アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:sharanさん

ナナリー・ランペルー...

ナナリーランペルージ

コードギアス 反逆の...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ルルーシュの妹であり、本名はナナリー・ヴィ・ブリタニア。栗色のウェーブがかった髪に、藤色の瞳。幼少期に母・マリアンヌの暗殺事件に巻き込まれ、その際に足に銃弾を受け歩行能力を失い、さらに目の前で母を殺された精神的ショックから、目が見えない。しかし真実は、V.V.に犯行を偽装するために目撃者として仕立て上げられたうえ、シャルルのギアスで記憶を書き換えられ視力を封じられていた。聴覚と皮膚感覚は常人より発達しており、スザクを手に触れただけで判別したり、また手を触れるだけで真意も見抜くこともできる。ネコのアーサーの足音を聞いただけで足が悪いことを見抜いたりした。ルルーシュと共に日本へ送られた件、そこでスザクと親しくなった縁から日本人をイレヴンと差別する感情は無い。また、折り鶴の折り方を会得しており、劇中では出会ったばかりのC.C.に教えた他、シャーリーにも教えている。ゼロの正体がルルーシュであることは知らず、顔を合わせたことのあるC.C.が共にクラブハウスで暮らしていることにも気づいていない。中等部だが生徒会の仮メンバーとして高等部の生徒会室によく顔を出していた。ブラックリベリオンの際V.V.の手で拉致され本国に皇女として帰還し、『R2』では自らの意思でエリア11総督に就任。ユーフェミアの遺志を継ぐべく行政特区日本を再建するも黒の騎士団が亡命したことで失敗する。エリア11に総督として赴任する直前に、ルルーシュと会話をした一件以降、兄とスザクに対し疑念を抱くようになる。第二次トウキョウ決戦でフレイヤの爆発に巻き込まれ死んだと思われたが生存しており、シュナイゼルからゼロがルルーシュであったことやギアスのことを知らされた上で、ルルーシュと敵対する。ダモクレスに移ってからはルルーシュの罪を裁くために、フレイヤの発射装置=ダモクレスの鍵を持つ。最終局面において、シャルルのギアスを打ち破って瞼を開きルルーシュと対面し、ルルーシュを止め自身が世界中の敵意と悪意を引き受ける決心を秘めていた。そのためにダモクレスの鍵をルルーシュには渡すまいと抵抗するが、その意志を知ったルルーシュにギアスをかけられ鍵を渡してしまう。その後、公開処刑前のパレードで見せしめにされるが、ゼロに討たれ自らの元に転げ落ちたルルーシュの手を取ったとき、彼の悲壮な覚悟を悟る。涙を浮かべながらルルーシュへの想いを伝え彼の死を看取った。ゼロレクイエム後、ゼロとシュナイゼルを引き連れブリタニア代表として日本の首相となった扇と対面し、握手を交わしている。【ピクチャードラマ・DVD8巻】マリアンヌ暗殺事件以前は、現在のおとなしい性格とは対照的にルルーシュも手を焼くほどのやんちゃな子供だった。【イラストドラマ・R2 DVD9巻】アッシュフォード学園の再建をゼロに付き添って訪れた。またジェレミアが生徒会メンバーに掛けられたシャルルのギアスを解いていたことが判明した。【小説版】戦前、ルルーシュと共に留学生として枢木家の土蔵で暮らしていた。ルルーシュ以外の人間に心を許さず、兄に依存しており、兄が居ないと暴れるなど、心の傷は癒えていなかったが、スザクと接して仲良くなるうちに、少しずつ落ち着きを取り戻した。ゲンブの策謀によって殺されかける(「ザ・スニーカー」収録時には実際にゲンブに襲われ殺されかけるシーンがある)が、スザクによって命を救われる。『R2』ではブリタニアに戻ってから総督就任までの彼女とその周辺についてが描かれ、消息不明だと言われていたルルーシュの身を案じている様子が書かれている。また、その中で過去の出来事から逃げないで、自分の理想のために綺麗なことだけでなく汚いこともやると決意している。総督に就任して行政特区日本の再建失敗に落胆するも、イレヴンの不利益にならない政策を進めようとしたり、また作中で起きた事件で首謀者に対し、あえて敵地に1人残り説得するという大胆な行動にも出ている(この際にはスザク達の介入を防ぐためにアーニャにアヴァロンを撃ちおとすよう指示をしていた)。エリア11を「矯正エリア」から「途上エリア」に昇格させるという実績を残した。生徒会メンバーに会いに行くことは、シャルルの命により禁じられている。【ドラマCD・長編「戻らない 夏の 日」】初対面時にルルーシュに対して暴行を働いたことでスザクに良い感情を抱いていなかった。ゲンブとの政略結婚(ルルーシュの機転によってなくなる)の話を知り逃げてしまったことが、3人の関係に変化を与えるきっかけとなった。【ナイトメア・オブ・ナナリー】この作品の主人公で、神聖ブリタニア帝国第12皇女。ミサイルにより壊滅したシンジュクにいるルルーシュを助けるために、1人でシンジュクに向かう。しかしその惨状に自らの無力さと激しい怒りを感じたとき、ナナリーの前に“魔道器”と呼ばれる「ネモ」が現れる。ネモと契約したナナリーは、「未来線を読むギアス」と、鋼の巨人のような異形のナイトメア・マークネモを与えられる。ネモの姿はナナリーにしか見えない。ナナリーのことを気遣ってくれる親友のアリスとは、戦場で互いの正体を知らぬまま敵対することになる。ホテルジャック事件やサイタマ事変にも参加、ネモと共に理不尽な暴力に立ち向かう。イレギュラーズの猛攻により窮地に陥った所をゼロに救われる。その後、精神世界においてゼロの正体が兄ルルーシュであることを知る。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ナナリー・ランペルージとは?(コードギアス 反逆のルルーシュシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ルルーシュの妹。幼少時に母の暗殺事件に巻き込まれ、その際に歩行能力と視力を失う。常人より感覚に敏感で、足音だけでその人物の身体状態などがわかる。兄を慕う。

性別

声優

名塚佳織

髪の色

髪型

長髪、ウェーブ

父親

シャルル・ジ・ブリタニア

母親

マリアンヌ・ヴィ・ブリタニア

兄弟・姉妹

ルルーシュ・ランペルージ ロロ・ランペルージ
盲目の少女からブリタニア皇帝へ!強さと優しさを併せ持つおちゃめな「ナナリー・ランペルージ」の魅力『コードギアス 反逆のルルーシュ』
 >>> ※韓国語で翻訳された記事はこちらから(한국어로 번역된 기사 )
【画像】ナナリー・ランペルージ(コードギアス 反逆のルルーシュシリーズ)
 『コードギアス 反逆のルルーシュ』主人公の「ルルーシュ・ランペルージ」の妹であり、ルルーシュが戦いに挑む最大の理由である「ナナリー・ランペルージ」。盲目で歩けないというハンデを背負いながら、誰よりも気高く優しいナナリーは、兄からも周りの人たちからも愛され、最終的には世界のトップに立つほどの器の持ち主です。か弱い少女から聡明な女性へと成長するナナリーの魅力、たっぷりとご紹介いたします。
周りも認める相思相愛のシスコンブラコン兄妹!
 ふわふわの長い髪と細く高い声、丁寧な言葉遣い、柔らかな物腰。皇族出身ということもあり、とても女の子らしさあふれるナナリー。とにかく兄ルルーシュから溺愛されています。それはもう、ナナリーを守るためなら大帝国ブリタニアに戦争を挑むほどに(笑)。

 幼い頃、兄妹ふたりで日本にやってきて、頼れる者はお互いだけだったという環境もあるでしょうが、ルルーシュの極度のシスコンは有名です。しかし、それに負けず劣らず、ナナリーのブラコンっぷりもすごいです。「お兄様がいればそれでいい」という願いを持ち、照れることなく大好きですと言えてしまう15歳。OVAの『ナナリー in ワンダーランド』では、自分の結婚相手について、「お兄様を越えてきてくれる人でなければ!」と笑顔で宣言しています。

 あんなに賢くてルックス抜群、若干17歳にして世界を翻弄し頂点に立つようなお兄様を越える人が果たして存在するのかは謎ですが(笑)。とにかく相思相愛の超仲良し兄妹なのです。
兄との対立、信頼、そして・・・
 実はコードギアスのアニメに登場するキャラクターたちの中で、もっとも強い人ではないかと思っています。身体的には、目が見えず足も不自由で車椅子で生活するナナリー。しかし、芯がぶれず人への思いやりに溢れている彼女には、人間的な強さがあります。

 『反逆のルルーシュR2』後半、ゼロがルルーシュだという事実を知ったナナリーは、衝撃を受けると同時に悩みます。なぜ兄がそんなことをしたのか、本当にそうする必要があったのか、他に方法はないのか。ナナリーのすごいところは、「お兄様がそんなことをするはずない!」と現実から目を背けるでもなく、お兄様のすることは全て正しいと受け入れるでもなく、あくまで自分の価値観でルルーシュの行いを否定し、その上でルルーシュの行動には理由があるはずと兄を信じ続けるという真摯な判断です。

 悩んだ結果、彼女は自らの手で兄を止めることを決意します。そこで彼女が選んだ選択は、自らも兄と同じ舞台に立つことでした。同じ罪を背負おうとしたのです。もうお兄様に守られるだけの自分ではない、という意思表示でもあったのでしょう。その選択を下したナナリーを見て、ルルーシュも衝撃を受けます。そして彼は、一世一代の決意をすることになります。この作品の結末には賛否両論あるでしょうが、あのルルーシュの決断は、ナナリーの独り立ちなくしては成立しないと思います。兄と妹の信頼があってこそのゼロ・レクイエムだったのでしょう。
優しいだけじゃない!母譲りのやんちゃな女の子
 本編では優しく強い少女として描かれていますが、ドラマCDなどの番外編では、おちゃめな一面もたくさん見せてくれます。皇族時代にはユーフェミアと3人で仲が良かったようですが、当時から穏やかだったユフィとは対照的なおてんば少女でした。わがままを言ってルルーシュを困らせたり、ユフィの物を欲しいとねだったり。しかし、悪いことをしたときにきちんと謝る率直さは、今にも通じています。

 生徒会メンバーとのエピソードでは、さらっと毒舌を披露していたりと、そのギャップがまた素敵。ルルーシュはどんなスポーツならスザクに勝てるのか?というテーマでのガールズトークでは、まさかのツンデレルルーシュを妄想しているナナリー。ファンにはたまりませんが、ナナリーまでもがルルーシュのツンデレに萌えを感じていたとは意外です(笑)。やはりただの箱入り娘というわけではないようですね。ナナリーさすが!
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Designc2006 CLAMP・ST

記者(おのえ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ナナリー・ランペルージについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>コードギアス 反逆のルルーシュシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!