アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

明神弥彦

ミョウジンヤヒコ

るろうに剣心-明治剣...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 冨永みーな / 高山みなみ
演 - 田中偉登(第1作)、大八木凱斗(京都大火編 / 伝説の最期編)
身長128cm、体重23kg。1868年(明治元年)8月生まれ。血液型B。初登場時10歳。
東京府士族の少年。明治維新の混乱によって孤児となった。30石2人扶持の下級武士だった父は彰義隊に加わって戦死、母は彼を育てるために遊郭で働き病死した。ヤクザに拾われ、スリとして働かされていたが、剣心達と出会ってヤクザと離反。神谷活心流を学び剣心達とともに戦うたび、幼いながらも常人離れした精神力・身体能力、剣才を発揮し成長していく。
ヤクザの一件から、剣心の計らいで神谷道場に入門させられる。当初は薫と言い争いが絶えなかったものの、薫が菱卍愚連隊の隊員2人を一撃で圧倒したところを目の当たりにしたことで考えを改め、その一件後に正式に門下生宣言をして鍛錬に取り組むようになる。
プライドが高く一本気な性格で、子供扱いされることを嫌う。敵味方を始め年長者に対しても物怖じしない発言をする(というよりも、誰に対しても敬語で話さない)ため、周囲からは生意気と取られている。早く一人前の男になりたいと強く願い、そのためには血の滲むような努力も厭わず、自分より力量が上の相手に対しても弱者を守るために立ち向かっていく勇気を持っている。作中では斎藤と直接交渉を行ったこともあり、蒼紫や斎藤も彼に一目置いている。本人は不本意ながらも、スリのセンスはあり、それが味方の危機を救うこともある。
後に塚山由太郎と共に神谷活心流道場師範代を務め、「白刃取り千本制覇」「東日本でも五指に入る腕前」と称されるまでに成長(本人は日本二と自称。日本一は剣心)し、剣心からは逆刃刀と彼の信念「不殺」を、左之助からは彼の生き様「悪一文字」をそれぞれ受け継ぐ。後に三条燕(後述)と結婚。
OVA『星霜編』で描かれたその十数年後の世界では、剣心への反発から家を出た剣路に本当の強さが何たるかを教えるため、逆刃刀をもって剣路と対決する。戦いの後、自身が剣心から元服の祝いとして逆刃刀を託されたように、遅くなった元服の祝いとして逆刃刀を剣路に託す。その戦いを見て比古は、「奴(剣心)は剣術の理をも変えてしまったようだな」と呟いた。
名前は越後一の宮「弥彦神社」(新潟県弥彦村)に由来。モチーフとしては、作者が中学時代に剣道部に居た頃の気持ち(疎外感)が反映されている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
明神弥彦とは?(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

明治維新の動乱で没落士族から孤児になり、ヤクザに拾われてスリをしていたが、神谷道場で、薫や剣心達と出会いヤクザ家業を脱した。神谷活心流を学びながら、剣心達とともに戦って、剣の道に目覚めた剣才溢れる少年剣士。

年齢

10~15 歳

性別

声優

冨永みーな/高山みなみ

俳優

田中偉登/大八木凱斗

星座

獅子座

身長

128 cm

体重

23 kg

血液型

B 型

髪の色

髪型

ざん切り頭

学校・会社

神谷活心流道場

職業

弟子

配偶者

かつての士族の誇りを胸に戦う「明神弥彦」の魅力とは?『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』
【画像】明神弥彦(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
 両親は東京府の士族でしたが、幼くして両親を亡くしてヤクザに拾われ、そこでスリなどの悪事を働かされていました。しかし、士族としての誇りは常に胸に持っており、剣心との出会いによりヤクザとの決別を決意した弥彦。単身乗り込んでいきますが、自身ではどうにもならなかった所を、剣心の助けで無事に縁を切ることに成功します。

 初めは剣心に教えてもらいたいと懇願しますが、剣心からは「弥彦は神谷活心流で強くなるでござるよ」のひと言で、渋々神谷活心流へ入門することになります。物語を通して劇的に成長する弥彦には感心させられるばかり。今回は、そんな「明神弥彦」の魅力を追ってみたいと思います。
強くなりたいという意志
 初めは「自分の力ではどうにもならない」と非力さを痛感させられますが、神谷活心流道場での稽古に明け暮れていく中で、少しづつその才能は開花していきます。その根本には「強くなりたい」という意志があり、ここぞという時には一流の相手を前にしてもしっかりと勝利を収めています。

 しかし、剣心の横に並んで戦える強さこそ本当の強さだと思っており、そうした気持ちが先行してしまうことから、師匠である薫からは「焦る必要はない」と諭されています。(その時薫は、十歳としては日本一強いかも知れないと評価)
意外と役に立つ?スリの技術
 敵の武器が邪魔な時や、相手の決め手となるものを奪うとき、かつてのスリの技術が威力を発揮する場面があります。「なんだかんだで、スリの技は結構役に立ちやがる」などと言っています。要は使いようということでしょうが、人生何がどこで役に立つかわからないという良い教訓・・・なのでしょうか。まぁスリはダメですが。
逆刃刀を受け継ぐ後継者として
 成長した弥彦は、ある日道場で剣心に呼び出されます。その日は弥彦が十五歳になる誕生日で、元服という旧来の成人を意味する年でもありました。そこで剣心は、「お前の剣に魂があるか確かめる」といい、弥彦と一本勝負を交わします。しかし、弥彦は力及ばず惜敗・・・。成長した弥彦も「やっぱ、まだかなわねぇか」と。

 しかし、剣心は弥彦の剣にその意志を確認し、それまで携えてきた逆刃刀を託すことになります(ちなみにこの時点で弥彦の実力は、東日本で五指に入る腕前だと評されています)。

 逆刃刀を託された弥彦は、そのまま道場を後にして全国を転々とする旅に出ます(あくまで拠点は神谷道場のようですが)。その後の物語でも、弥彦は逆刃刀を使い、かつて剣心がそうしたように人々を助ける旅を続けるのでしょう。そんな成長した「明神弥彦」の魅力たっぷりの活躍を期待せずにはいられません。
(C)和月伸宏/集英社・フジテレビ・アニプレックス

記者(もんきち【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


明神弥彦についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-のキャラクター 一覧
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!