アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ジャネンバ

ジャネンバ

ドラゴンボールシリー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

閻魔大王の元で働くサイケ鬼が、事故で悪の気を浴びて変身した姿。巨体かつ無邪気そうな外見で「ジャネンバ」としか喋れないが、圧倒的なパワーに加え空間を越えるパンチや分身など魔術的な能力を備えており、相手の技を見切る能力に長けている。超サイヤ人3に変身した悟空の渾身の一撃で絶命したかに見えたが、直後に等身大の邪悪な姿に変貌を遂げる。
変身後は粗暴で残虐的な性格になり、最早人語も話さず叫び声や呻き声しか発さない。感情はあるらしく顔をしかめたり、嘲笑などの表情も見せる。
超サイヤ人3の悟空をもってしても歯が立たないほどに戦闘力・能力が共に飛躍的に向上し、自分の体をブロックのように分解し別の場所に再構成して出現する瞬間移動を使って相手を翻弄する。分解した身体を再構成しながら攻撃も可能であり、相手が出現に気がついた瞬間にはもう攻撃されているという状況を生みだせるため圧倒的な主導権を持つ。他にも、ガラスの雨のような光線を放出したり、地面に落ちていた小さな棍棒を遠距離からも切断可能な剣に変えたり、針の山の残骸を伸縮自在な武器に変化させたり、腕を伸ばすなど多彩な技を身に付けていて、これにより悟空たちを圧倒する。
悟空の攻撃をことごとく回避するものの、この技は悟空の使う瞬間移動とは異なり、体の分解途中で気弾による攻撃を受けると気弾の爆発も再構成先にまで伝播し移動先がバレてしまうという弱点があるため、ベジータにその弱点を見抜かれた。また、自身が作り出した結界と同様に罵声を受けると微弱なダメージを受けるという弱点をパイクーハンに利用された。罵倒のほかに、相手の技を読むのに長けてはいるもののコミカルで予測不能な動きをされると対応が鈍るという点も弱点の一つ。ベクウの転倒と共にもんどりうったり、ベクウを追いかけている際にいきなり転ばれ巻き込まれる形で転倒してしまうなどした。
最終的にはパイクーハンの援護によって悟空たちは二度目のフュージョンを成功させ、ゴジータとなったことで形勢逆転。ジャネンバは圧倒され、怒号とともに渾身の一撃を見舞うがゴジータには通じず、輝く球によって浄化され元のサイケ鬼に戻った。
劇場版ドラゴンボール公式サイトの劇場版ドラゴンボールヒストリー(公開終了)では、劇場版シリーズの敵で1番強いのはジャネンバであると記されている[4]。
名前の由来は「邪悪な念波」を縮めたもの[5]。デザインは作画監督の山室直儀。鳥山明に提出した際デザインが良かったため、ほぼそのまま決定しており[6]、鳥山明も、自分がデザインに関わった映画の敵キャラクターの中には気に入っているキャラクターはいないが、東映アニメがデザインしたジャネンバの変身後は気に入っており、カッコ良くて戦闘シーンでの動きが生き生きしていいと語っている[3]。「悪魔っぽいキャラクターで」というオーダーをスタッフから受けデザインされ、鳥山明からチェックが返り実際の変身ジャネンバのデザインが完成したという流れになっており、手足の浮き出た血管のようなものは鳥山のチェックが入る以前に手足にらせん状のツタが絡まったようなデザインだった頃の名残[7]。
『ドラゴンボールヒーローズ』ギャラクシーミッション第4弾では、ベビーと合体したジャネンバベビーが登場。さらに、邪悪龍ミッションでは、バビディに洗脳された破壊王ジャネンバベビーとして登場している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ジャネンバとは?(ドラゴンボールシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

全てを斬り裂く!?『ドラゴンボールZ』最強の剣士、 ジャネンバ の魅力!!
【画像】ジャネンバ(ドラゴンボールシリーズ)
拳や気弾で戦うイメージの強いドラゴンボールのキャラクターですが、探せばトランクス意外にも剣で戦う者はいるんです。ヤジロベーとか、ゴクアとか、勇者タピオンとか……。今回はその中でも、『ドラゴンボールZ』で最も強い剣士だと思われる、 ジャネンバ というキャラクターについて触れていこうと思います。
ジャネンバ は劇場版作品のボスキャラクター
ジャネンバが登場するのは、劇場版作品『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』です。これは、1995年3月4日に公開された映画で、『ドラゴンボールZ』劇場版作品としては第12作目となります。

ドラゴンボールにおける地獄には、地獄に落とされる者の悪の気を集めて浄化するスピリッツロンダリング装置というものが存在しています。ジャネンバとは、装置が満タンになって溢れ出した悪の気を、地獄で働いていた鬼が浴びた結果生まれたキャラクターです。『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』におけるボスキャラクターで、その戦闘力は悟空やベジータを凌駕しています。
変身前は無邪気で可愛い系?
【画像】ジャネンバ(ドラゴンボールシリーズ)
当初のジャネンバは巨体ではありますが、無邪気でマスコットキャラクターのような顔をしています。セリフも「ジャネンバ」を連呼するだけで、どこか可愛げ。それでも、魔法のような技を使い悟空を追い詰めた実力者です。

けれど、超サイヤ人3に変身した悟空には敵わず、敗退――と思わせ、なんとそこから変身するのです。
変身後はスリムでかっこいい剣士タイプへ
【画像】ジャネンバ(ドラゴンボールシリーズ)
変身後のジャネンバのデザインはかなりかっこいいのですが、性格は一変。叫び声を上げ、残忍な笑みを浮かべながら襲い掛かってくる凶暴なモンスターになりました。

彼(?)は落ちていた道具から剣を生み出し、斬撃波を飛ばしまくります。そのエフェクトがまたかっこいいんです。血の池に落ちた悟空に向かって、斬撃波を撃っていくシーンがあるのですが、ここが一番の見所じゃないかなぁと思ってみたり。

血の池は空中に浮かんでいる赤いゼリーみたいな物体なんですけど、それを少しずつカットしていくんです。そのゼリーが削がれていくモーションとSEがなんとも言えず……90年代のアニメですが、作画も凄いんです!
ジャネンバのただの剣士ではない!空間すら操る!
ジャネンバの真に恐ろしいところは、斬撃波を撃ってくるところではありません。斬撃波の切れ味も確かに脅威なんですが、それ以上に厄介なのは空間を操ってくるところなんです。ジャネンバは空間に穴を開け、離れたところを拳などで攻撃できます。部分的な瞬間移動みたいなものです。また、自分の体を分解し別の地点で再構成することも出来ます。これは瞬間移動のようなものです。

この空間技をもっとうまく使われていたら、倒せなかったんじゃないかなあ、と思ってみたり。

強くてかっこいい、空間剣士ジャネンバの魅力。伝わりましたでしょうか。ゼリーのシーンは本当に凄いので、まだ見たことがない方はぜひ一度チェックしてみてください。

他の剣士達もみんなかっこいいので、次の機会にでも紹介していけたらなあと思います。
(C) バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
 >>> ドラゴンボールZ -東映アニメーション-
 >>> 記事提供元:あにぶ

記者(あにぶ公式さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ジャネンバ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ジャネンバについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドラゴンボールシリーズのキャラクター 一覧
160回
159回
158回
157回
156回
155回
154回
153回
152回
151回
150回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!