アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

相楽左之助

サガラサノスケ

るろうに剣心-明治剣...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

相楽左之助(さがら さのすけ)は、和月伸宏著作の少年漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場する架空の人物。
声優は上田祐司(現・うえだゆうじ)[1]、幼少時は渕崎ゆり子。ドラマCDでは関智一、幼少時は結城比呂が勤めた。実写映画では青木崇高が演じている。

長身で細身の体格。逆毛だった髪型をしており、「トリ頭」と呼ばれることも多いが、左之助自身は「自慢の髪型」と言い、馬鹿にされるのを嫌っている。服の背中に「惡」という文字を入れている(作中は「悪一文字」と呼ばれる)。
性格は直情的な熱血漢。気風のいい兄貴肌の人物で、その性格を慕う舎弟も数多く存在する。後述の理由から明治政府や維新志士を基本的に毛嫌いしている(剣心は特別)。一本調子な面ゆえ、斎藤や恵には馬鹿・阿呆呼ばわりされているが、旧友である月岡津南のテロは失敗すると看破したり、雷十太の真古流の理念も頭から否定する薫とは逆に一定の理解を示しているなど、冷静な一面も見せる。また、喧嘩屋稼業の時代は喧嘩相手について調べ上げてから戦い方を考えるなど(剣心との戦いの際も京都まで出向き、二週間かけて経歴を調べ上げた)、切れ者としての描写も多い。
人にあだ名をよくつける。「ヒゲメガネ」(浦村署長)・「エセ恵比寿」(比留間喜兵衛)・「ブタ饅頭」(谷)・「エムっ禿げ」(不動沢)・「デコっ禿げ」(川路利良)・「半デコ」(右喜)・「ホウキ頭」(沢下条張)など。
アニメ版では蒸気機関車や写真が苦手で、横浜に行くときは「湯気で動く訳がなく、狐か狸にだまされている」と言っていた(写真が嫌いなのは「あれは人間の魂を吸い取るもの」と信じていたため)[2]。しかし、劇場版では蒸気機関車にはしゃいでいる。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
相楽左之助とは?(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

赤報隊一番隊準隊士から落ちぶれて、町で喧嘩屋をしていたが自慢の斬馬刀を用いて、剣心と出会い勝負に負けて仲間になる。激情家で、頑丈な体躯と石頭をフル活用し、大男さえ吹き飛してしまう怪力の持ち主。

年齢

19~24 歳

性別

通り名

喧嘩屋斬左

特技

長距離走

趣味

昼寝

好きな食べ物

焼き魚

声優

上田祐司/渕崎ゆり子

俳優

青木宗高/関智一/結城比呂

星座

魚座

身長

179 cm

体重

71 kg

血液型

B 型

髪の色

髪型

ざん切り頭

アクセサリー

赤いハチマキ

職業

喧嘩屋

父親

上下ェ門

母親

菜々芽

兄弟・姉妹

右喜/央太(妹・弟)
打たれ強さは作品随一!悪一文字を背負う男「相楽左之助」の魅力とは?『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』
【画像】相楽左之助(るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-)
 「相楽左之助」は、東京では知らない者はいないと言われた喧嘩屋で、依頼された喧嘩は面白いかどうかという一点で、決めてきたといいます。そして、剣心に出会うまで負け知らずという実績もありました。その相棒とも言うべき武器は、戦国時代の骨董品「斬馬刀」です。本人曰く、全然手入れが行き届いていないから斬ることはできないが、なぎ払ったり叩き潰したりできるといっています。が、並大抵の力では振り回すことなどできません。それをいとも簡単に振り回せる怪力がスゴイ。

 そして、彼の一番のウリはなんといっても打たれ強さで、一撃必殺の剣心の技をまともに受けても倒れないほど。その心のうちには、絶対に負けない、何者にも屈しないという強い意志が現れています。今回は、そんな「相楽左之助」の魅力に迫っていきたいと思います。
剣心との出会い
 剣心と出会いその勝負の中で、左之助は自身が喧嘩に任せて実は何もしてこなかったのだと思い知らされます。形だけの明治維新は終わりましたが、その裏でまだまだ苦しんでいる人達がいると諭され、初めて完敗を認めます。その後は剣心の友人として、様々な事件で剣心と共に戦うことに。

 剣心が京都に行くときに置いて行かれたことを、足手まといにされたと受け止め、現地で再開した時には剣心にキツい一発でお返しします。共に戦う中で、改めて頼りになる男だと、共に戦う友として剣心に認識させることになるのです。
食い逃げの常習犯!?
 牛鍋屋「赤べこ」の常連客ではあるが、お勘定を払ったことは一度もなく、店主の妙さんも店を出て行ってからお勘定をもらっていないとポツリいうだけ。次の来店でも特に何か言うところを見たことがありません。顔が通っているということもありますが、本人はツケだと一点張り。そんな豪放磊落な性格を慕ってか、何人かの子分を引き連れて生活しています。
理想に散った恩人を想う
 左之助は元赤報隊の準隊士で、隊長である相良総三を慕っていました。そして「平等な世の中になったら自分の姓を相良にしたい」と隊長に告げます。幕末の混乱の中で、偽官軍の汚名を着せられた赤報隊は瓦解してしまいますが、準大使であった左之助は、最後の出頭に同行できなかったため、隊長の最後を無残な形で見届けることになり、明治になった今でも新政府を強く憎むように。そしてそれ以上に、大切な人の力になれなかった自分が許せないと、強くなりたい想いが増し、喧嘩の日々に明け暮れていくことになります。
悪一文字を背負って
 左之助は、権力を傘にしてやりたいようにしている連中が許せません。そのため、例えどのような仕打ちを受けようとも曲げることなく、汚い権力に立ち向かっていくその姿には、彼の信念の強さがうかがえます。「本当の悪一文字はお主のような輩が背負うべき」と剣心も漏らしたほど、その頃の政界には汚職が蔓延していましたが、左之助自身はトレードマークのような愛着があるようで、今更外す気はないようです。

 左之助も、剣心と同じく強い信念の下で生きている人間ですが、時にその奔放な行動のために厄介払いのような扱いを受けることもあります。しかし、左之助の持つ強い意志と絶対に己を曲げない強い心には、学ぶべきところもたくさんあると思います。まだ観た事の無いという方は、ぜひ一度ご覧になってみて下さい。
(C)和月伸宏/集英社・フジテレビ・アニプレックス

記者(もんきち【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


相楽左之助についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-のキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!