アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:しんさん

ボーちゃん

ボーチャン

クレヨンしんちゃん

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

しんのすけの友人。アクション幼稚園ひまわり組の園児。5歳。イメージカラーは黄色。名前の通り『ボー』っとしており5歳にしては大柄な体格である男の子。中国では「阿呆」と表記(中国語では「阿?」は「?ちゃん」という意味を指す)されている。隊員では唯一本名不明だが、石橋ボーと呼ばれた回が一回だけある。家族構成については後述参照。自己紹介時も「ボーちゃんと呼んでください!」などと言うだけである。また、酢乙女あいの第三の恋の生贄。いつも垂らしている鼻水は意のままに操ることができ、一発芸を披露したり武器として利用したりもする。その鼻水は、ティッシュで拭き取っても大抵は次の瞬間に元に戻っている。が、たまに戻るまでに時間がかかることがあるらしく、出ていないと体のバランスが悪くなり、くらくらしてしまう。たまに鋭い指摘をしたり幼稚園児には出来ない作業をしたりする侮れない性格の影の実力者である。モーターボートの起動ができる、当然免許は無いが幼稚園の送迎バスの運転(しかもMT車)に関する知識があり、カスカベ防衛隊の面々に教える、湯呑みに書かれた魚の複雑な漢字を次々に読破する。野球のボールが自分の横を通り過ぎる一瞬の間にボールの縫い目の数を数える、プロの書家顔負けの達筆で習字を書くなど、知識技能は大人をも凌駕するものがある。現在こそは隠れた才能を発揮するなどしているが、アニメ初期は動きが鈍いキャラクターだった。2代目OP「夢のENDはいつも目覚まし!」では防衛隊5人で踊るシーンがあるが、ボーちゃんはしんのすけ、風間、ネネよりも遅く踊っていた(ちなみにマサオは「ついていけてない」踊りをしている)。趣味は珍しい形をした石集め(理由は石は人間と同じくそれぞれ違い二つと同じものはないため)。得意技は「気配を消すこと」。普段は無口で目立たないが、鼻水の事や石集めの事を馬鹿にされると、普段からは想像できない怒りぶりを見せる。一度しんのすけ達かすかべ防衛隊がボーちゃんを探ろうとする話が原作10巻で登場しており、かすかべ防衛隊メンバー全員がボーちゃんの母親や家の場所を知らないということを暗示している。なおこの話で母親が影だけで登場しており(台詞もある)、年の離れた姉の存在も明らかになっている。アニメ「みんなでアミアミするゾ」では祖母の存在も確認されている。しかし現在、防衛隊メンバーは皆、ボーちゃんの自宅を知っている。しんのすけと奇妙な遊び(死体ごっこ、鬼のいないかくれんぼなど)をしたり、協力技をみせたりとしんのすけとは馬が合うようである。未来でもしんのすけとはかすかべ防衛隊のメンバーの中で一番の親友である描写がある。原作初登場時は何一つ言葉を話しておらず、髪型は現在と異なっており、当時はややボサボサしていた。また原作初期では体型がぽっちゃりしていた。又、一度だけ天才バカボンに出てくるレレレのおじさんの顔になったことがある(その際に、ボボボのボと言っていた)。原作11巻で、鼻水を拭きとってくれたまつざか先生に恋をし、他のかすかべ防衛隊隊員に相談してトイレにおいてあった花を持っていってプロポーズをしたことがある。まつざか先生は「15年後にもう一度プロポーズして」と言い、ボーちゃんも「じゃ15年後にまた来ます」と言った。まつざか先生も満更ではなかったらしい。また他にも、道路工事で働く女性に恋心を持ったこともある。嫌いな食べ物は特になし。2009年2月13日放送の「ママサミットだゾ」では、ピーマンを丸ごと食べたこともある。将来の夢はパイロットだったり、ビジュアル系ロックバンドのボーカルになって大ヒットを飛ばすことだったり、発明家など様々。抽象画の才能がある。また別の回では、石の博物館を開きたいと言ったこともある。ちなみにしんのすけ・ネネ・マサオが想像したボーちゃんのお母さんは髪型はむさえの髪型を少し変えてボーちゃんをそのまんま大きくして髪を変えただけで口調もそのまんまだったが風間君の想像はしんのすけ好みの綺麗なおねいさんであった。

出典:wikipedia

誕生日:9月10日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ボーちゃんとは?(クレヨンしんちゃん)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

名前の通り『ボー』っとした男の子。相槌を打つ時や返事、感情を表すときなどに自ら「ボー」という。珍しい石などを多くコレクションしている。たまに冴えた一言を言う。

年齢

5 歳

誕生日

9月10日

性別

声優

佐藤智恵

星座

乙女座

身長

116.9 cm

体重

25 kg

血液型

AB 型

髪の色

学校・会社

アクション幼稚園

職業

園児
ぼーっとしてるだけじゃない!?垂れた鼻水が武器に!「ボーちゃん」の魅力『クレヨンしんちゃん
【画像】ボーちゃん(クレヨンしんちゃん)
 子供にも大人にも大人気な国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』。主人公「野原しんのすけ」の友人で、いつもぼーっとしている印象の強い「ボーちゃん」。今回は、そんな「ボーちゃん」の魅力について紹介してみたいと思います。
石が大好き
 ふたば幼稚園に通う5歳のボーちゃん。かすかべ防衛隊の一員です。そんなボーちゃんといえば、とにかく「石」が大好きで変わった形の石を集めています。コレクションの数も相当で、石の事をバカにされるとても怒ります。あのボーちゃんが。

 「石は人間と同じくそれぞれ違いがあり、2つと同じものはないんだ」という理由から石が大好きなボーちゃん。誰かを励ます時も石を使います。珍しい石を見せながら励ます姿には笑ってしまいましたが、ボーちゃんの石に対する想いがものすごく伝わってきますね。
ボーちゃんの謎
 ボーちゃんについてよくネットなどでも言われてるのは「家族はいるのか?」といった事です。他のキャラクターに関しては作中にも頻繁に登場してくるので家族構成などがわかりやすいですが、ボーちゃんの家族に関して「本当にいるの?」というくらいにほとんど描写がありません。もちろん幼稚園に行って毎日おうちに帰っているわけですから、家族がいるに決まってはいますが・・・。

 キャラとしてアニメでの描写が少なすぎるため都市伝説扱いになっているようです(笑)。本当に謎めいてますね。ちなみに、お母さんは原作では登場してるのですが影だけ。さらに、お姉さん、おばあさんの存在はアニメにて確認できます。やはり、なかなか謎めいてるボーちゃん一家なのです。
実は影の実力者?
 ぼーっとしている、いや、ぼーっとしているように見えているボーちゃんですが、意外にも鋭い指摘をする時も多いのです。また、「大丈夫。ここは地球の上。心配いらない。」など、時々言い放つ名言も素敵です。幼稚園児では到底できないような事をやってのけたりと、なかなか侮れない存在感がボーちゃんにはあるのです。

 映画では、幼稚園バスを動かすためにボーちゃんが周囲を確認しながらハンドル操作をおこない、ギアアップを命じる・・・なんて事をしてみせたり、モーターボートのエンジンの掛け方や動かし方を知っていたり、湯飲みに書いてある珍しい魚の漢字を完璧に読んでみせたり・・・。とにかく知識・技能が素晴らしく優秀なのです。

 そして、ボーちゃんのシンボルとして欠かせないのが「鼻水」。これはただの鼻水ではなく、武器にもなります。垂れた鼻水を意のままに操り、すご技を出す姿は、もう“ぼーっとしてるだけのボーちゃん”なんて言えません。

 ボーちゃんはいつも鼻水垂らして無口でぼーっとしているだけかと思われがちですが、実はたくさんの魅力を兼ね備えた、とても優秀なキャラクターである事を少しでも知ってもらえたら幸いです。
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

記者(かおちょこ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ボーちゃんについての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/05/05 17:46 ID:C9A081C7 ▽コメント返信
ボーちゃんかっこいいんだよね
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>クレヨンしんちゃんのキャラクター 一覧
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!