アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:Rem37さん

中野梓

ナカノアズサ

けいおん!

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

桜が丘高校在籍、1年2組→2年1組→3年時不明パート:リズムギター、サブコーラス、highschoolではボーカル、リードギター11月11日生まれ(蠍座)。小柄な体格でやや青みがかった黒髪のロングツインテールが特徴。唯たちが桜高軽音部に所属していた時の唯一の後輩。唯たちの1学年下で憂とは同学年。唯たちの卒業後は律の後を継いで部長に就任。highschoolでは主人公。両親がジャズバンドをやっていた影響で小学4年生のときからギターを学んでいるため、入部した時点でも演奏技術は確かなものがあり、専門知識も豊富に持っている。そのため、ジャズ研の純からの評価も高い。新入歓迎ライブを見て感動し、さらに唯の演奏に憧れて入部したが、あまりにも音楽用語などの知識面に弱すぎたので、逆に梓が彼女にそれらを教える立場になっている。そして、だらけがちな軽音部でも真面目にリーダーシップを発揮しようとする澪のことを次第に慕うようになる。唯には「あずにゃん」の愛称で呼ばれているが、本人は「変なあだ名を付けてくる」と言って、その呼ばれ方はあまり気に入っていない様子。また唯には抱きつかれたりして可愛がられており、そのことに困惑する中で唯に対して率直に物を言ったりしているが、彼女が熱を出した時には非常に心配するなど唯を慕う気持ちも全く冷めていない。また唯たちの大学の合格祈願のために、お賽銭千円札を使って心の底から全力で祈っており、先輩想いな一面を見せていた。リードギターを担当することもある。映画?では唯の自身へのあまりの過剰な愛情に畏怖の念すら感じ、それが原因で唯を一時期疎んじていた。入部当初はその生真面目な性格から、部内の緩んだ雰囲気を快く思っておらず、思わず激怒してしまうが、その後も真面目に練習したいという考えは変わらないものの、次第に唯たちと打ち解け、いつしか自身の後輩の新入部員が入部しなくても唯達5人だけでいいと言えるほどに軽音部への愛着を見せるようになる。また唯達の卒業にはその悲しさを吐露したが、直後に唯達の方から梓のために作った曲(テレビシリーズ(A-2.24)、および映画?では「天使にふれたよ!」)の演奏を贈られる。本人はギターにムスタングを使用する理由について「手が小さいので、ネックが細いものを選んだ」としている。また唯が澪のベースに「エリザベス」と名付けた際に、自分のギターをムスタングという機種名から「むったん」と名付けた。真面目でしっかりした性格だが、先輩に対して容赦なく不満を述べたり、いじられたりからかわれたりすると突然激高することも。また唯がそのリアクションを非常に気に入っているため、抱きつかれたり、さまざまな手段でいじられる。音楽に対しては、前述のように唯はじめ先輩らを眩しがらせるほどのひたむきさを持っている。勉強は普段からやっていて、運動も“上” 。非常に日焼けしやすい体質。夏場は日焼け止めを塗ってもすぐ肌が浅黒くなり、その度に周囲に「誰?」と聞かれる。映画?では3学期の期末試験終了後の5連休を使って唯達の卒業旅行に同行し、旅行のスケジュールプランもまとめた。highschoolでは唯たちの卒業後、軽音部の部長を引継ぎ、憂と純が入部するも、さわ子の「4人いなければ廃部」の事実を知り、入部者を集めるべく、新入生歓迎会において弾き語りを行うが、散々な結果に終わり、自らのふがいなさに落ち込んだ。斉藤菫、奥田直が新入部員として軽音部に入り、廃部は免れ新バンド「わかばガールズ」を結成した。また、弾き語りも合宿でさわ子のボイストレーニングを受けて上達し、わかばガールズのボーカルとして活動することになる。当初は「唯先輩達が驚くようなクラブにしてやる」と髪型を澪のマネをするなど意気込んでいたが、後輩たちに正面から向き合うのを忘れてしまい気持ちだけが空回りしており、そのため、唯達がいた頃に比べ、少々コミカルになっている。また、部活で悩んでしまった際、よく唯に相談したりしている。しかし、昨年のライブDVDを見たときの菫と直の反応を見て「自分は何をやっていたんだろう」と感じ、「放課後ティータイムよりもいいバンドを作る」より「わかばガールズの部長として活動する」ことを決意した。

出典:wikipedia

誕生日:11月11日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
中野梓とは?(けいおん!)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

唯たちが桜高軽音部に所属していた時の唯一の後輩。真面目な性格で澪と並び、軽音部の緩い雰囲気を引き締める常識人だが、ややシニカルで毒舌家な面もある。

年齢

15~18 歳

誕生日

11月11日

性別

あだ名

あずにゃん

声優

竹達彩奈

星座

蠍座

身長

150 cm

体重

46 kg

血液型

AB 型

髪の色

髪型

長髪、ツインテール

学校・会社

桜が丘高校

部活・委員会

軽音部

職業

高校生

役職

ギター

学年

高校1年生
彼女が軽音楽部に入るまで-中野梓『けいおん!』
女子高生のゆる~いバンド活動を描いたアニメ「けいおん!」
その中で唯一の後輩キャラであり、作中で猫可愛がりされていたのが中野梓。先輩たちともなじみ、先輩メンバー卒業回では「卒業しないでよ…」と涙まで流す梓。

しかし彼女がここまで来るには、ちょっとした山場があったことを知ると感動も倍増です。
作中では先輩メンバーと仲良くやっているシーンが大半ですが、それとはだいぶ雰囲気が違う入部当初の姿を振り返ってみましょう。
【画像】中野梓(けいおん!)
生真面目な性格ゆえの葛藤
梓の性格はとても真面目。段取りも上手で、ちゃんと予定を立てて動くタイプです。
その性格ゆえに、お茶しておしゃべりばかりしている先輩の姿に、当初は戸惑いを隠せません。

すでにバンドマンとしてのレベルも高かったため、「もっとちゃんとしてるバンドに入ろう!!!」と思い、一度は退部と外部バンドへの加入も考えていた梓。

音楽室をひっそり占領してお茶してるという軽音楽部に対してのそのリアクションは間違ってないんですけどね(笑)
忘れられない新歓ライブでの感動
結局梓は退部を踏みとどまります。
その理由は「新歓ライブの感動が忘れられなかったから」。彼女が軽音楽部に入部したそもそものきっかけはこれなんです。

しかし先輩たちの普段のゆるーいノリとのギャップが飲み込みきれず、感情を抑えきれなくなり泣き出してしまいます。

これも梓の生真面目さがよく表れたエピソード。
梓ほど音楽に詳しいなら引く手は数多です。
「こんな低レベルのバンドでやってられっか!!」とさっさとヨソへ行ってしまえばいい話ですよね。

それでも泣き出すまで悩みに向き合い続ける梓。
猛烈に頭を撫でてあげたくなります。
音を楽しむと書いて「音楽」
感情を抑えきれなくなった梓に、先輩の一人・澪は「このメンバーでバンドするのが好きで、だからいい音になるんだと思う」と声をかけます。

この一言にハッとする梓。
楽しいからやる。この人が好きだから一緒にやる。「音を楽しむ」と書いて音楽。
生真面目さゆえに忘れがちだった音楽の一面を、梓はこの一言で学びます。

ここで初めて「みなさんと一緒にバンドしたいです!」と心が決まった梓。

それ以降、坂道を転げ落ちるように…いえ、いい意味で先輩たちの色に染まり、やがては「軽音楽部はメンバー同士が結束してるから他の人が入りにくい」と言われるくらいに馴染んでいきます。



もし軽音楽部に入らず、入部当初の梓のままだったら…?
想像してみると、梓はきっとこのゆるーい部活を通して何か大事なことを学んだんだなぁ…と感じられますよ。

©かきふらい・芳文社/桜高軽音部
関連リンク
 >>> ただ、可愛いだけなのか、、、?『けいおん!』の面白さはどこに?
記事提供元:あにぶ
 >>> 彼女が軽音楽部に入るまで-中野梓『けいおん!』

記者(あにぶ公式さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



中野梓についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2014/10/22 23:50 ID:DD6B0B93 ▽コメント返信
あずにゃんにゃんにゃん♪
あずにゃんにゃんにゃん♪
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>けいおん!のキャラクター 一覧
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回
177回
176回
175回
174回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!