アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

斉藤渚

サイトウナギサ

侵略!イカ娘シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 榎あづさ(旧・片岡あづさ)
アルバイト店員の高校生。サーフィンが趣味で、元々は仕事ついでにサーフィンがしたいという理由で「れもん」でのバイトを志望した。給仕担当。
たけるの担任教師の愛子の妹。
イカ娘を初対面の時から「明らかに人間ではない」と認識するや非常に狼狽し、「危険な能力を持つ侵略者」と認識して恐怖に陥り、以後作中で、唯一イカ娘のことを脅威を感じて恐れている。
さらにはイカ娘を警戒して、侵略を阻止すべく「人類のため」にバイトを続けている。
しかしイカ娘を恐れるあまりその能力や思惑を過大に評価しがちで、かえって侵略行為を期待するかのような思考に至ってしまうこともある。話が進むとなかなか侵略しようとしないイカ娘に対して怒りを覚えて叱咤したり(さすがのイカ娘もこれには恐怖を覚えたのか泣いてしまう)、侵略方法を指南したりとだんだんと立場が逆転しつつある。
イカ娘を恐れる態度は、初めて自分を侵略者として扱ってくれた人間としてイカ娘を大いに喜ばせ、以後侵略者としてのプライドの拠り所となっており、大変気に入られている。
目元がすっきりした美形の女性だが、黒髪で髪型がショートカットのボーイッシュな外見で、時々男性と間違えられる。そのため、女性客が少ない時には男装し、女性客の集客に一役買う事もあったが、その後色々と思うところがあり男装はやめてしまった。
人当たりは柔らかく、温厚で控えめな性格。言葉遣いも丁寧だが、サーフィンを軽んじる発言にはめちゃくちゃ厳しい。
溺れていたところを助けてくれた悟郎に対して恩を返そうとしているが、悟郎からは「これが仕事だから」と遠慮されている。イカ娘に対する態度や恩返しのためにやったことなどが原因で周囲(特に栄子)からは悟郎に恋心を抱いていると誤解されている。
過去に一度原付の免許をとろうとして試験に落ちており、第284話で取得した。
イカ娘が渚に対して持つイメージは「天使」。
イカ娘の呼び方は「イカの人」。また、イカ娘を恐れていないかのようにフレンドリーに振舞うときは「イカ娘先輩」[33]。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
斉藤渚とは?(侵略!イカ娘シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

仕事ついでにサーフィンがしたいという理由で「れもん」でのバイトを志望した。唯一、イカ娘を侵略者として恐れている。温厚かつ控えめで真面目な性格。

性別

趣味

サーフィン

声優

榎あづさ

髪の色

髪型

短髪

学校・会社

海の家れもん

職業

高校生

役職

給仕

兄弟・姉妹

斉藤愛子
「イカちゃんを怖がる役」を与えられた不憫なサーファー「斉藤渚」の魅力『侵略!イカ娘』
【画像】斉藤渚(侵略!イカ娘シリーズ)
 ひたすら夏が続く常夏物語『侵略!イカ娘』。屈託のない無邪気な侵略者「イカちゃん」のかわいらしさで人気作となりました。ギャグアニメなのにほとんどオチがつかないという、不思議でのんきなアニメ。今回ご紹介する「斉藤渚」は、イカちゃんが働く海の家「れもん」に新しく入ったバイトの女の子です。
れもん二大常識人の一人
 誰もが特に気にせずにいた「イカ娘」に対して、初めて人外であると驚いたのが渚です。一応常識人の栄子ですら、イカちゃんをすんなりと受け入れていたのに対し、渚だけは警察に電話しようとするなど、ひとり常識的な行動を取ろうとしました。バイトの初日、自分以外の誰もがイカちゃんに対して違和感を持たない状況で、渚は周囲のおかしさについていけなかったものの、常識人の代表として人類のためにバイトを続けることにします。

 そして、イカちゃんが侵略者であることを知った後、ただ一人ひたすらイカちゃんを警戒し続けます。これが例えば「宇宙からの侵略者にただ一人気づいた人物」を描いた作品なら主人公になれたはずですが、当のイカちゃんが普通に生活しているだけなので渚一人が空回りしてしまうという不憫な状況に・・・。

 ところが、イカちゃんは渚だけが自分を侵略者として怖がってくれていると大喜び。却ってイカちゃんに好かれて渚の空回りは激しくなるばかりなのです。
絶望感に襲われる日々
 過剰にイカちゃんを恐れる渚は、周囲の人々がイカちゃんと親しくしていることが信じられません。サーフィンが趣味である渚は、ある日大波に飲まれて気を失ったところをライフセイバーの悟郎に助けられます。海を守る男である悟郎ならばイカちゃんの危険性をわかってくれると思ったのですが、子供の面倒を見たり時にはライフセイバーの仕事を手伝ってくれるイカちゃんに好意的とわかって落胆・・・。

 イカちゃんに追い掛け回されていることに嫉妬した早苗から、その秘訣を聞かれたときは、イカちゃんの恐ろしさを訴え、分かってもらえたと勘違いした後に、自分からイカちゃんに迫っているところを見て失望。シンディならイカちゃんに対策をとってくれると信じてみたものの、イカスミ攻撃を受けて喜ぶばかりなのでがっかり・・・。こうしてイカちゃんに一人怯える渚の孤独感と絶望感は増すばかりなのです。まさにその姿こそが、彼女の最大の魅力といえるのではないでしょうか。
料理上手?
 れもんの新メニューを決める料理対決をしたときに、渚が試作した野菜スープをイカちゃんから大絶賛されるなど、実は料理上手の一面もあるのかもしれません。ただ、あまりにイカちゃんが褒めるものですから、イカちゃんの専属料理人にされるのではないかという妄想が浮かび、自ら唐辛子を大量投入して味を壊してしまいましたが・・・。
イケメン
 千鶴目当ての男性客が多いレモン。女性客といえばイカちゃん目当ての早苗やシンディ、それにイカちゃんの友達の中学生ぐらいのものです。そこで考えだされたのが渚の男装。

 男装した渚はイケメンで、男性らしくクールに装うためにイカちゃんを怖がらず軽くあしらうようにします。そのおかげで女性客が増えたものの、“イカちゃんの脅威を周囲に伝える”という役割を果たせなくなったというジレンマに悩むことになりました。そして、渚が怖がらないことで、イカちゃんにも渚の男装は不評です。

 渚は、周囲の見本としてイカちゃんを恐れなければならない、という変な使命感から男装をやめてしまいましたが、渚の思いとは裏腹に元のように怖がってくれる渚に戻ったことにイカちゃんが喜んだだけという切ない結果に・・・。
イカちゃんに慣れる日は来るのか?
 イカちゃんを警戒しながら一緒に働く中で、あまりにもイカちゃんが侵略者らしくないものですから、渚は“イカちゃんが侵略者らしいことをすると安心する”という、変な心理状態になってしまいます。しかし、それは徐々にイカちゃんの存在に慣れてきているということかもしれませんね。

 渚には、自分は「イカちゃんを怖がるキャラ」として生み出されたというアイデンティティがあります。が、そろそろ人間とは違う外見をしているという偏見は捨て、イカちゃんが本当に人類征服などできる女の子かどうかをきちんと見極め、もうイカちゃんを受け入れて仲良くすれば良いのでは?・・・なんて思ったり思わなかったり・・・思ったり。
(C)安部真弘(週刊少年チャンピオン)/海の家れもん

記者(玄Kuro【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


斉藤渚についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>侵略!イカ娘シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!