アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

ガーリックJr.

ガーリックジュニア

ドラゴンボールシリー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

300年前に神の座を争って敗れて封印された、ガーリックの息子で生まれ変わりでもある[3]。神によれば、ガーリックが後継者に選ばれなかったのは、先代の神がガーリックの野望を見抜いていたからで、それを不服としたガーリックは先代の神に反逆するも敗れて封印され、「300年後に必ず復活する」と言い残し、その復讐を息子に託したという。ドラゴンボールによって永遠の命を得た唯一の悪役であり、ガーリック3人衆を率いて父の無念をはらすべく、神に復讐を敢行する。普段は非常に小柄な体格だが、本気を出すことで体の色が変化するとともに、筋骨隆々の姿に変身し、戦闘力が増幅してスピードとパワーがアップする。小柄な形態でさえ神を圧倒する実力を見せ、悟空とピッコロの2人と戦う際は上述のような巨体へと変化した。
神はガーリックJr.と1度戦い、その強さを受けて刺し違えることを決意したが、その直前に悟空とピッコロが現れ、ガーリックJr.は2人と戦うことになる。巨大化したガーリックJr.は悟空たちを圧倒するが、悟空たちが重い道着を脱いだことで形勢を逆転させられると、空間にゆがみを発生させてあらゆるものを吸い込み、一条の光も届かない暗黒の世界の異次元空間「デッドゾーン」を作り出した。悟空たちはそれに吸い込まれそうになるが、眠っていた悟飯が秘められた力を爆発させたことで、ガーリックJr.は自ら作り出したデッドゾーンに吸い込まれていき、永遠の命を得たことを誇りながら闇の世界へと封印されていった。エンディングでは亜空間の破片からもがき苦しむ姿が一瞬だけ映し出されている。
のちに『ドラゴンボールZ』のオリジナルストーリーにて再登場。デッドゾーンの中で永遠に過ごすかと思われたガーリックJr.だったが、魔凶星の接近によって力を得て現実空間に帰還し、再度神の座を得るべく魔族四天王を率いて動き出す。この時、一味全員が地球人ではなく、生まれながらの魔族である魔凶星人だったことが判明した。アクアミストで人間を魔族に変え、世界を魔族の王国にせんと目論むが、悟飯らの活躍によって力の源である魔凶星を破壊されて力を失い、再びデッドゾーンへと吸い込まれて永久に封印されることとなった。なおこのとき父親ガーリックをドラゴンボールで生き返らせようとしていた。
TVアニメ版のガーリックJr.の声優は、神谷明のスケジュールの都合上、本作では部下のニッキーを演じた千葉繁に変更されている[4]。
名の由来はガーリックから[5]。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ガーリックJr.とは?(ドラゴンボールシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

知る人ぞ知る、実は昔から存在していたドラゴンボールの不死身キャラ
【画像】ガーリックJr.(ドラゴンボールシリーズ)
今、ドラゴンボールで不死身のキャラは?と訊ねたら、ザマスと返ってきますよね。『ドラゴンボール超』の“未来”トランクス編にて、超ドラゴンボールの力で不死の身体を手に入れたザマスのことです。

けれど、ドラゴンボールにおける不死身キャラはザマスだけではないのです。
不老不死は悪役達の願望
ドラゴンボールでは時として、フリーザ編のベジータやフリーザにみられるように、悪役の願望として不老不死について描かれています。けれども、当時のベジータ(悪役時代)やフリーザは最後まで不老不死の願いを叶えることが出来ませんでした。

そして原作終了から二十年以上の月日が経過し、ついにザマスが悪役達の願望である不死の身体を手に入れたのです。不老かどうかまではわかりませんが、ザマスは神です。何千年・何万年と生きるでしょうから、どっちにしろ不老不死のようなものです。

ですが、実はアニメオリジナルキャラでずっと昔に不老不死を叶えていた悪役が存在していたのです。
初出は劇場版
【画像】ガーリックJr.(ドラゴンボールシリーズ)
彼の名はガーリックJr.。ドラゴンボールシリーズの劇場版第4弾にして、『ドラゴンボールZ』劇場版第一作目に登場したボスキャラクターです。かつて神の座を争って敗れた魔族の息子で、放送当時神を務めていたナメック星人に報復するべく登場します。彼はZシリーズ最初の映画キャラであるにも関わらず、いきなりドラゴンボールを集めて願いを叶えてしまいます。不老不死の願いをです。

この映画は本編以外で悟空とピッコロが初めて共闘する作品なのですが、相手が不死身であるがゆえに倒し切ることが出来ませんでした。最後はガーリックJr.が使うある技を利用し、異空間に封じ込めました。
ガーリックJr テレビアニメ版にも出ていた
一度は敗退したガーリックJr.でしたが、TVアニメ版ではフリーザ編とセル編の繋きとして、異空間からの脱出を果たした彼の奮闘劇が描かれました。その名も“魔凶星編”。魔凶星という星の力を受け、大幅なパワーアップを果たしたガーリックJr.が悟空不在のZ戦士達を苦しめる!という内容でした。

地球人を魔族に変え、地球を魔族たちの王国に変えてしまおうと目論んだ彼でしたが、悟飯達の活躍により魔凶星は破壊され、再度封じられてしまいます。
超では存在が抹消されている?
劇場版、TVアニメオリジナルストーリーと二回も登場したガーリックJr.でしたが、可哀想なことに知名度があまりありません。劇場版キャラで語られるのは大体、フリーザの兄であるクウラか伝説の超サイヤ人ブロリーです。確かにこの二人は劇場版複数作に登場した人気キャラですが、ガーリックJr.だって二度登場しているんです。なのにどうしてこうなってしまったのでしょう。

ちなみに人気キャラであるクウラですが、『ドラゴンボール超』ではフリーザが復活した際に一切触れられませんでした。劇場版では、実はブルマがタイムマシンを使う話もあるのですが、“未来”トランクス編のやり取りを見ている限りではその事実は抹消されている様子。どうやら『ドラゴンボール超』と劇場版『ドラゴンボールZ』シリーズは別の世界線のお話のようです。とはいえ、ガーリックJr.はTVアニメ版にも登場しているのですが……。

ザマスが初めての不死身キャラ扱いをされている以上、やはり彼の存在もなかったことになっているのでしょう。

そんな不遇すぎる扱いを受けているガーリックJr.ですが、ボスキャラとしては非常に魅力的な性格をしています。戦闘描写一つとっても、『ドラゴンボール超』にはないZシリーズ独特の速さと重さのあるバトルが楽しめます。

彼の存在を知らなかった方は、この機会にぜひともチェックしてみてください。
 >>> 記事提供元:あにぶ

記者(あにぶ公式さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ガーリックJr.についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドラゴンボールシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!