アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:たれあさん

秋山澪

アキヤマミオ

けいおん!

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

桜が丘高校在籍、1年2組→2年1組→3年2組→N女子大学パート:ベース、ボーカル、メインコーラス、作詞1月15日生まれ(山羊座)、左利き。長い黒髪ストレートが特徴。前髪は姫カット人見知りが激しい一方で寂しがり屋でもある。痛い話題や怖い話題が苦手な繊細な性格で、小学生の頃は引っ込み思案で友達も少なく、本ばかり読んでいた。律と出会ってからは人見知りが緩和され、律の提案で男口調で話す大人びた性格になっている。前述の性格が原因で人前に出るのが苦手なため、ライブの前は極度に緊張して動揺する。それを克服するため、紬の父の企業が経営する喫茶店で唯たちとバイトをしたが、結局は接客業に免疫がついただけだった。しかし、追い詰められれば何でもできる性格で、ライブや劇なども何とか完璧にこなせた。テレビシリーズでは律の説得もあり、自分から一歩進んで前に出るようになり、夏フェスを積極的に楽しんだりしている。なお、テレビシリーズでは気弱な性格面がより強調されると同時にコミカルな一面を見せる事が多い。他のメンバー同様に緩やかに過ごしているが、メンバー内では比較的練習に重きを置くしっかり者。幼馴染で親友の律の度が過ぎたイタズラや言動に対してはゲンコツでの制裁が定番だが、律以外の人物に手をあげることはない。部長である律に代わって実質的なリーダーシップを発揮することもあり、梓から尊敬の眼差しを受ける要因の1つになっている。反面、前述の寂しがりやな一面のせいか自分を差し置いて遊ぶ唯達に流されてしまうことも。当初文芸部への入部を希望していたが、律に強引に軽音部に連れて行かれ、結局そのまま入部することになった。2年生時には軽音部の3人とクラスが分かれるが、同じクラスになった和と意気投合する。曲名や歌詞において独特なセンスを持ち、この傾向は、後述される小学4年生のときに書いて賞を貰った作文にも表れている。目立つので普段は嫌がっているが唯に不測の事態が起きた場合や卒業する曽我部のため、テレビシリーズでは応援してくれるファンクラブのためにボーカルも兼ねることもあった。律曰く彼女のボーカルは評判が良い。自身のベースは悩みに悩んだうえようやく購入を決心したこともあり、相当な愛着を持っている。唯に「ベース」にちなんで「エリザベス」と名付けられ、たまに澪もその名前で呼ぶようになる。ベースを選んだ理由は、ギターは演奏時にバンドの前面に出るのが恥ずかしいから。とはいえその腕前に関しては梓や純からも評価されており、他のバンドにも彼女のファンがいるほど。チョーキングなどの専門用語も知っており、テレビシリーズでは有名ミュージシャンの名前をすらすら挙げるなど、知識面も豊富。自らのベーシストとしての役割に対しては、非常に強いこだわりを持つ(A-2.3)。自身の利き手に若干のコンプレックスを感じていることから、楽器店に展示されているレフティモデルや同じ左利きの楽器奏者に対して過剰な反応を見せることがある。1年生時の学園祭のライブ終了直後のハプニングで転倒。その際観客の前で下着を晒してしまう災難に見舞われたが、公演後にファンクラブが設立されるほどの人気を集めた。A-2.7では自分の人気には複雑な感情を抱きつつも、自分を応援してくれる人やファン達のために一肌脱いだ。律とは小学4年生のときに、自分の書いた作文を全校集会で発表するハメになった際、恥ずかしがり屋な彼女のために律が発表に備えて2人で特訓をしようと提案をし、特訓を機に親しくなる。映画?では、「英語は日常会話程度なら可能」と自負していた紬よりもリスニングの能力が勝り、ロンドンで現地の人の英語を日本語に翻訳することを多くこなした。collegeにおいても、恩那組の幸と友達になろうとしたが講義が終わるまで声をかけることができなかったことなど前述の性格面が改善されてはいない様子。

出典:wikipedia

誕生日:1月15日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
秋山澪とは?(けいおん!)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

人見知りが激しい一方で寂しがりやでもある。痛い話題や怖い話題が苦手な繊細な性格。性格が原因で人前にでるのが苦手なため、ライブ前は極度に緊張して動揺する。

年齢

15~19 歳

誕生日

1月15日

性別

声優

日笠陽子

星座

山羊座

身長

160 cm

体重

54 kg

血液型

A 型

髪の色

髪型

長髪、ストレート

学校・会社

桜が丘高校

部活・委員会

軽音部

職業

高校生

役職

ベース

学年

高校1年生
天然だけどしっかり者!あらゆる魅力を兼ね備えたベーシスト「秋山澪」『 けいおん!』
【画像】秋山澪(けいおん!)
 軽音楽部に所属する女子高生の日常をテーマにした漫画『けいおん!』。テレビアニメは2期まで放送され劇場版も公開、さらに舞台となった小学校では体育館ライブが開催されるなど、既にその人気ぶりは多くの人が知るところでしょう。登場人物それぞれに個性と魅力がありますが、ここでは私の大好きな澪ちゃんの素晴らしさについて、思う存分語ってみたいと思います。
一見クール。でも実は・・
 外見はツリ目で長身、バンドでのパートがベースとくれば、これはもうクールな女子を連想せずにはいられません。しかし彼女が創る歌詞は乙女そのもの。彼女の代表作「ふわふわ時間」は、乙女チックすぎて他のバンドメンバーを引かせるほど(笑)。「ふわふわ時間」のボーカルに指名されたときは、「こんな恥ずかしい歌詞なんか歌えないよぉー」というボケもかますなど、天然乙女ぶりが全開です。初ライブではボーカル+ベースをしっかりこなすも、ケーブルに引っかかりコケてパンツをご披露。軽くトラウマになるというドジっ子属性も満載です。そんな外見とのギャップがたまりません!
バンドのまとめ役。面倒見の良いリーダー肌
 引っ込み思案な大人しい乙女タイプかと思いきや、そうではありません。娯楽に流されがちなバンドメンバーに向けて強化合宿を提案するなど、バンドの中ではリーダー的な役割を果たしています。また、練習に消極的なバンドメンバーに対し失望しかけた後輩の梓に対し、「お茶を飲んだりだらだらすることも、このバンドには必要」と諭し、以後は尊敬する先輩として一目おかれる存在に。加えて、走り気味な律のドラムを的確に指摘するといった音楽的才能も見せており、能力や人格面においてバランスの取れた人物としても描かれています。
にじみ出る人間らしさ
 原作の中で心理描写が一番細やかなキャラクターといえば、澪なのではないでしょうか。強化合宿のときは「バンド練習をみっちりやる!」と意気込んだものの、他のメンバーが早々と遊びに行ってしまい、一人残された澪は寂しくなって「私も遊ぶー」と泣く場面など、共感を覚えると共に「守ってあげたい!」そんな印象を与えてくれました。また、親友である律に彼氏ができた疑惑が持ち上がったときは、ショックを隠しきれずに尾行を決行し、結果的に勘違いとわかった時に安堵したりも。さらに、卒業式の後、梓の前では気丈にふるまうものの、梓と別れた後に堰を切ったように溢れ出す涙・・・。このシーンは本当に感動したものです。

 天然でしっかり者で人間味にも溢れ、リーダーシップもありそれでいて乙女でもある。どれだけ魅力的な女の子なのでしょうか。もしもまだ『けいおん!』を観ていない方、「秋山澪」の魅力に気付いていないという方がいるのなら、是非作品を観て頂きたいです!
(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部

記者(TaK【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


秋山澪についての雑談場(4件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2014/07/03 11:47 ID:20C9BADF ▽コメント返信
一番好き
2 名前:名無しさん 2014/07/05 15:20 ID:809C81DC ▽コメント返信
●w●
3 名前:名無しさん 2014/11/25 16:55 ID:20C9BADF ▽コメント返信
律との絡みが最高
4 名前:名無しさん 2015/07/01 10:07 ID:F3D80244 ▽コメント返信
かわいいよな。
澪ちゃん。
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>けいおん!のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!