アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

磯野勝利

イソノショウリ

とっても!ラッキーマ...

0

pt

キャラクター紹介

勝利マン(しょうりマン)/磯野勝利(いその しょうり)
声 - 森川智之
本名ニイタカヤマノボル[14]。初登場は第37話。努力マンと友情マンの兄で、3兄弟の長男。宇宙一負けず嫌いなヒーロー。体の色は緑で、眉はVictoryのVの字になっており、頭の上には表彰台があり、その1位の上には「勝利(かつとし)くん」という人形(詳細は後述)が乗っている。背中の文字が浮かび上がる場所は凶器入れにもなっており、様々な道具が入っている[15]。必殺技は「キャベツ・チカ・カツカム」、「ビクトリービーム」など。
作品全体を通してみても素手での戦闘でも非常に強いが、とにかく負けが嫌いで、負けるくらいならばどんな卑怯な手を使ってでも勝つことに専念している[16]。初期はその手口が余りにも卑怯で、矮小な人物という印象もあったが、指レンジャー戦に差し掛かって次第にサディスティックで冷徹な強さを表していった。
自分が勝つためには試合が始まる前に不意打ちなど、どんな手段でも使うが相手の卑怯な手段にもある程度寛容[17]。単に卑怯なだけでなく、敵ごと爆弾で吹っ飛ぶなど、自分の身を顧みない手段を使い、周囲には戦闘能力以上にその勝利への執念が評価されている。傲慢な言動を取り、傍若無人な振る舞いだが弟たちのことは大切に思っている。かつて努力マンにまともな特訓をさせなかったり、戦いの際に栓抜きを渡して反則負けにしてヒーローから遠ざけたのも、努力マンをヒーローとして戦死した父・三本柱マンの二の舞にさせたくなかったという母との約束[18]があったからで、長年努力マンを戦わせなかった。ヒーロー協会では幹部の座におり、一時期副会長の座を狙った事もあったようだが世直しマンとの戦いを繰り広げているうちにそんな気はなくなったらしい。
かつては餃子が好きだったが、幼い頃の努力マンに作らせた恐ろしいほど不味い餃子を、弟の面目のために無理して1ヶ月間毎日大量に食べたことで死に掛けたトラウマから嫌いになってしまっている。天才マンをライバル視しているが、中盤以降からは良き相棒といった関係になっている。
大宇宙統一トーナメントの直前、「何か」からの光を浴び洗脳されてしまう。だが、努力マンとの絆である「センヌキ」がきっかけで元に戻る。本人は操られたふりと周囲に主張したが、内心では「お前がいなかったら負けていたかもしれない」と、努力マンの存在に感謝している。
地球で暮らすため「磯野勝利」という人間の姿になる[19]。人間の姿の時はツンツン立った赤い髪と両肩・両膝に施された本来の姿を思わせるデザインの刺繍が特徴。自分で作った宇宙一美味いトンカツを耳に貼り付けることにより変身する。通っている洋一と同じ中学では天才マン(生月天才)に並んでモテモテ。常に勝利を収め続けているため、勝利した事に関してはクールと思いきや、スーパースターマンの愛馬ペガサスを無理矢理競馬で1等にして配当金を一人占めした際には誰もいなくなったところで嬉しさのあまり小躍りしだした事がある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
磯野勝利とは?(とっても!ラッキーマン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

勝つ為なら何でもする!「勝利マン」こと「磯野勝利」の魅力『とっても!ラッキーマン』
【画像】磯野勝利(とっても!ラッキーマン)
 1993年から1997年まで、週刊少年ジャンプにて連載されていた『とっても!ラッキーマン』。ヒーローギャグ漫画で、同時期にアニメ化もされた作品です。作中には様々なヒーローが登場しますが、中でもファンの中で高い人気を誇るのが、「勝利マン」に変身する「磯野勝利(いそのしょうり)」です。『友情マン』『努力マン』三兄弟の長男にあたり、作品の中心キャラクターの1人。今回はそんな、どんな手を使ってでも勝ちにこだわる「勝利マン」こと「磯野勝利」の魅力についてご紹介させていただきます。
勝てばそれでいいヒーロー「勝利マン」
 勝利マンは、主人公「ラッキーマン」の弟子として作品の初期から活躍してきた「努力マン」の兄弟として登場します。登場シーンからラッキーマンに勝負を挑み、あの手この手の卑怯なやり方を用い、強引に勝利。登場から「ヒーローなんてどんな手を使っても勝てばいい」という考えを披露し、背中には常に凶器を入れています。ただ卑怯なだけでなく、勝つ為に相手と一緒に爆弾で吹き飛んだりと、自身の身さえ顧みない姿勢から、他のヒーロー仲間からも頼られる存在として認識されています。
変身前の地球での姿「磯野勝利」
 世直しマンとの戦いの後、ボロボロになったヒーロー星から地球で暮らす為、ラッキーマンこと「追手内洋一(ついてないよういち)」の中学校に転校してきた変身前の勝利マンの姿、それが「磯野勝利」です。人間の姿では、髪をツンツン立てたワイルドな風貌で、一緒に転校してきた『天才マン』こと「生月天才(うまれつきてんさい)」と共に正体もすぐにばれ、女子生徒にモテモテに。ちなみに変身するには、宇宙一のトンカツを自分で揚げ、それを両耳に貼りつけて勝利マンになります。
実は兄弟想い
 横暴な性格とは対照的に、実は兄弟想いの側面も持っています。それを象徴している場面をひとつ紹介しましょう。かつて正式なヒーローを目指していた努力マンに、凶器のせんぬきを渡して反則負けにさせた事から、努力マンと疎遠になってしまった勝利マン。しかし実は、凶悪な宇宙人に殺された父のような目にあわせたくない母との約束から、ヒーローをさせなかったという弟思いの逸話があり、そのようなギャップもまた、勝利マンの人気に繋がっていると言えるでしょう。また、努力マンが幼少期に作ったまずい餃子を無理して食べて、大の餃子嫌いになってしまったという、かわいらしいエピソードも魅力的です。

 勝利マンの人間の姿「磯野勝利」はアニメ版には出てきません。「磯野勝利」の活躍を見たい方は、是非漫画版の方もお楽しみください。
(C)ガモウひろし/集英社
 >>> とっても!ラッキーマンBOX1 [DVD]
 >>> とっても!ラッキーマンBOX2 [DVD]
 >>> とっても!ラッキーマン コミック一覧

記者(メルジャ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


磯野勝利についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>とっても!ラッキーマンのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!