アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

五十嵐丸太

イガラシガンタ

デッドマン・ワンダー...

0

pt

キャラクター紹介

声 - 朴璐美
主人公。14歳。身長155cm。「赤い男」に赤いダイヤを胸へ撃ち込まれ、デッドマンとなった少年。コード名「ウッドペッカー」。罪の枝は血を弾にして飛ばす「ガンタガン」。後にさらに強力な「ガンバルガン」が使えるようになった。
幼少時はシロと科学者の母親・空絵と共にDWの前身「国立医療防疫センター」で暮らしていた。しかし、実験中に研究員を殺戮したシロを目撃して以来、シロを含めた事柄を全て忘れてしまっていた。
「赤い男」にクラスメイトを全員殺害されて一人生き残り、玉木に無実の罪を着せられ死刑を宣告される。送致されたDWでシロと再会し、運命が一変する。
ニンベンとの戦いにて自分の中にあるシロへの気持ちに気づくも、レチッドエッグとの戦いで遂に「赤い男」の正体がシロであることを知ってしまう。DWの閉鎖後は無罪判決を言い渡されて児童養護施設で自由の生活を始めるが、内心ではシロへの愛情と復讐心で板挟みとなっていた。唐子にDWでの戦いの誘いを受け、悩んだ末にそれを承諾。もう二度と誰も死なせないため、シロを自分の手で殺すために再度DWへ乗り込むが、剥切に捕まり記憶を上書きされそうになったことで、シロが自分の母親から残虐な実験を行われていたことと、本来は自分がナノマシンの人体実験の被験体(マルタ)であり、シロはその身代わりであったことを知る。
剥切に止めを刺した後は、島ごと崩壊するDWに一人残りシロと互いの心境を吐露し交戦する。互いに全力をぶつけ合い、負傷しながらもシロに止めを刺せる瞬間まで追い詰めるも、止めを刺さず落下してきたオブジェクトから彼女を救う。その際、本当はシロが生きたいことを指摘し、シロと生きていくことを決意する。その際に体内のアンチ・レチッドエッグの結晶が崩壊し、罪の枝が使えなくなった。
最後の戦い終結後は学校に通い、身長も大きく伸びている。また、昏睡状態となって医療刑務所に収監されたシロの面会に週に一度赴いている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


五十嵐丸太についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>デッドマン・ワンダーランドのキャラクター 一覧
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!