アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ぴーこさん

ルルーシュ・ランペル...

ルルーシュランペルー...

コードギアス 反逆の...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本名はルルーシュ・ヴィ・ブリタニア(Lelouch vi Britannia)。黒髪と紫の瞳を持つ。神聖ブリタニア帝国の第11皇子・第17皇位継承者として生まれる。【過去の経歴】:幼少時、襲撃で母マリアンヌが死去、妹ナナリーは歩行能力を奪われると共に視力を失った。父であるブリタニア皇帝との謁見で襲撃を防げなかったことを詰ったが、「お前は死んでいる」と逆に罵倒され、人質(外交手段)としてナナリーと共に日本に送られ、日本財界のフィクサー・桐原泰三や最後の首相となった枢木ゲンブに匿われて育つ。そうした幼少期に出逢った枢木ゲンブの息子・枢木スザクと、最初は対立していたが、次第に親友となっていった。だが、間もなく行われたブリタニアの日本侵攻により、公には死亡したとされ、スザクとも生き別れとなる。戦後はアッシュフォード家の庇護の下、ランペルージの姓を名乗って素性を隠し、身体が不自由な妹ナナリーを抱え、身元が発覚して帝国に利用される事への不安に怯える毎日を過ごしていた。アッシュフォード学園に通い、友人たちから親しみを込めて「ルル」と呼ばれ、生徒会副会長を務める。成績優秀ながら授業態度は真面目でなくいつも気付かれないように居眠りし、賭けチェスに興じて憂さ晴らしをしていた。そうした彼自身と彼に与えられた運命そのものが、ブリタニアに対する憎悪と復讐心を育てることになった。【性格】:自尊心が高く、理知的理性的で孤高を求める。元来の性格は正義感が強く実直で、ギアスを獲得する以前から困っている人を見ると放っておけず、渦中に飛び込み救いの手を差し伸べるなど人間的に優しく情に厚い。また、傍観者や差別意識の強い者を激しく憎むなど感情の起伏は激しい。社会のルールや常識には全くとらわれないが、個人的に交わした約束は些細なものでも重んじる。常に己を客観視できる才能を持ち、その脆弱な立場上、実妹ナナリーを除く全ての者に対して“嘘”をつき続け、「ルル」と「ゼロ」という二つの仮面を巧みに使い分ける。「ルル」としては人前で目立つことを避けるため敢えてクールな態度をとったり、キザな二枚目を気取りつつ多分に間の抜けた三枚目を装う。「ゼロ」としては偽悪者、復讐者、反逆者として結果のみを追い求める非情な態度を貫く。目的のため己自身をゼロやルルーシュ皇帝といった「役者」に仕立て上げることに長ける反面、人情と罪悪感に苦しみ、最期の最期まで二律背反な己自身と葛藤し続けた根は不器用で自分自身の感情を素直に表せないもどかしさを常に感じている。そうしたコンプレックスから、スザク、ナナリー、シャーリー、ユーフェミアといった気性が素直で心優しい人間を愛し、大切に想っている。C.Cに対しては自由奔放な彼女に嫌味や皮肉を言う事もあるが決して嫌ってる訳ではなく、いざという時は彼女を思いやる事もある。その悲惨な過去を知ってしまったC.C.と、同じく二重生活者で純血の日本人ではないにも関わらず、多くの日本人の為にその手を汚して戦うカレンに対してひとかたならぬ特別な感情を持っている。かつて親友だったスザクに対しては絶大な信頼を抱いており、また彼とのコンビネーションは阿吽の呼吸でこなせる程に抜群で、大切なナナリーを任せられる存在でもあった。それ故に是が非でも仲間に迎えたいと思っていた。またスザクにはギアスを使いたくないと思っていたが、ブリタニア上部の命令により自身と道連れにさらされた際に、咄嗟に「生きろ」とギアスを掛けてしまい後悔している。敵対しても非情になれず、ユーフェミアの死(後述)を経るまでスザクには最後まで非情になれなかった。(それでも、直接危害を与えようとしたのは否定され感情的に銃を撃った一度のみで、直接な対決や貶める策はすることはなかった。)【得意スキル】:類稀な頭脳を誇り古今東西の戦略に通じる。また、心理戦に長け、人心を巧みに操縦する。ゲーム(特にチェス)を得意とし、戦闘では大胆不敵かつ用意周到な作戦とそれを可能にせしめるギアスを武器に戦う。「戦略が戦術に負けることはない」という持論を持つが、スザク等のエース級パイロットを前にその持論を覆された苦い経験もある。「王が動かなければ部下が付いてこない」、「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」という信念から、黒の騎士団の作戦時には指揮官として振る舞うだけでなく、自ら陣頭に立つことで寄り合い所帯で思想、動機がバラバラの騎士団をまとめあげる。合理的で理性的な相手はチェスでの戦い同様に実戦でもカモにするが、感情に任せた行動を優先する相手には多分に翻弄される。実際の戦術としては、地形を利用して一気に形成を逆転させる手法を得意とし(星刻からルルーシュの得意戦術と評される)、ナリタ連山攻防戦では土石流を、ブラックリベリオンでは租界の基礎ブロックの結合の解除を、第二次トウキョウ決戦では列車へのゲフィオンディスターバーの設置を、最終決戦ではフジサンの爆破により、度々不利な状況を互角以上に持ち込むことに成功している。咄嗟の嘘が得意。窮地に陥ると偽名や偽の素性をまくし立てるなどして取り繕う。また相手の心理や思考を先回りして疑惑の追及をかわすなどの手練手管に長ける。ナイトメアフレームの操縦はよく撃墜される為に苦手とされがちだが、彼自身戦闘訓練を受けていない点や汎用機体である無頼などに対し性能差のある機体の上、エース級のパイロット相手である事を考慮すれば、一般兵よりは出来る方と言える。もとより指揮官であり、ナイトメアフレームの操縦技術を誇るつもりは毛頭なく、紅蓮弐式が供与された際にはエースと認めるカレンに任せる等、分をわきまえる。ただ、前線指揮官という立場上それとわかる指揮機に搭乗して自軍の士気を高める役割を担うが、その分敵の精鋭に狙われやすく被撃墜率も高い。その一方で、ガウェインや蜃気楼など、機体性能が高いもののコントロールが忙しく、未来予測に基く複雑な操作が要求されるKMFの操縦は得意とし、第二次トウキョウ決戦では蜃気楼を乗りこなして4人のラウンズ達の猛攻をしのいだ。ナイトメアフレームの操縦でもそうだが、基本的に機器操作は得意であり、特にタイピングは秀でており 、蜃気楼の武装制御の複雑なデータ入力も素早く入力出来、更にはフレイヤ・エリミネーターではフレイヤの爆発までの19秒間の時間で環境データを打ち込みプログラムを完成させた。本人は嫌がっているが、女装をすれば誰もが絶賛する美女になるので、騎士団の作戦にその手を利用したことがある。また、料理や裁縫などにも腕が立つ。ダンスに関しても様々な踊りを習得している。【苦手スキル】:持久力は低く、ナイトオブセブン歓迎会では走りにくい衣装を纏っていたカレンやミレイ以下の走力であった。想定外(イレギュラー)の事態には弱く、言動が予測できない者や指示に従わない者を苦手としており、その際は非常に狼狽し思考が追いつかなくなっている。スザク、ナナリー、ユーフェミア、C.C.、ミレイといったルルーシュにとって大切な人間ほど彼の予測を裏切ったり突拍子もないことをしでかすため振り回されることが多い。中でもミレイは苦手な人間の筆頭であり(人間的に嫌いな訳ではない)、彼女が考案した突拍子もないイベントには散々振り回されている。ナイトメアフレーム戦では近接による格闘戦は戦略より戦術が物を言わすため苦手であり、大体撃墜される状況はこのような局面の状態だった。冷血漢を装っているが精神面はナイーブで脆い。過去を捨てきれず情にほだされる甘さをC.C.から指摘され、ムキになって否定することで更なる深みへと自分を追い立てていく。眉目秀麗ゆえ学園では1年で100人以上のファンがつくほど女子からの人気は高いが、本人は恋愛には奥手でかなり鈍感。シャーリーにキスされるまで彼女が自分に好意を抱いていたことにも気付いておらず、その死に遭遇して初めて彼女の存在の重みを痛感するなど、相手に対する自分自身の感情ほどよく分かっていない。【行動原理】:マリアンヌの死の真相究明及び父への復讐、ナナリーが安全に過ごせる世界を作り上げる事が彼の根本的な行動原理。特にナナリーの幸福に関しては、ブリタニア打倒の目的とも密接に直結しており、あらゆる事態において最優先に彼女を案じる。このため仲間や部下を手駒のように扱うが、自分自身さえも“キング”という盤上の駒に過ぎないと考えている。戦闘では結果を重視し、基本的に人的損失には冷酷非情だが、苦楽を共にし情を通わせる部下に対してはその限りではない。ただ、目的を優先するために共に死線をくぐり抜けてきた黒の騎士団を見捨てるなど思い切った切り捨ても辞さない。ナナリーが自分の意思でエリア11の総督に就いた時にはこれまでの行動の意義を見失い自暴自棄になったが、自身の戦いがナナリーのためだけにあるのではないことを悟るようになった後は打倒ブリタニアの目的を新たにした。最終局面においてナナリーと敵対した際には、理想の未来の為に敢えて敗者として滅ぶ道を選ぶ。

出典:wikipedia

誕生日:12月5日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ルルーシュ・ランペルージとは?(コードギアス 反逆のルルーシュシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公。容姿端麗。頭脳明晰で非常に優れた才能を有する。幼少時に起きた事が原因で、ブリタニアを強く憎み、異能の力ギアスを手に入れたことにより、ブリタニアに戦いを挑む。

誕生日

12月5日

性別

通り名

ゼロ

特技

チェス

弱点

想定外の事態

声優

福山潤

星座

射手座

身長

178 cm

血液型

A 型

髪の色

学校・会社

アッシュフォード学園

部活・委員会

生徒会

職業

高校生

役職

生徒会長

父親

シャルル・ジ・ブリタニア

母親

マリアンヌ・ヴィ・ブリタニア

兄弟・姉妹

ナナリー・ランペルージ ロロ・ランペルージ
非凡な頭脳の革命者?妹を溺愛する兄?学園の人気者?様々な顔を持つ「ルルーシュ・ランペルージ」の素顔『コードギアス 反逆のルルーシュ』
 >>> ※韓国語で翻訳された記事はこちらから(한국어로 번역된 기사 )
【画像】ルルーシュ・ランペルージ(コードギアス 反逆のルルーシュシリーズ)
 名作と名高い『コードギアス 反逆のルルーシュ』の主人公ルルーシュ・ランペルージ。若干17歳にして世界を翻弄し、支配するにまで至った天才です。しかしその素顔は、不器用で優しい普通の高校生。ギアスという特殊能力でのバトルアニメかと思いきや、ルルーシュの葛藤や人間関係など、生々しく切ないストーリーが魅力の本作。主人公ルルーシュは誰よりも人間臭く、愛すべき少年なのです!!
冷酷なふりをした人情家
 ルルーシュの本質は、自己犠牲を厭わない強さと優しさです。「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」という台詞に表れているように、彼は人から傷つけられることも恨まれることも分かった上で戦いに身を投じています。初めてギアスを使った日から。

 それでもやっぱりルルーシュは非情になりきれない優しい少年です。同級生のシャーリーの父親が、自分の仕掛けた戦いで命を落としたと知って罪悪感に苛まれたり、敵であるスザクを殺すことが出来なかったりと、自分の使命と良心のあいだで苦しみます。その度、本来の目的である「ナナリーを守る」ことを改めて決意し、自分が悪者になることで乗り切っていくのです。

 ユーフェミアとの和解と決別のシーンは、誰もが「なんでそうなるの!!!」と驚愕したに違いありません。ルルーシュ本人も予想出来なかった衝撃的な展開。彼は兄妹であり初恋の人であるユフィにさえも憎まれる覚悟で、革命者・ゼロの仮面を演じきるのです。それでもこらえきれない涙・・・。やはり彼も17歳の普通の少年なんですよね。だからこそ視聴者は、ルルーシュを嫌いにはなれず、むしろ応援してしまうのでしょう。ほんとこの不器用さがたまらなく愛しい・・・!!
立場を超えて信頼しあう仲間たち
 敵からも味方からさえも、憎まれることを覚悟して革命者ゼロに徹するルルーシュですが、彼を嫌いになりきれないのは視聴者だけではありません。どれだけ非情な戦略を企てようとも、残酷な行動をしようとも、彼の指揮する黒の騎士団はゼロを信じ続けます。特に身近にいるカレンや扇は、きっと彼の優しさや、悩み苦しんでいる葛藤を感じているのでしょう。騎士団内でゼロへの不信感が増したときなどは、ゼロの想いや目的を代弁し、フォローします。敵であるはずのスザクでさえ、ルルーシュの行動のささいな矛盾に気付き、憎んでいいのか許せばいいのか悩みます。シャーリーやユーフェミア、ナナリーも、彼の招いた結果を否定しつつも、その行動には理由があるはずと信じているのです。

 この作品の中では、それぞれのキャラが考え方や立場により、敵だったり味方になったりと入れ替わることが多々あります。しかし、一歩戦いを離れれば、家族でありアッシュフォード学園の仲間。そして方法は違えど、みな目指すものは同じ「平和な世界」。根底にある友情や信頼が、ルルーシュを支えているのです。

 ルルーシュの最後の作戦であるゼロ・レクイエムは、この信頼がないと成り立たないものでした。言葉を交わすわけでもなく、行動だけで自らの意思を託したルルーシュ。そしてそれをきちんと受け取るカレンやナナリー。これまでのルルーシュの人柄や考えを知っている人だけが気付く彼の想い。受け取った側はどんな気持ちだったのでしょうか・・・。テレビ画面を越えてこちらにも届くその想いは、本当に切ない。伝説の名シーンです!!
やっぱりギャップ萌え!?モテるのに女子の扱いは下手なへたれくん
 アッシュフォード学園随一のモテ男であるルルーシュ。生徒会副会長という立場にあり、賢く勉強も出来ますがガリ勉という訳ではなく、優しく面倒見も良い。女装をすれば絶賛されるほどの美形で、料理や家事もそつなくこなし、ピアノまで弾けちゃう。ちょっと運動が苦手ではありますがそこがかわいい!ということでとにかくモテます。

 メイドでSPでもある咲世子さんには、相当のチャラ男だと思われているようで、咲世子さんがルルーシュに変装して過ごしたわずかな期間に、100人もの女性とデートの約束をしてしまうほどです。学園内での「帽子を交換した相手と強制的に恋人になれる」というミレイ会長発案のイベントでは、多くの女生徒に狙われ人気っぷりを発揮しています。

 しかし実は恋愛には奥手で不器用。シャーリー、カレン、ユフィ、かぐや、C.Cと多くの女性といい雰囲気になりながら、決定的なことは起こりません。普段は厨二病全開でものすごくプライド高いのに(笑)。そんな誠実でちょっとへたれなところがまた素敵・・・なんて思うのは、惚れた弱みってやつでしょうか(笑)
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Designc2006 CLAMP・ST

記者(おのえ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ルルーシュ・ランペルージについての雑談場(13件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:asad 2014/06/26 21:25 ID:32E43B02 ▽コメント返信
asdqsd
2 名前:名無しさん 2014/06/27 22:26 ID:B9252497 ▽コメント返信
根本就超聰明的啊!!!!
3 名前:名無しさん 2014/06/27 23:33 ID:EE9BDAE9 ▽コメント返信
超策略
4 名前:名無しさん 2014/06/28 02:45 ID:6317090E ▽コメント返信
@@
5 名前:名無しさん 2014/12/11 15:27 ID:20C9BADF ▽コメント返信
この優しい大嘘つきが・・・(T_T)
6 名前:名無しさん 2014/12/11 18:04 ID:4EA45707 ▽コメント返信
ルルーシュの最後はめっちゃ泣いた
7 名前:名無しさん 2014/12/11 20:44 ID:D24737D7 ▽コメント返信
いつまでも大好きだー
8 名前:名無しさん 2014/12/13 18:54 ID:6A834E17 ▽コメント返信
さすがルル
9 名前:名無しさん 2014/12/23 09:42 ID:5F5DC3F8 ▽コメント返信
ルルーシュ、優しい大嘘付き(涙)
最後悲しかった(*_*)
10 名前:名無しさん 2015/01/21 22:36 ID:8DE527A1 ▽コメント返信
很好
11 名前:s 2015/05/21 18:44 ID:B3958694 ▽コメント返信
ロロが死ぬとこ泣けた
あと最終回はやばいわ
12 名前:名無しさん 2016/01/06 18:43 ID:E93EEE15 ▽コメント返信
いまでも最高で最愛の主人公。大好きです。
13 名前:名無しさん 2018/01/10 17:06 ID:CB680DF8 ▽コメント返信
世界一やさしい噓つき、ルルーシュ。
オールハイルルルーシュ!
コメントする
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>コードギアス 反逆のルルーシュシリーズのキャラクター 一覧
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!