アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:みゅうさん

桃城武

モモシロタケシ

テニスの王子様シリー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

抜群の身体能力を武器に豪快かつ繊細さを持ち合わせたテニスを得意とする。口癖は「(?しちゃ)いけね?な、いけね?よ」や「ど?ん」。熱血漢であると同時に、上下関係にこだわらない人懐っこい性格の持ち主で、後輩には「桃ちゃん先輩」と呼ばれている(リョーマは「桃先輩」)。手塚も認める「青学一のクセ者」で、乾曰く「誰よりも冷静に周りを見ることの出来る洞察力を持つ」。この洞察力と判断力で菊丸や河村、海堂といった個性豊かな選手とのダブルスで何度となく危機を救った。ただし、自分勝手なプレーが目立つリョーマとのダブルスだけは苦手な様子。手塚とは違った形でリョーマの事を非常に気に掛けており、初対面時から親しげに声を掛け、練習帰りや試合当日に後輩であるリョーマを自転車の後ろに乗せて送迎した事も多い。全国大会決勝時はリョーマが軽井沢から戻れないと知ると、連れ戻して来ると言って試合会場を飛び出そうとし、リョーマの記憶喪失を回復させるために尽力した。テレビアニメ終盤のオリジナルエピソードでは、リョーマのテニスプレイヤーとしての進退に大きな影響を与えるなど、彼との友情を深く描くシーンも多くあった。パワー系の技が多いが、所々にドロップショットを織り交ぜ囮にしたり、「ダンクスマッシュ」と見せ掛けた「ドロップボレー」など、テクニカル面も持ち合わせている。関東氷帝戦では黄金ペアの十八番「オーストラリアン・フォーメーション」、四天宝寺戦では海堂の必殺技である「スネイク」や「トルネードスネイク」なども披露した。全国では、凝視しなければ見つけられない小石に、ボールを当てられるほどのコントロールを身に付け、パワーテニスからテクニックを重視したテニスへと変化を遂げる。更に山ごもりの修行の成果で、天候や人の心理状態を読みとる「読心」を会得し、風の気流を読んでボールの軌道を操ったり、太陽の光や自分の影を使った戦法も身につける。手塚曰く「噴火前の火山」。強い選手と戦えば戦うほど強くなる素質を持ち、ジュニア選抜の千石清純との試合で、痙攣を起こした圧倒的に不利な状況の末にジャックナイフを会得して勝利。また「読心」の天敵とも言える「無心」を持ち合わせる氷帝の天才・忍足侑士との試合では、頭から流血しながらも、それを吹き飛ばすフルパワーでのゴリ押しテニスで忍足を驚愕させ、得意の「ダンクスマッシュ」では「羆落とし」の効果を打ち消し、ガットを突き破るというパワーを見せつける。『新‐』では、U-17日本代表合宿に参加。合宿参加後、初めての入れ替わり戦で中学生から唯一選ばれ、鬼と対戦するがブラックジャックナイフを受け手首を負傷し、1ポイントも取れず敗北。脱落を賭けたタイブレークマッチでは千石と対戦予定だったが、手首の負傷が完治せず棄権。その後、崖の上のコートでの特訓を経て、「革命軍」として2番コートに所属。忍足謙也とダブルスを組み、1軍の平・原ペアと対戦し「ブラックジャックナイフ」を披露と同時に流れを持ち込みそのまま勝利。1軍のNo.19のバッジを取得した。ちなみに焼肉は「タレをジャブジャブつける」派。

出典:wikipedia

誕生日:7月23日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
桃城武とは?(テニスの王子様シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

抜群の身体能力を武器に豪快かつ繊細さを持ち合わせたテニスを得意とする。熱血漢であると同時に、上下関係にこだわらない人懐っこい性格の持ち主。

誕生日

7月23日

性別

特技

テニス/瓦割り(8枚が自己ベスト)

趣味

音楽鑑賞/体感系ゲーム

好きな食べ物

エビカツバーガー/ベリーベリーココパルフェ

声優

小野坂昌也

俳優

加治将樹

星座

獅子座

身長

170 cm

体重

58 kg

血液型

O 型

髪の色

学校・会社

青春学園中等部

職業

中学生

学年

中学2年生
気は優しくて頼れる先輩!風を読む男「桃城武」の魅力!『テニスの王子様』
【画像】桃城武(テニスの王子様シリーズ)
 女性に絶大な人気を誇る『テニスの王子様』。主人公「越前リョーマ」の通う青春学園中等部のテニス部に所属し、高身長でその体格を最大限に使い、力強いテニスをする2年生の先輩、それが「桃城武」です。今回は、チームの仲間だけに限らず、他校の選手にも信頼される彼の魅力についてご紹介します!!
ツンツン頭の頼れる先輩!
 人当たりが良く社交性も備わっている彼は、先輩にも後輩にも好かれている、まさに理想的な人物です。「桃城先輩」とかしこまって呼ばれるのを嫌っており、先輩からは「桃」(ただし堅物の手塚だけは「桃城」と言いますが・・・)、後輩からは「桃ちゃん先輩」と呼ばれています。リョーマですら「桃先輩」と呼んでいるのですから、彼の愛されっぷりは本物ですね!!

 そして、リョーマとよく一緒にいます。桃城は弟妹がいるので、リョーマを年の近い弟の様に思い可愛がっています。リョーマはリョーマで一人っ子なので、桃城を兄の様に慕っているのでしょう。二人を見ていると、まるで本当の兄弟の様な仲の良さなので、とても微笑ましいです。遅刻魔のリョーマの為に、愛用の自転車で家まで迎えに行ったりする事もあります。兄弟の域を超えましたね!もはや彼氏です(笑)。

 口癖は「~いけねぇな。いけねぇよ」が多く、大事なことは2回いうタイプなのでしょうか?また、ダンクスマッシュを決めた後には「どーん!」をよく使います。
同じ学年の海堂とはライバル同士!
 部内で、唯一レギュラーに入っている同じ2年の海堂を常にライバル視しています。お互いに「あいつにだけは負けたくない!」と意地を張ることもしばしば・・・。一度、ダブルスを組んだ事もあります。ライバルとして常に相手の事を見ていたからこそ、お互いのフォームや得意技をコピーする事が出来、対戦相手をかく乱する事にも成功しました。本当は仲が良いはずなのに・・・男の子らしい可愛い意地の張り合いです!(笑)
風を読む男へ成長!
 今までも、試合の流れやボールの軌道などを見極める力を持っていた桃城ですが、全国大会の前には、なんと山で修業をしていました。おかげで、風を感じただけで天気を読んだり、風の強さ・向きなども読むことが出来る様になり、その後の試合ではその力をいかんなく発揮していました。風を読むなんて、彼は仙人にでもなるつもりだったのでしょうか!?

 全国大会後、3年生が引退し桃城は副部長となりテニス部を引っ張っていく存在になりました。ますます頼れるテニス部のお兄ちゃんとして頑張っていってほしいですね。
(C)許斐 剛 TK WORKS/集英社・テレビ東京・NAS

記者(Kiki【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


桃城武についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>テニスの王子様シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!