アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

柿原徹也

カキハラテツヤ

声優

0

pt

キャラクター紹介

柿原 徹也(かきはら てつや、1982年12月24日 - )は、日本の男性声優、ナレーター、歌手。2013年7月1日までは81プロデュース所属、2014年7月1日よりZynchro所属。

アミューズメントメディア総合学院声優タレント学科、学習院大学卒業。
デビュー年である2002年から2013年7月1日まで81プロデュースに在籍した後、退所後は一年程フリーで活動。フリー転向から1年ほどたった2014年7月に、個人事務所・株式会社Zynchro(ジンクロ)を設立した(現在は同事務所の取締役兼所属)。
ドイツのデュッセルドルフにて日本人の両親の下、2人兄妹の長男として生まれる[1]。幼稚園の何年かと、小学1年生頃に日本にいたが、それ以外は18歳までドイツに住んでいた。「日本が世界に誇れるアニメ文化に関わる仕事がしたい!」と一念発揮して声優を志し来日[2]、定時制高校を卒業後、学習院大学へ進学する。学生生活と両立させながらアミューズメントメディア総合学院に通い、2003年頃より声優としての活動を開始した。
2007年、第1回声優アワードで新人男優賞を受賞。
2010年、ランティスのKiramuneレーベルで歌手としてデビューを果たした。
2013年7月1日、デビューから長年所属していた81プロデュースから退所し、フリーとなった[3]。
2014年7月1日、フリーになってから1年の節目に個人事務所「株式会社Zynchro(ジンクロ)」を設立、同年7月30日にミニアルバム「ダンディギ・ダン」を発売した。2014年8月時点においては、同事務所の会社としての機能が不完全であるため、別の会社や事務所に一部の業務を委託している。

主に少年や青年役を演じることが多く、熱血ヒーロー役などを得意としている。ドイツ語が話せることから、外国人や通訳のような役柄を演じることもある。特に『魔法少女リリカルなのはA's』では、演じた4役のうち2役がドイツ語で受け答えするアームドデバイスの声であった。近年はコミカルはギャグキャラ・冷酷な悪役・主人公のライバルなど、幅広い脇役も多く演じるようになった。

同大学出身の井上麻里奈は一学年下である[4]。アミューズメントメディア総合学院の同期には門脇舞以、前野智昭、ひとつ上の先輩に同じ事務所に所属していた羽多野渉がいる。また、嵐の相葉雅紀とは生年月日、血液型、イメージカラー(緑)が同じである。
ドイツに住んでいた頃は、皆「てつや」が発音出来なかった為「テトゥーヤ」などと呼ばれていた。パーソナリティを務める『PASH!でDASH! 月曜まで60分』では同じくパーソナリティのナターシャこと甲斐田ゆきに「とまちょふ」というあだ名で呼ばれていた。
ドイツにいた頃も、両親の実家が日本にあるため、たびたび日本に帰国している。その時に日本で漫画を300冊ほど買い集め、船便でドイツにまとめて送っていた。妹の影響で少女漫画も愛読していたなど、子供の頃から日本のアニメや漫画に親しんでいた。それらの漫画はドイツの実家に全て置いてきたとのこと。漫画では『ジョジョの奇妙な冒険』が好きで、自身のブログでたびたび台詞などを使用する。
世界規模の大会で応援する国はサッカーならドイツ、野球なら日本と競技によって分けている。阪神タイガースのファンで同球団に所属していた赤星憲広選手の大ファン。音楽は両親の影響もあり、CHAGE and ASKAの大ファン。
趣味及び特技はバイク、手品、社交ダンス、スノーボードなど。また血液型を覚えるのが得意で、声優業界の人の血液型をほぼ記憶する趣味を持つ。自分の環境を変えるために免許を取り、休日は友人とクルマやバイクでツーリングしてリフレッシュしている[5]。

出典:wikipedia

誕生日:12月24日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
柿原徹也とは?(声優)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

12月24日
まるで乙女ゲーのキャラクター!?声優・柿原徹也さんのすごすぎる経歴
【画像】柿原徹也(声優)
「帰国子女声優」として有名なのが声優・柿原徹也さん。実は、それ以外にも様々な要素から一部のファンから「乙女ゲー(女性向け恋愛シミュレーションゲーム)に登場するキャラクターみたい」などと言われることも多いのです。

一体どういうところが「そう」なのか?柿原さんのプロフィールや経歴をご紹介します。
柿原徹也 さんプロフィール
柿原徹也さんは1982年12月24日生まれの34歳で、声優活動は2002年から始められています。

デビュー当時から2013年6月まで大手声優事務所「81プロデュース」に所属し、約1年のフリー期間を経て2014年7月に個人事務所・株式会社Zynchro(ジンクロ)を設立されました。「Zynchro」とは「Synchro(シンクロ)」をもじった造語で、「世界のあらゆるものとシンクロし、素敵な作品を世に残したい」という思いを込めた社名とご本人がブログで語っています。

2007年に第一回声優アワードで新人男優賞を受賞、2010年からは歌手としての活動も開始されました(キャラクターソング自体は2005年頃から歌っていますが、本人名義での活動は2010年からです)。
一体どこが「乙女ゲー」?
さて、それでは少し柿原徹也さんについて掘り下げていきましょう。

まず、前述しました生年月日。二次元キャラクターにもよくいるクリスマスイブの生まれです。出生地はドイツのデュッセルドルフという町で、18歳までの人生の大半をドイツで過ごされていました(「帰国子女声優」と呼ばれる所以はここですね)。

ドイツで過ごしていた経験から語学も堪能で、日本語・ドイツ語・英語の3ヶ国語が話せるトライリンガルです(以前はこれにラテン語とスペイン語も話せたそうです)。ご本人いわく「ドイツ語は母国語」とのことで、私たちが普通に日本語を話すのと同じ感覚なんだそうです(ちなみに日本語は「第二の母国語」)。

バイク、スノーボード、手品など多趣味な柿原さん。さらに「人の血液型を覚えること」を特技とし、声優業界の人の血液型はほぼ記憶されているんだとか。ちなみにご自身はRh-のAB型で、これは2000人に1人といわれる珍しい血液型なのです。
柿原徹也 さんのまとめ
柿原徹也さんについて色々まとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

一つ一つの要素は「まぁ、あるよね」と言われるようなことですが、ここまで揃うとやはり「実は乙女ゲーのキャラクターなのでは…?」と思ってしまいますね。

そんな柿原さん、来年2月には『柿原徹也 LIVE TOUR 2017 “DRUNKER”』ライブDVDがリリース予定となっています。ファンの方はぜひチェックしてくださいね!
 >>> 記事提供元:あにぶ

記者(あにぶ公式さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


柿原徹也についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>声優のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!