日は9月5日[15]。血液型はA型[16]。身長は155cm[17]。
好きな歌手は中島みゆき、山下達郎、さだまさし、フラワーカンパニーズ、黒木渚[18]。
好きな作家は宮部みゆき、京極夏彦、湊かなえ、東野圭吾、舞城王太郎[19]。
無愛想な女子高校生。周囲の中で未だに処女であることを気にし、「見下されるのが嫌」という理由で夏生と肉体関係を結び、彼の初体験の相手となる。しかし、奇しくも互いの親が再婚したことで義理の兄妹となってしまう。
再婚前は、母・都樹子と姉・陽菜と3人で8階建のマンション[20]に住んでいた。再婚後は遠距離通学を嫌がり、桜川高校[21]から夏生と同じ赤森高校に転入する。転入時点での高校のクラスは2年2組。[22]
常に不機嫌そうで気の利いた会話ができないため、友人関係は希薄である。「最近の流行の歌は歌詞が軽薄でみんな同じに聞こえる」という理由から、さだまさしの「防人の詩」と中島みゆきの「命の別名」や森田童子といった古い世代の歌を愛好している。
その性格と嗜好から転校先でも浮いていたが、夏生の気配りもあって徐々に同級生たちと打ち解けるようになり、家族としての夏生との付き合いを通じ、瑠衣自身の性格も次第に変わっていくことになった。ずぼらな姉・陽菜に対しては辛辣な面もあるが、自身にはない明るさを持つ彼女を姉として尊敬し、その身を案じている。
上記のように一見無愛想で感情表現が苦手であるが、かなり涙脆い一面もあり、作中でも周囲に打ち解けるうちに頻繁に涙を見せるようになっている他、親しい人の感情に対しては人一倍敏感であり、夏生や陽菜が落ち込んでいる時などは積極的に働きかけている。
家事力が高く、逆に家事下手な陽菜をフォローしてあまりあるほどの料理の腕前を持つ。
夏生を初体験の相手に選んだ理由は、慣れた男に食い物にされるよりは、経験のない夏生に処女を捧げた方がましだったため。処女喪失後は「(上手い下手は関係なく)こんなもんかなぁ」「意外にあたしはあたしのまま」との感想を述べる。
実父・幹本丈と別れ、荒んでいた都樹子が夏生の父との出会いで穏やかに変わったことから、都樹子の幸せのために再婚を承諾する。自身と夏生との関係は親や陽菜には隠しており、藤井家で夏生と再会したときも初対面を装う。
かなりの読書家。食事の後は部屋にこもるか、入浴中にも読むほどである。高校時代は転入後文芸部に入部することになる。
丈との再会をきっかけに、料理人を目指すことになり、丈の経営するレストランでのバイトを始め、高校卒業とともに正式に従業員として働いている。
現在は夏生と交際中。
初登場時はショートヘアで、高校3年の春頃から伸ばし始め、肩下までのロングヘアーになっていたが、高校卒業後のゴールデンウィーク前にショートボブにイメージチェンジした。
自分自身の呼称は「あたし」、陽菜に対しては「ヒナ姉」、夏生に対しては「あんた」「ナツオ」と呼んでいる。

出典:wikipedia

誕生日:9月5日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


橘瑠衣についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドメスティックな彼女のキャラクター 一覧
199回
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!