アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:悟さん

ゲルトルート・バルク...

ゲルトルートバルクホ...

ストライクウィッチー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

年齢18歳、身長162cm、誕生日3月20日。所属 - カールスラント空軍JG52第2飛行隊司令、階級は大尉。固有魔法 - 怪力使用機材 - Fw190D-6プロトタイプ(第1期)→Fw190D-9Ta152(第2期)、Me262v1(第2期第4話)。使用武器はMG42、MG131、MG151/20、パンツァーファウスト、他多数。使い魔はジャーマンポインター。ドイツ空軍のフリーガーブルゼー(飛行兵用ブラウスの意)をモデルにしたと思われる上衣の下に、水色のローレグを穿いている。通称「トゥルーデ」。「ゲルトルート」と呼ばれることも多い。本記事では「トゥルーデ」と表記する。イメージモデル - 旧ドイツ空軍のゲルハルト・バルクホルン(撃墜数301)。ミーナの副官的存在。現実主義者で、自身にも他人にも厳格である。エーリカの戦友でもあり、自身も250機の撃墜を記録している。力持ちでスタミナにも優れており、威力の高い武装を多く使いこなしている。また、ストライカーユニットの助けを借りなくてもその固有魔法による怪力は凄まじく、大の男をたやすくのしてしまったり、地面に埋められた鉄骨を引き抜いてしまうほどである。故郷と妹のクリスをネウロイから守れなかった過去の呵責から、必要以上に自分の命を危険に晒していた。そして、芳佳が部隊にやってくると、芳佳の姿にクリスの面影を重ねてしまい心のバランスを崩したまま戦い、撃墜される。しかし、芳佳が自分を必死に救護したことに感じ、またミーナに「私たちは家族でしょう」と叱責され本来の自分を取り戻す。正反対の性格であるエーリカと行動を共にすることが多く、日常的にだらしないエーリカの世話を焼くのが常になっている。模範的なカールスラント軍人として理性的に行動しようとしているが、本来は熱くなりやすい性格であり、一線を越えるととたんにタガが外れてしまう場合がある。特に妹や、それを思わせる年頃の少女には極端に弱く、それらが絡むといつもと正反対の節操の無い行動に出て、その点をエーリカなどに指摘されると激しく照れて狼狽してしまう。シャーリーとは規律面でよく衝突するが、根本的には似たもの同士で良きライバルである。新基地ではエーリカと相部屋になり、ゴミ屋敷状態のエーリカの領域との境界(通称ジークフリート線)の維持に腐心している。部隊の記録係であり、カメラ等の撮影機器を扱う事が多いが、複雑な機械などの類には疎いようである。車の運転も苦手で、運転はエーリカに任せることが多い。料理は不得手でなく、得意料理はアイスバイン。

出典:wikipedia

誕生日:3月20日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ゲルトルート・バルクホルンとは?(ストライクウィッチーズシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

連合軍第501統合戦闘航空団ストライクウィッチーズのメンバー。カールスラントで3番目に250機撃墜を達成したスーパーエース。妹のクリスを守りきる事ができず、クリスは意識不明の重体になってしまったというトラウマを持つ。

年齢

18 歳

誕生日

3月20日

性別

声優

園崎未恵

身長

162 cm

職業

第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」
妹大好き力持ち!「ゲルトルート・バルクホルン」の魅力に迫る!『ストライクウィッチーズ』
【画像】ゲルトルート・バルクホルン(ストライクウィッチーズシリーズ)
 現在では、歴史上の人物の女体化アニメというのは一つのジャンルとして定着している感がありますが、『ストライクウィッチーズ』はそうした女体化アニメの中でも、比較的現代と近い第二次世界大戦期のエースパイロットの女体化と、実在の戦闘機を脚に装着する「ストライカーユニット」という形で取り入れた着想のおもしろさ、そして硬軟とりまぜたストーリーのおもしろさから爆発的な人気を得ました。

 「ゲルトルート・バルクホルン」は現実世界のドイツにあたる帝政カールスラント所属。人類の敵・ネウロイと戦う第501統合戦闘航空団の副官的立場で「ゲルトルート=Gertrud」の「trud」の部分をとって「トゥルーデ」という愛称で呼ばれています。
堅物軍人
 作中で世界最強の軍事国家であるカールスラント。しかし決してガチガチの堅物ぞろいというわけでもないのですが、バルクホルンはカールスラント軍人の中でも「軍人らしさ」に拘る堅物軍人で、なにかというと「軍規、軍規」と口うるさい大尉さんです。

 わりと自由人が多い501の規律が保たれているのは、そんなバルクホルンのおかげという面もあります。バルクホルンと正反対でだらしがないハルトマンには特に厳しく、軍規から生活態度に至るまで口うるさく注意するバルクホルン。しかし、あまり聞いてもらえないところが不憫です。

 アニメ2期で501がロマーニャ基地に移った時は、掃除が嫌いなハルトマンと同室になったバルクホルン。どんどん増えていくゴミを前に「ジークフリート線」という境界を築きましたがそれもあまり効果はありませんでした。
意地っ張り
 規律に厳しいバルクホルンが口うるさく注意するのはハルトマンだけではありません。しかし、ハルトマンは注意されても「うるさいなー」と言いつつ受け流すタイプ。それに対してシャーリーは口答えしてくるので何かと対立しています。その対立が時にはジャガイモの取り合いに発展することも。とはいえ、対立しながらも案外仲がいい部分もあるのでわりとお似合いのカップルのようにも見られています。
シスコンお姉ちゃん
 主人公・宮藤芳佳が501に配属になった当初、バルクホルンは口数が少なく、自暴自棄で無茶な戦闘をおこなっていました。それは、カールスラントへのネウロイ侵攻時に、最愛の妹・クリスを守れず重傷を負って意識不明のままでいることへの自責の念からでした。

 しかし、ネウロイとの戦闘で撃墜されたときに芳佳の治癒魔法で治してもらったこと、そしてクリスの意識が戻ったことから少しずつ心を開いていきます。心を開いたのはよかったのですが、今度は妹の面影と重なるところがある芳佳のことも妹のように思うことに。芳佳に対してなにかと世話を焼く「シスコンお姉ちゃん」の面が強くなってしまいました。

 ちなみにドラマCDで語られたところによると、ルッキーニは妹としてはおてんば過ぎ、サーニャは妹としてはおとなしすぎ、妹としては芳佳が一番ちょうどよいとのことです。
がんばれお姉ちゃん
 元部下だったハルトマンやマルセイユには舐められがちなバルクホルン。勝負バカのマルセイユはともかく、ハルトマンは妹に甘々なバルクホルンの優しさを見抜いて甘えているようなところもあります。そんな妹好きを忘れずに、これからも芳佳たちを甘やかしてあげてくださいね。そんなバルクホルンが大好きです。
(C)2014 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団

記者(玄Kuro【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ゲルトルート・バルクホルンについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/03/20 10:47 ID:289AB319 ▽コメント返信
お誕生日おめでとうございます!
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ストライクウィッチーズシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!