アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

ジャギ

ジャギ

北斗の拳シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

ジャギは、漫画『北斗の拳』『極悪ノ華 北斗の拳ジャギ外伝』に登場する、架空の人物。

ケンシロウの義兄。ラオウ、トキの義弟。リュウケンの養子(『極悪ノ華 北斗の拳ジャギ外伝』での設定)。
身長179cm。体重89kg。スリーサイズ:113・91・105。かつては北斗神拳伝承者候補として、義兄弟らと共にリュウケンの元で修行に励んでいた。修行時代から、劇中における台詞でもある「兄より優れた弟など存在しない」という思い込みから、ケンシロウを自分より下と見て嫌っており、稽古の際に卑怯な手を使って痛めつけることも多かった。実際はケンシロウの実力は既に彼を上回っており、兄のプライドのためにあえて実力差を明示していなかっただけなのだが、リュウケンにその差を指摘されることがあってもジャギはそれを認めようとしなかった。なお、修行時代から既に部下(手下)を従えていた。
北斗神拳の正統伝承者にケンシロウが選ばれた際、己の拳を封じられることへの恐怖[1]と同時に、前述の「兄より優れた弟など存在しない」という信条から受け入れず、兄であるラオウとトキに「伝承者がケンシロウで良いのか」と問うなど、師匠の決定に一切納得しなかった。その後ケンシロウの元へ行き「親父に謝って伝承者を辞退してこい」と迫るが、脅迫じみた行動がケンシロウの怒りを買い殺されそうになる。しかし非情に徹せなかった当時のケンシロウは止めを刺さなかったため、辛くも命を拾い、その場から逃げ出した。
その時にケンシロウに突かれた秘孔の効果により、頭部と顔面が骨格ごと激しく歪み毛髪も一部抜け落ちるなど惨い状態になったため、ボルトなどの金具やチューブで矯正し、ヘルメットを着用して顔を隠すようになった[2]。
劇場版では秘孔の後遺症のためかダース・ベイダーを連想させるような呼吸音が追加された。
ケンシロウに傷を負わされたのは偶然だと思い込んだこと[3]、そして傷自体への恨みと屈辱から、ケンシロウに対して激しい復讐心を抱くようになり、手始めとしてユリアに想いを寄せていたシンを唆し、ケンシロウと敵対させユリアの強奪を始めとする悪事を犯させる[4]。
シンに雪辱したケンシロウが、各地の野盗や軍閥を倒し救世主と崇められているのを知ると、自ら胸に北斗七星を模した7個の傷を刻み、ヘルメットで素顔を隠していることを利用して[5]ケンシロウを騙り、「俺の名を言ってみろ」と繰り返し、民に暴虐を働いてケンシロウの評判を貶めておびき寄せようとした。このために胸に7個の傷のある胸像まで作っている。
ケンシロウへの復讐心から、謀略や虐遇の果てに数多くの人々を苦しめ運命を弄び[6]、ケンシロウの底知れぬ怒りの前に、容赦することなく倒される。金具やチューブがはじけ飛び、脳が露出し、次いで全身が砕け散るという無惨な末路であったが、死に瀕しながらも、ラオウやトキの生存を示した上で、彼らにより地獄行きの旅が始まると言い放ち、最期までケンシロウをあざ笑い続けた。後に、アミバと共に、拳王を名乗っていた義兄ラオウの指揮下にあったことがトキによって明らかにされる。
また、トキの言によるとジャギはケンシロウやラオウと同じくユリアに惚れていたとされているが、原作劇中ではユリアと相対する場面が無いため詳細は不明。一方、『慈母の星』では予知能力を持っているユリアに対し、世話係のサラの父親がいた南斗の寺院が火事に遭ったことを伝えてから、予知能力があるのに防げなかったことを非難した。また、『真・北斗無双』の幻闘編ジャギの章では、リュウケンから北斗寺院にやって来たユリアの護衛を他の兄弟共々命じられた後で「今も昔もあの女は疫病神同然」と不快感を抱き、彼女を暗殺しようとしたサウザーが放った暗殺者を倒した後でユリアを責め、さらに愛を否定する精神からケンシロウ共々「お前らが何もかもめちゃくちゃにしてんだ!兄者達も、シンも、俺達全員を不幸にな!お前らのせいで南斗も北斗も終わりだなおい!」と吐き捨てた。
北斗神拳の真髄である「愛」からもっとも遠い人物であり作品全体を通しても根幹に愛が見られない非常に稀な人物である。『真・北斗無双』の幻闘編では養父であるリュウケン含め「いくら修行して強くなっても誰も自分を愛してくれない」とリュウケンにぶつけリュウケンの「わが子のように思っていた」という嘘から「愛なんてねぇ!どこにもねぇじゃねえか!」と真っ向から愛を否定している。

北斗四兄弟の三男として、長兄のラオウ、次兄のトキ、末弟のケンシロウと共に北斗神拳の伝承者候補だったが、コウリュウの「ラオウ・トキ・ケンシロウの北斗三兄弟」という台詞以降「北斗の兄弟」を語る上で除外されている。これはケンシロウとラオウ・トキ兄弟のいずれもが、仮に別の時代に生まれていたならば、それぞれが北斗神拳の伝承者として恥じない一時代を築くことになったであろう実力を備えていたことから起因する。ジャギは実力はもとより、人格的にも先の3人より大きく遅れを取っていたのが実情である。
ではリュウケンはジャギのような人物をなぜ養子にしたか、という疑問に対しては、週刊少年ジャンプ特別編集の解説書『北斗の拳 SPECIAL』(1986年)で、「破壊者になったのは伝承者争いに敗れたからであり、元々は拳法の才能豊かな人物だった」とフォローしつつも「北斗神拳の伝承者争いには、兄弟間を競い合わせるためにジャギのような毒が必要だったから」と解説されている。
ただし、ジャギに伝承者の資格が全くないかというとそういう訳でもなく、そもそもリュウケンにはジャギ達四人の他にも多くの門人がいた。その内の一人のキムは、明確に北斗神拳の伝承者候補として育てられたが、才能不足を理由に破門されている。しかしジャギがリュウケンから破門された描写はなく、ケンシロウらに劣るとされても伝承者として不足とは評されなかった。回想シーンではケンシロウやリュウケンを前に、自分が北斗神拳の伝承者になれば「北斗神拳はさらに強くなる」と主張している。
ケンシロウに対しては終生嫌悪していたが、トキが伝承者と見込まれていたことに対しては、「ジャギでさえ認めていた」とケンシロウが述べている。
『極悪ノ華 北斗の拳ジャギ外伝』ではこれらとは違った設定が使われている。ジャギは4人の中で最も早くリュウケンの養子となっているが、伝承者候補として認められず、拳法の修行の開始が一番遅かった。これはリュウケンが両親を失い孤児となったジャギを「家族」として迎え入れていたため、ジャギを過酷な修行の果てに兄弟と骨肉の争いを繰り広げなければならない伝承者の道へと引き込むのを嫌ったことと、ジャギの拳才の限界を始めから理解していたためである。しかし父親を尊敬しリュウケンの後を継ぐことを熱望していたジャギは諦めず、ラオウやトキに課された修行を真似て自ら修行をしている内に、リュウケンが折れ伝承者候補となった。
又、「真・北斗無双」では「誰よりも繊細な心、という所に可能性があったから」という理由[7]になっており、ジャギ自体も今まで一度も修行をサボったことがなかったとされている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ジャギとは?(北斗の拳シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

他の3人とは一味違う!?元北斗神拳伝承者候補「ジャギ」の魅力『北斗の拳』
【画像】ジャギ(北斗の拳シリーズ)
 元北斗神拳伝承者候補であり、主人公「ケンシロウ」の兄でもある「ジャギ」。がっちりとした体格にジャケットを羽織り、北斗の拳の敵役らしく肩や腕にはスパイクのついたアーマーを身に着けていますが、一番の特徴で彼の象徴とも言えるのは、やはり頭に被っているヘルメットでしょう。
ケンシロウとの確執
 これは過去にケンシロウから殺されかけた(実際は殺さないようにケンシロウが手加減したのですが)際に出来た傷を隠すためで、素顔は醜く歪んでしまっています。このため、彼の顔はヘルメット越しにしか見えず、他のキャラに比べ、どこか不気味な印象を与えます。作中でもケンシロウへの憎しみは健在で、「おれの名を言ってみろ!」の決め台詞と共に、ケンシロウの名を騙って悪事を働くなど、核戦争による世界崩壊後も彼を執拗に狙います。

 さて、作中の活躍ですが、第25話で初登場して以降、片手で雑魚キャラの首を軽々とへし折ったり、我流の北斗神拳を使いこなしたり、さらには模倣ながら南斗聖拳の技まで披露するなど拳法のレベルも高いです。一方で、ショットガン(撃たずに主に銃身で殴ってましたが)や奇襲用の含み針など平然と武器を使い、シンを唆してケンシロウと戦うように仕向けたり、ヘリポートの燃料タンクから漏れたガソリンに火を点けてケンシロウを焼き殺そうとするなど、とにかく手段を選びません。しかし、そんな彼も悪役の運命には逆らえず、第32話で「ケンシロウ」に次々と繰り出す技を完膚なきまでに叩きのめされ、「ぶは!」という断末魔と共に爆散してしまいます・・・。
悪としての姿
 登場話数からすると決して長くはない「ジャギ」ですが、「ジャギ様」と呼ばれるほどに人気があり、フィギュア等のグッズも販売されています。中には15万円以上もする「ジャギ」仕様のヘルメットまで・・・。根強い人気を誇る「ジャギ」の魅力ですが、まず、それなりの強さを持つにも関わらず、「シン」や「レイ」などの強敵とは違い、とことん悪に徹している事でしょう。

 北斗の拳に登場する拳法家は、基本的に「ケンシロウ」に匹敵する強さを持っており、人格的にもベクトルは違えど印象深く描かれています。対して、雑魚敵は1話限りで「ケンシロウ」に倒されるのが普通。2~3話も生き残れば万々歳という有様です。しかし、「ジャギ」は初登場から悪役としての非道さと拳法家としての強さを見せつけるという、これまでに無かったキャラクターとして描かれています。「主人公の兄弟なのに外道な悪役」というギャップもあり、より悪役としての印象が強められたと言えるでしょう。
にじみ出る人間臭さ
 徹底的な悪としての姿を持つ反面、実は彼の行動や考えはあまり大それているわけではありません。「自分よりも優れた才覚を持つ弟に嫉妬する」、「自分の力を自分の欲望のために利用する」、「勝つためであれば卑怯な手段も厭わない」と、彼の考えは「ケンシロウ」のようなヒロイックさも、「トキ」のような博愛精神も、「ラオウ」のような王者の風格も全くなければ、他の拳法家キャラのように「ケンシロウ」と何らかの形で分かり合うという事もありません。また、「努力や工夫で強敵と渡り合う」といった王道のキャラクターでもないのです。

 さらには、「ジャギは北斗神拳伝承者争いの当て馬にするために伝承者候補にされた」という設定まである始末。そして、(他の兄弟に劣るとはいえ)、子分を引き連れての略奪や弟への復讐など、決して褒められたものではありませんが、逆に人間としてはそこまで不思議ではない、むしろ人間臭い行動とも言えます。「ケンシロウ」「ラオウ」「レイ」「トキ」といった、しっかりとした軸を持つキャラクターの多い『北斗の拳』において、彼の人間臭さは逆に新鮮ささえ感じられます。
想像の余地と共感
 「ジャギ」は、元々放映当初から印象深い悪役として一定の人気はあったようですが、最近はスピンオフ漫画やゲームなどでの出番も多く、原作通りの悪人として描かれる他、悲劇的な設定が語られたり、逆にコメディリリーフになったりと、さらなる幅広い活躍を見せています。

 確かに彼は悪役として描かれていますが、一方で他の単純な悪役と違い、「少し何かが違っていれば、悪の道に進む事も「ケンシロウ」を憎むこともなかったのではないか?」と、どこか想像の余地があるキャラクターでもあり、スピンオフ漫画やゲーム等で一味違ったジャギ像が描かれるようになったのもその現れと言えるでしょう。

 実際、彼は「ラオウ」や「トキ」といった兄たちの実力はきちんと認めており、彼が「ケンシロウ」を憎むようになったのも、「ケンシロウ」が兄たちを差し置いて北斗神拳伝承者として選ばれた事が原因の一つにもなっています。「ジャギ」は、決して分かりやすい魅力を持つキャラクターではありませんが、悪役としての存在感、人間としての泥臭さ、そして「もし何かが違っていれば」という可能性について考えさせられ、悪役ながら、どこか少し共感してしまう・・・そんな魅力を持ったキャラクターではないでしょうか?
(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983

記者(いっち~【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ジャギについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2017/03/31 11:24 ID:0C825BBF ▽コメント返信
自分はバカだからジャギ外伝の極悪の華に登場したアンナのことやジャギ自身の葛藤を知らなければ、ただ単純に卑怯きわまりない嫌な男としか思わなかっただろうな。
いまは嫌いきれない自分に気づいてとまどってしまってるけど。
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>北斗の拳シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!