アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:かおるさん

日番谷冬獅郎

ヒツガヤトウシロウ

BLEACH

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

西流魂街一地区「潤林安」出身。史上最年少で隊長になった銀髪翡翠眼の天才児。小柄な少年のような外見(身長・体重ともに9歳男子の平均値に相当)だが、物事を冷静に見渡せる高い見識の持ち主で、常にドタバタ騒ぎを巻き起こす死神たちのなかで、主にツッコミ役に位置づけられているクールな常識人。一見冷めているように見えるが、心には熱い激情を秘めている。羽裏色は千歳緑(ちとせみどり)(常緑植物の葉の色)。羽織は袖のないタイプ。かつて死神になることを日番谷に薦めた恩人でもある副隊長の松本乱菊との関係は現在絶妙なパワーバランスで成り立っている。一見正反対な性格にみえるこのコンビだが、なぜか馬が合うらしく仕事中だけではなくよくプライベートも共にしている。事務作業の有能さや、やや苦労性ながらも優しさが窺えるような行動もみせる。五番隊副隊長・雛森桃とは幼馴染で、幼い頃は流魂街に住む祖母の許で姉弟のように育った。それ故に雛森の身を案じ気遣っており、雛森を心身共に追い詰めた市丸や藍染に対し、怒りを見せたこともある。西門の番人・?丹坊とは仲がよく休日になると彼に会うために足を運ぶ。彼に「都会のルール」を教えた人物。「潤林安」で過ごした当時は祖母と雛森以外の周囲の人達から、銀髪と翡翠(碧緑)の瞳に加えて物事を冷静に見渡せるクールな性格のため「氷のようだ」と言われ恐れられ避けられていた。またこのときから「氷輪丸」の本体を夢で見るようになった。偶然出会った死神、乱菊に夢で見た「氷輪丸」のことと、自身の力がこのままでは祖母を殺してしまうことを指摘された上で死神になるように諭され、祖母の元を去り死神を目指すようになった。仕事熱心なのも「寝る子は育つ」という祖母の言葉を率先して忠実に実行する為に早く自室に戻り昼寝がしたいという理由から来ており、休日には流魂街に住む祖母に会いに行く程のおばあちゃん子。甘納豆は流魂街に住む祖母の好物で、昔から食べていて好物であり、今でも時々祖母から隊舎に差し入れが送られてくる。しかし、その他の甘いものは苦手。他の好物は大根おろしがたっぷりかかった玉子焼きで嫌いなものは干し柿。一護等に呼び捨てされたり、「隊長」を付けないで呼ばれる度に「日番谷隊長だ」と言い返しており、アニメではある種のお約束となっている。寒さに強いが暑さに弱く、自身の著作である「華麗なる結晶」も夏の間は11月頃まで休載される。護廷十三隊が休暇で、海水浴に行き皆が水着に着替え楽しんでいる時でも、冬獅郎だけは浜茶屋の中で涼んでいた。隊長の中では一番背が低く、今のところ全護廷隊士の中でも十一番隊の副隊長・草鹿やちるに次いで低身長である。身長が伸びないことに本人が一番悩んでいる。コマ回しが幼い頃から得意で、潤林安では負け無しの強さを誇る。十三番隊隊長・浮竹十四郎からは「じゅうしろう」「とうしろう」と名前の響きが似ているため気に入られており、よく現世のお菓子をくれる。写真集「冬のライオン」が重版されたり、グラビアカレンダーの発売、さらに瀞霊廷通信で特集が組まれるなど、瀞霊廷内での人気はかなり高いものと思われる。乱菊曰く「男女問わず大人気のウチの隊長」らしい。なお写真集は乱菊の隠し撮りによるものであり、基本的にイベントごとへの付き合いはよくないのだが乱菊に連れ回されて出席することもある。「冬のライオン」が重版されたことを乱菊にイキナリ伝えられ、「重版されたコメントを!」と乱菊に頼まれたが、「うるさい!」と一喝した。

出典:wikipedia

誕生日:12月20日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
日番谷冬獅郎とは?(BLEACH)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

12月20日
小さいけど格好良い!護廷十三隊十番隊隊長『日番谷冬獅郎』の魅力とは?『BLEACH』
【画像】日番谷冬獅郎(BLEACH)
 『BLEACH』とは、悪霊・虚(ホロウ)を退治する死神になってしまった高校生「黒崎一護」とその仲間達の活躍を描いたバトル漫画です。今回は、その死神世界に存在する尸魂界(ソウル・ソサエティ)の中の護廷十三隊(死神が集まる場所)、十番隊隊長『日番谷冬獅郎』の魅力についてご紹介させていただきます。
小さいけど格好良い!小さいけど!
 身長は133cmとかなり小さいです。体重も28kgと見た目はまるで小学生(笑)。しかし、そこが彼の魅力のひとつでもあります。瞳は翡翠眼で髪は銀髪。見た目はとてもクールな印象で、服装はいつも死覇装に隊長の羽織を羽織っています。

 見た目のせいでどうしても可愛く見えてしまうのですが、戦う姿は超絶格好良いのです。通常は腰に差す斬魄刀の『氷輪丸(ひょうりんまる)を背中に背負ってる姿も可愛い、いや格好良いです。
クールなツッコミ役
 隊長を任されているだけあり、見た目こそ小学生ですが、常にドタバタ騒ぎを巻き起こす死神たちを少し離れたところでみながら、物事を冷静に判断。主にツッコミを担当するクールな常識人です。一見冷めているようにも見えますが、内心は熱い心を持っていたりも。決して素直ではありませんが、根はかなり優しいツンデレ要素も魅力のひとつと言えるでしょう。
最年少護廷十三隊十番隊隊長
 その実力は、史上最年少で隊長になり神童と呼ばれ、同じ隊長格の京楽から「日番谷隊長は天才だから、あと100年もしたら追い抜かれてしまう」と言われるほど。斬魄刀の始解の次の卍解(バンカイ)も会得しており、それによって空も自由に舞う。なんでもありの天才っぷりにドキドキしない女子はいないでしょう。
ギャップとかわいらしさ
 強くてクールな冬獅郎。あだ名は「シロちゃん」(笑)。これは姉弟のように育った五番隊副隊長「雛森桃」が呼んでいるあだ名です。 呼ばれるたびに「日番谷隊長だ」と訂正する姿はもはやお決まり。

 彼が仕事熱心なのは、「寝る子は育つ」という祖母の言葉をそのまま鵜呑みにし、早く自室に戻って昼寝がしたいという理由(笑)から。かわいすぎます。どうやら身長が伸びない事には本人が一番悩んでいる様子。そして、休日には流魂街に住む祖母に会いに行く程のおばあちゃん子で、実はかなり優しい子です。好物は甘納豆ですが、それ以外の甘いものは全般苦手なシロちゃん。

 少年のような見た目と大人びたクールな言動、そして圧倒的な強さと意外な優しさ。ギャップのかたまり『日番谷冬獅郎』の魅力、是非ご自身の目でお確かめください。
 >>> 『BLEACH』の関連アイテムやグッズ一覧
(C)久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ

記者(猫空【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


日番谷冬獅郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>BLEACHのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!