アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:久子さん

越前リョーマ

エチゼンリョーマ

テニスの王子様シリー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

口癖は「まだまだだね」。アメリカ出身で、アメリカのジュニア大会4連続優勝を経て日本に帰国した。その実力から青学のルーキーとして一躍注目される。目つきが鋭く、物事をストレートに言うため、生意気に見られがちなタイプ。一見クールでともすれば冷たくも見えるが、内面には熱い部分を持っている。アニメでは漫画と比べると、クールな面を残しながらも、全体的に感情表現が豊かになっている。ずば抜けたテニスセンスは、「サムライ南次郎」と呼ばれた父親による毎日の英才教育の賜物。口癖、プレイスタイルは父親と似ており、手塚曰く「サムライ南次郎のコピー」。公式戦はシングルスでの出場が主。ダブルスは性格上不向きであり連携もルールも素人同然で、地区大会初戦で桃城と組んで以降、公式戦に出場していない。最初は父親を倒すためだけにテニスをしていたが、地区大会後にその事を見抜き「目標達成後に何が残るのか?」と心配した手塚に、高架下のコートで野試合を挑まれ惨敗。その際に「青学の柱になれ」と言われ、闘志を燃やす。公式戦において青学は地区大会から全国大会まで団体戦無敗で優勝を果たし、その優勝を全て自身のゲームで決めている。公式戦ではレギュラーメンバーの中で唯一、1度も負けていない。よく他の選手の技を真似したりする(バギーホイップショット、超ライジング、零式ドロップショットなど)。一本足での「スプリット・ステップ」を使える。小手調べや手加減する時、あるいは右利きの選手にツイストサーブを放つ時は右手でラケットを持つ。全国大会決勝直前、修行中の影響で一時的な記憶喪失に陥ったが、決勝当日歴戦のライバル達と試合をしたことで記憶を取り戻した。その後、立海・幸村戦で「天衣無縫の極み」に目覚め、「サムライドライブ」で勝利を決めた。全国大会終了から3日後、再び渡米。3年の卒業式当日に再度来日し、手塚に再戦を申し込み、快諾される。その後また日本を離れ、最終話(中学2年の春)の時点ではアメリカに居る。アニメ版では、関東大会決勝前に真田との野試合で惨敗するというストーリーが加えられている。また、リョーマが全国大会出場に至るまでの流れが原作と異なる。関東大会、日米親善試合の功績を称えて、日本最年少として全米オープンに招待されるが、手塚からの「青学の柱になれ」の言葉や「全国大会前」ということもあり一旦は辞退。手塚に諭され出場を決意し渡米したが、最終的には全米オープンを途中で辞退し、全国大会出場を選んで帰国後、大石にシングルスで勝利しレギュラー入りしたという流れになっている。『新-』では全国大会後の渡米中、U-17日本代表合宿に招待され同年の秋に日本に帰国。脱落を賭けたタイブレークマッチでは、南と対戦の予定だったが金太郎とトイレを探しに行ったきり帰ってこず不戦敗。その最中、練習中の徳川に試合を挑むも完敗。脱落した選手達に合流して三船コーチの元で特訓を受けた。その後、「革命軍」としてコートに復活し、2番コートに編入。1軍入れ替え戦発表後、徳川に練習相手ということで5球乱打から7球乱打、10球乱打をし、徳川の過去を聞いたあと給水中に平等院に襲われるが、リョーガに助けられる。リョーガからは『チビ助』と呼ばれており、兄であると告げられる。ちなみに焼肉は塩派。モデルとなったのは、男子プロテニスプレイヤーの一藤木貴大。

出典:wikipedia

誕生日:12月24日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
越前リョーマとは?(テニスの王子様シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

本作の主人公。1年生。青学のルーキーとして、一躍注目される。アメリカ出身で、アメリカのジュニア大会4連続優勝を経て日本に帰国した。その実力から青学のルーキーとして一躍注目される。目つきが鋭く、物事をストレートに言うため、生意気に見られがちなタイプ。一見クールでともすれば冷たくも見えるが、内面には熱い部分を持っている。

誕生日

12月24日

性別

特技

テニス/動物になつかれる

趣味

全国名湯の入浴剤のお風呂に入る

好きな食べ物

焼き魚/茶碗蒸し/えびせんべい(梅、キムチ味)

声優

皆川純子

俳優

本郷奏多

星座

山羊座

身長

151 cm

体重

40 kg

血液型

O 型

髪の色

アクセサリー

FILAの帽子

学校・会社

青春学園中等部

部活・委員会

図書委員

職業

中学生

学年

中学1年生

父親

越前南次郎

母親

越前倫子

兄弟・姉妹

越前リョーガ

ペット

カルピン
151㎝の超生意気で超可愛いテニスプレイヤー「越前リョーマ」の魅力!『テニスの王子様』
【画像】越前リョーマ(テニスの王子様シリーズ)
 連載10年を越えてなお、絶大な人気を誇る『テニスの王子様』。その中でも、青春学園中等部、通称「青学」のテニス部に入部、1年生ながらにレギュラー入りを果たし、ライバルたちと熾烈な争いを繰り広げている主人公「越前リョーマ」の魅力をお伝えします!!
超生意気な中学一年生!
 体型は151㎝と小柄ながら、小学生の時にアメリカのジュニア大会で、なんと4大会連続で優勝するというとんでもない実績と実力を持っています。「俺より強い奴はいない」と思っているからか、年上相手でも生意気な態度をとってしまう子です。氷帝学園テニス部部長の跡部に対しても「お山の大将」と呼んでみたり、対決をしたがらない相手に対しても「逃げんの?」と言い放ち、相手の神経を逆なでします。

 テニスがしたいが故なのか、もともとそう言う性格なのか・・・。しかし、実力が伴っているので誰も文句が言えないんですよね。もしくは、小っちゃいから皆可愛いと思って見ているだけなのか・・(笑)
口癖は「まだまだだね」
 彼の発する口癖にもその態度が象徴されています。一番の口癖は「まだまだだね」。ちなみに、「無我の境地」という己の限界を超えた領域(読者の間では某玉集め漫画の中の「スーパーサイヤ人」とも言われる)に達したときだけは、「you still have lot's more to work on」と流暢な英語で喋ります。さすが、帰国子女!!なぜ英語になるのかは謎のままですが、きっと無意識に長年使っていた言葉が自然と出てしまっているからでしょう!やっぱり生意気で可愛いです(笑)!
ファンクラブまで出来ている!
 小っちゃいながらも切れ目でイケメンのリョーマですので、そんなリョーマに一目ぼれした同じ一年生の小坂田朋香によってファンクラブが発足されます。原作ではあまり出てきませんが、アニメでは試合の度に朋香と、同じく一年の桜乃で応援しています。

 会員はまだいないのか、朋香によって阻止されているのか・・・、いつも応援は桜乃と二人だけ。たまに五月蠅い時もあります(笑)が、リョーマもまんざらでもない様子なので、実は内心喜んでいるんじゃないかと思います。きっと学年が上がるにつれて、会員数が増えていく事でしょう!氷帝学園の跡部の様に・・・!!


 現在、アニメでも漫画でも高校生相手に物語が展開しています。高校生相手にも臆せず生意気な態度を変えない小っちゃい主人公をこれからも応援していきましょう!!!
(C)許斐 剛 TK WORKS/集英社・テレビ東京・NAS

記者(Kiki【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


越前リョーマについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>テニスの王子様シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!