アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

冥王せつな

メイオウセツナ

美少女戦士セーラーム...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

冥王 せつな(めいおう せつな)は、武内直子作の漫画作品『美少女戦士セーラームーン』に登場する架空の人物。
テレビアニメ版での声優は川島千代子。
海外名はTrista(トリスタ)。
初登場は原作ではAct 18「タイムワープ—SAILOR PLUTO」、アニメでは『美少女戦士セーラームーンR』第75話「謎の新戦士 セーラープルート登場」。

セーラープルートに変身する。褐色の肌で、黒に近い深緑色の長髪の一部をお団子にして頭頂部の中央で結っている。マゼンタ色の瞳を持つ、大人で神秘的な雰囲気を纏う女性。
原作では大学生(KO大学理学部1年・基礎物理学科理論物理学専攻)、その後卒業(?)し東京湾天文台(モデルは国立天文台)に勤務、原作16巻以降ではちびうさが通う港区立十番小学校の養護教諭になっている[1]。テレビアニメ版では無限学園大学理学部。
当初第2部・「ブラック・ムーン編」(テレビアニメ版ではR後半にあたる第75話、第82話)に、外部太陽系セーラー戦士としては初めて登場したが、変身後の姿しか表さず、しかも異空間での出会いのみであった。ルナによると、クイーン・セレニティから「時空の扉を永遠に守り続け、その存在を知ることも許されず、誰もその姿を見たことのない孤独な戦士が居る」という話を聞いたという。その後第3部・「デス・バスターズ編」(テレビアニメ版の「S」にあたる)になってから、はるかとみちるのピンチに際し初めて変身前の姿が描かれ(第110話)、全編を通して謎を含む描き方をされる。転成後の土萠ほたるからは、『せつなママ』と呼ばれており、実質的なほたるの保護者であった。
テレビアニメ版第82話で、セーラームーンに対し、「あなたはいつも私をてこずらせてばかり」と意味深な発言をする[2]。
スモール・レディ(ちびうさ)と仲が良く、テレビアニメ版ではちびうさが過去の世界へ逃げた後もルナPボールを介して彼女を励まし続けていた。原作ではいじめっ子にいじめられて城の奥へ逃げ込んだちびうさと出会い、その際彼女にルナPボールをプレゼントしたことが説明されている。原作の第2部でちびうさがブラックレディとなってしまった際、最大の禁忌を破って命を落とす直前にブラックレディに「キスしたり抱きしめたりするだけでなく、遠くから見守る愛もある」と語りかけ、彼女を元の姿に戻すきっかけを作った。ちびうさからは「プー」と呼ばれている。
原作では前の主であるクイーン・セレニティから以下3つの禁忌を直接承っており、特に3番目の時間を停めるべからずは時空の門番の最大の禁忌(タブー)とされている。
時間を移動するべからず
守るべき扉から決して離れるべからず
時間を停めるべからず
孤独な時空の扉の番人としてシルバーミレニアム時代から生き続け、原作第2部終盤で皆を助けるために最大の禁忌を破って死亡し、ネオ・クイーン・セレニティによってせつなに転生して第3部に登場、という解釈が有力である(テレビアニメでは「R」で死なず、聖杯召喚と聖杯を扱うメシア探索のために未来・時空の門からはるか、みちると合流。その後S終盤で結界で覆われた無限学園の中にはるかとみちるを突入させるため、最大の禁忌を破った後に行方不明。第五期序盤で時空にかつてない揺らぎを感じ取れる為に再び出現する)。しかし、原作においても第3部9巻でのセーラーサターンに関する説明の中で、シルバーミレニアム時代の終焉の際にウラヌス、ネプチューンと共に転生したという記述があり、シルバーミレニアム時代から生きていたという記述と矛盾する部分もある。
原作者・武内直子のお気に入りのキャラで、彼女のキング・エンディミオンへの片思いを描きたくて第2部を書いたほど[3]。テレビアニメ版ではその設定は活かされなかったが、ミュージカルなどでは描写されている。

出典:wikipedia

誕生日:10月29日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
冥王せつなとは?(美少女戦士セーラームーンシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

10月29日
美しく孤独な戦士!リケジョ「冥王せつな」の魅力とは?『美少女戦士セ-ラームーン』
【画像】冥王せつな(美少女戦士セーラームーンシリーズ)
 「セーラープルート」に変身する能力を持つ女性「冥王せつな」。マゼンタ色の瞳と深緑色のロングヘアー。どこかミステリアスで神秘的な雰囲気を纏う大人の女性です。今回は、そんな「冥王せつな」の魅力について紹介させていただきます。
セーラープルートの転生した姿
 原作では、「セーラープルート」は2人(といっても同一人物ですが・・・)存在します。1人目は30世紀編でキングエンディミオンに恋心を抱きつつも、未来のクリスタルトーキョーを救うために命を落とした儚い戦士。もう1人は破滅の神を倒す為に転生してきたセーラープルート。こちらはキングエンディミオンへの恋心はとうになくし、己の使命を全うするために戦おうとする凛とした戦士です。どちらも同じプルートですが、少し違うプルート。どうやら「ちびうさ」もそれを感じ取っているようです。同じ人物にも関わらず、作中で印象の変わったとても稀有なキャラクターと言えます。
知的美人なリケジョ
 冥王せつなとして初登場した時の彼女の肩書きは、KO大学理学部の学生で環境の調査をしていました。その後、「ちびうさ」の通う小学校の保健室の先生になったわけですが、その経歴から完璧なる“リケジョ”と言えるでしょう。幼児化した「ほたる」を育てていた時も、せつなが中心となってしつけや教育をおこなっていた事からも、彼女の優秀さが伺えます。しかもその美しさはKO大学NO.1との声もあり、まさに才色兼備。セーラープルートの時も優秀な彼女でしたが、変身していない時でもその優秀さに変わりはないようです。
プルートしか出来ない事
 時空の扉の番人であるプルート。彼女の最大の武器といえば“時間を止める能力”です。この力は、使う事で自分の肉体を滅ぼしてしまうため、安易に使用する事は出来ません。しかし、戦士として正義をつらぬいた彼女は1度この“禁忌の技”を使うのです。そう、プルートの犠牲なしでは、30世紀の地球を救う事はかなわなかったのです。自らの肉体を犠牲にしても他人の為に尽くす。一見すると残酷な使命にも思えますが、真の強さを持った彼女だからこそ出来る技でもあるのです。

 セーラープルートは孤独な番人。他者と関わる事を好ましくないとされてきましたが、ストーリー後半では「セーラーウラヌス」や「セーラーネプチューン」と共に行動する事も多く、寂しげな表情も少なくなっていきました。誰かと関わる事により、人は強くなり成長出来るのでしょう。物憂い感じのするセーラープルートももちろん素敵ですが、人に囲まれて笑ったり振り回されるセーラープルートはもっと素敵だと思いませんか?
(C)Naoko Takeuchi 1991~1999(C)東映・講談社

記者(あきにゃん【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


冥王せつなについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>美少女戦士セーラームーンシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!