アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

ファフニール

ファフニール

小林さんちのメイドラ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 小野大輔
異世界のドラゴン(雄)。人間態はトールから渡された写真を元に長髪で丸メガネをかけた若年の執事の姿に変身する。本来の姿はその片鱗しか見せていないが、瘴気を放つような描写が多い。ルコア同様アニメ版オープニングで全体像の大まかなシルエットが描かれた。なお、原作第8話・アニメ第3話の登場シーンでの姿は本来のものではなく、本人の認識では「人型」の範疇の姿に化けたものである。
長らく財宝の守護に務めていたことから警戒心が非常に強いため、人嫌いで無愛想な振る舞いが多く、やや物騒かつ刺々しい発言が目立つ[注 23]。しかし、普段の振る舞いとは裏腹に甘い物好きな一面もある。
トールとは住処にしていた洞窟を彼女が寝床にしようと侵入してきたことで争いになり、お互いの実力を認め合って友人同士となった。
本格的に人間界で暮らすことにした際トールから大山猛(おおやま たけし)の名を与えられ、滝谷の部屋に居候することになった。その後は滝谷の趣味に染まり、テレビゲームを通じて親しくなり、滝谷の作成していた弾幕系同人ゲームの問題の指摘やスクリプトソースの改良にも力を出すほどにもなった。
トールに対しては度々人間界の影響を受けすぎている旨を警告しているものの、彼女からは「(サブカル趣味や滝谷の影響を受けた性格のオタク化のせいで)あなたが一番おかしくなっている」と言われている。
他のドラゴンとは違い、人間からは(趣味を除いて)一歩引いた立場をとる傾向にある。第43話時点では人間との交流を「わからなくはない」と認めつつも、「だからこそ危険な事には変わりない」と、あくまで"彼の自意識的には"ドラゴンとしてのスタンスは崩していない。
ドラゴンと人間が触れ合うことについては「ドラゴンが人間側に近付いた人間ごっこ」として捉えているが、トールが小林とのふれ合いに後悔は無いと断言したことや小林が彼女の父親を退けた事実に「どうしてそこまでするのか気になった」とも考えるようになり、自身にとって強い主従関係を結ばれるリスクがあると知りつつも、滝谷には固有の愛称である「ファフ君」と呼ばれることを受け入れるようになる(第54話)。
夏のコミケでサークル参加をして『呪いアンソロ』(千円)[注 24]を出展したが、一冊も売れずに終わる。また、アニメ第11話での冬のコミケには『呪いアンソロ2』を出展したが、同じく一冊も売れなかった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ファフニールについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>小林さんちのメイドラゴンのキャラクター 一覧
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!