アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

赤羽業

アカバネカルマ

暗殺教室

0

pt

作品紹介

作風としては『魔人探偵脳噛ネウロ』の系統を継承した少年漫画。テーマが「暗殺」と「主人公たちの担任教師を殺すこと」であり、他の漫画とは一風変わったコメディ漫画でもある。
話数カウントは「第○話」で、サブタイトルは毎回「○○の時間」となっている。ただし、同名サブタイトルの場合は「○○の時間・○時間目」となったり、「の」が語法上ないこともある。
松井によると「この作品の着想は、第1話2〜3ページ目の“生徒が一斉に先生に銃を突きつけるシーン”が思い浮かんだことから」だという。思い浮かんだ後は、そのシーンが成り立つための世界設定やキャラクターを当てはめていった。「離れ校舎のE組」という設定も、「前述のシーンが周囲の目などがある大きな校舎の中では成立しづらいので、『周囲の目がない離れ的な校舎が望ましい、それに合った設定は…』という流れで考えて自然に決まっていった」などと語っている[1]。
2012年11月2日には単行本1巻が発売され、それを記念して同日から56時間の殺せんせーによるジャンプ公式サイトのジャックが行われた[2]。また、テレビ東京系の集英社ジャンプ系列誌の情報番組『サキよみ ジャンBANG!』2012年11月9日放送分の「今週のテーマ」で取り上げられ[3]、登場キャラクターの殺せんせーの「食」をテーマに、世界の珍しい料理の紹介や作中で出てきた食べ物に関するゲームについて放送された[4]。
各単行本には、何らかのおまけが描かれており本編の補足や登場人物の詳細が描かれている。
2013年7月にアニメ化が発表され、「ジャンプスーパーアニメツアー2013」にて上映された[5]。
2014年6月には『COMIC NEWS no.189』(2014年7月号、集英社)にて、2015年のフジテレビによるテレビアニメ化と実写映画化が発表されている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


赤羽業についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>暗殺教室のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!