アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:junsukaさん

ペリーヌ・クロステル...

ペリーヌクロステルマ...

ストライクウィッチー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

年齢15歳、身長152cm、誕生日2月28日。所属 - 自由ガリア空軍第602飛行隊、階級は中尉。固有魔法 - 雷撃使用機材 - VG.39(第1期)→VG.39bis(第2期)。使用武器はレイピア、ブレン軽機関銃Mk.I。使い魔はシャルトリュー。穿いているものは黒のストッキング。通称「クロステル」、「ブループルミエ(青の一番)」。「ペリーヌ」と呼ばれることが多い。本記事でも「ペリーヌ」と表記する。イメージモデル - 自由フランス空軍のフランス人トップエースピエール・クロステルマン(撃墜数33)。ガリアはパ・ド・カレーの貴族の子女で、家族と故郷をネウロイとの戦いで無くし、ブリタニアに渡って自由ガリア軍に志願してウィッチとなった。非常にプライドが高い上、自分より能力で劣る者にきつく当たることが多いが、自らの使命のために虚勢を張っている節もある。また金髪で眼鏡をかけており、エイラからは「ツンツンメガネ」と呼ばれている。胸は小さく、芳佳には勝っているもののいい勝負であり、本人としてはかなりコンプレックスを感じているらしい。美緒の人柄に心酔しており、当初、彼女と親しげな新人の芳佳を「豆狸」と呼ぶなど目の敵にしていた。しかし、トゥルーデに関わる戦いの中でミスをしてしまい、その結果芳佳に助けられることとなったため、その時からは芳佳の能力を認めるようになった。戦闘では協調性を欠き、衣装も支給の軍服でなく自己調達である。しかし、故国ガリアを取り戻すことに強いノブレス・オブリージュ(高貴な義務)を感じており、ウィッチとしての誇りは人一倍強い。ガリア解放後もその気持ちは変わっておらず、アニメ第2期中では給料、貯金の全てをガリア復興財団に寄付しているとの描写がある。第1期のラストで故国の解放を成し遂げた彼女は、リーネと共に荒廃した国土の復興に力を振るう。そして、ロマーニャの異変に呼応して美緒の元に馳せ参じた。第2期においては、故国を取り戻したことにより精神的に余裕が生まれたのか、口の悪さは相変わらずながらもリーネや芳佳への気遣いが見られるようになった。また、以前はやや険悪な雰囲気すらあったエイラ、サーニャ、ルッキーニ、シャーリーとも関係の改善が見られ、部隊の仲間とより溶け込みつつある。固有魔法は雷撃系で、戦闘時には一定の範囲内にいる標的に雷で攻撃することができる。また、そのエネルギーを掌に集中させることにより高威力で放電し、分厚い装甲板をも切り裂くことが可能である。しかし使用した後は静電気で髪の毛などが逆立つため本人はあまり使いたがらない。この技を使う時彼女は「トネール」と叫ぶがこれはガリア語(現実世界でのフランス語)でいう「雷鳴」(tonnerre)であり、また「畜生!」「この野郎!」という意味のスラングでもある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ペリーヌ・クロステルマンとは?(ストライクウィッチーズシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

連合軍第501統合戦闘航空団ストライクウィッチーズのメンバー。幼少時からウィッチとしての素養が高かったため、軍に志願する前から訓練を受けていた。そのため実家の生業だった魔法医を継げなかったことを後悔している。

年齢

15 歳

性別

声優

沢城みゆき

身長

152 cm

職業

第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」

役職

中尉
高貴なるブルー・プルミエ「ペリーヌ・クロステルマン」の魅力とは?『ストライクウィッチーズ』
【画像】ペリーヌ・クロステルマン(ストライクウィッチーズシリーズ)
 第二次世界大戦時の戦闘機をモデルとした飛行機械・ストライカーユニットを駆り、人類の敵・ネウロイと戦う、パンツに見えるけどパンツじゃないから恥ずかしくない少女たちを描いた『ストライクウィッチーズ』。単なる「萌えアニメ」にとどまらない熱いドラマを見せてくれました。「ペリーヌ・クロステルマン」は、この世界のフランスにあたるガリア出身のウィッチです。
ノーブレスオブリージュ
 ペリーヌはガリア北東部のパ・ド・カレーを領地に持つ貴族のお姫様です。自分より後輩に当たる宮藤芳佳やアメリー・プランシャールには、多少上から目線になることもありますが、彼女にとっての「貴族らしさ」とは尊大な態度ではなく「ノーブレスオブリージュ=高貴な地位に応じた義務」を果たすことです。

 ガリアがネウロイに占領された後、ペリーヌはブリタニアにあったガリア亡命政府の自由ガリア空軍に志願します。それも貴族としての義務を果たすためでした。自らが所属する第501統合戦闘航空団の活躍によりガリアが解放された後も、ガリアの復興に尽くし、クロステルマン家の城は戦災孤児のために解放して学校にするなど、常に民に尽くすということを意識している、現実にはありえないような理想的な貴族です。
ガリア最高のウィッチ
 ペリーヌは自由ガリア空軍に志願したものの、与えられるのは前線から遠く離れた田舎の基地の哨戒任務ばかり。そんな状況に不満を漏らしつつも、航空ウィッチとしてたゆまぬ努力を続け、ついには「ブループルミエ=青の一番」という称号を得るまでになりました。しかし、義務感が空回りして余裕がなかったペリーヌは、後方勤務で緊張をなくした基地の中では、クロステルマン家の領地の農家出身でペリーヌに憧れるアメリー以外の隊員からはうとまれるだけ・・・。

 そんなペリーヌに転機が訪れたのは、ブリタニア防衛のためのエリート部隊設立のために隊員スカウトをしていた坂本美緒大尉(当時)が基地を訪れたときでした。
坂本少佐への密かな想い
 亡命貴族である自分に対し、ネウロイには占領されず国を保っている扶桑皇国から来た坂本は、この切迫した状況に呑気に地方の基地をめぐる人物に思えたため、ペリーヌは反発します。演習で何度も負けた後に、その精神力と技術を買われスカウトされたペリーヌは、その部隊がガリア奪還を目指すものだと聞いて設立メンバーとして参加しました。

 第501統合戦闘航空団結成後しばらく経ち、芳佳が配属されたころにはペリーヌはすっかり坂本少佐にデレていました。しかし、それは胸に秘めた想いであり、それゆえに坂本少佐にスカウトされて連れてこられた芳佳が、少佐にかわいがられているのが悔しく、芳佳に対して強い態度で接してしまったこともあります。

 それでも自分の分はわきまえていて、ネウロイとの最終決戦後空中で坂本少佐を支えていたペリーヌは、迎えに来たミーナ隊長にその役割を素直に譲っています。
貴重なメガネ枠
 アニメ化された中で登場したペリーヌ以外のメガネのウィッチといえば、カールスラントのナイトウィッチ・ハイデマリー・W・シュナウファー、エーリカの妹のウルスラ・ハルトマンぐらい。つまりペリーヌはウィッチの中では非常に貴重なメガネキャラで、そのツンデレぶりとあいまってメガネ属性にはたまらないキャラなのです。
(C)2014 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団

記者(玄Kuro【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ペリーヌ・クロステルマンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ストライクウィッチーズシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!