アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

羽咲綾乃

ハネサキアヤノ

はねバド!

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 大和田仁美[1]
本作の主人公。1年生。右利き(バドミントンでは左利き)。身長151センチメートル。
バド部コーチである立花健太郎の目前で驚異的な運動神経と、左手にラケットを握る競技の経験者のようなマメができていることを見つけ、部員不足のバド部入部の勧誘を受けることになるが、本人はバドミントンの経験はあるものの、あまり好きではなく入部の勧誘には快く思っていなかったが、なぎさとの賭けに敗れ、そしてコニーの言葉もあってバドミントン部入部を決める。しかし、その素性は全日本10連覇の実力を持つ母親より幼少時から英才教育を受けてきた天才少女で、しかもなぎさにトラウマを植え付けた神藤綾乃と同一人物であった。
バドミントンの腕前は相当高く、高い選球眼と瞬発力、読みの鋭さを生かした守備力重視型で、子供のころから培ってきたラリーを続けるバドミントンが身上。また、本能的に相手の嫌がる場所へ攻める才覚も持っており、左から繰り出されるカットスマッシュ(クロスファイア)や咄嗟の右手での攻撃など多彩な武器を持つ。それだけでなく精神攻撃も得意とし、相手からは体力と思考力が奪われると評される。その反面、小柄な体格のため筋持久力や体力面に不安を抱え、特に攻撃面においては決定力が弱く、フルショットを連発しないといけないことで、筋肉と体力を大いに消費してしまう。また、メンタル面も脆い一面があり、自分自身が伸び悩んでいるとか、他人に対し驕っているとか不安視していた場面もあった。
中学時代に芹ヶ谷薫子に初めて試合で敗れた直後、母である有千夏が、本人の抱く教育方針から家を出て行ったこと、そしてその後母親に再会したい一心でバドミントンを続けるも、いつしか孤独感に苛まされ、一度はバドミントンから退くきっかけとなった。その後再びバドミントンを再開する中で母と再会したいと強く願う一方で、今更彼女と会っても自分に得るものはないと悟り、単なる「越えたい壁」として認識するようになる。しかしその内心は母親にもう会えない辛さを秘めており、もっと強くなることで、今まで自分をバドミントン選手として育ててくれた母親の意思に応えるのが自分の出した答えという信念に基づいている。
尚、登場当初は気弱で臆病な少女として描かれていたが、薫子曰く生来より母親譲りの攻撃的で負けず嫌いの性格であり(ただし、作中では薫子の推測としている)、有千夏が綾乃の許を去った反動と、過剰ともいえる過保護な周囲の環境によって押し殺されていただけであったといえる。しかし、次第にバドミントン選手としての意志が呼び覚まされると、傲慢な性格が露顕する一方で逆に自分が本能的に意識していた「人とのつながり」を損ないつつある姿に気付き、涙ながらに(人として)優しくなりたいとも強く願うようになり、今まで以上に友情を強く意識するようになった。
尚、気弱だったころは小声という設定であり、吹き出しに対する写植文字も相対的に小さくなっていた。また、プライベートでは親友のエレナ、のり子と一緒にいることが多く、試合中にはない爛漫な笑顔も見せる。また、悠や空からはあやのんと呼ばれているなど仲が良い。
インターハイ個人戦にて神奈川県代表として出場。
肉まんが好物なのか、よく食べているシーンがある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


羽咲綾乃についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>はねバド!のキャラクター 一覧
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!