アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:chikoさん

時籠ゆり

トキカゴユリ

輪るピングドラム

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 能登麻美子
「サンシャニー歌劇団」虹組で娘役を務める人気女優。桂樹と桃果の旧友で、結婚するまでは苹果の恋敵だった。ウェーブのかかった長い金髪の美女。口癖は「ファビュラスマックス」(「Fabulous:伝説的な・信じられないほどの」と、「Max:Maximumの略、最大の・最高の」を合わせた造語)。
第7話で多蕗との婚約と歌劇団の退団を発表した後に結婚したが、その裏では劇団のパートナーの男役・結城翼(声 - 朴璐美)とも肉体関係があった。
高名な彫刻家であるゆりの父(声 - 内田直哉)から、「醜いから愛されない」と言われ続け、精神的にも肉体的にも虐待を受けていた過去があり、「本当の自分は誰からも愛されない」という不安を抱え、確かな美しさと愛を求める心理が行動の根底にある。
小学生の時に、ありのままの自分を想って救ってくれた桃果を今も慕っており、多蕗の事は桃果との思い出を共有する者として、自身から家族になりたいと申し出ている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
時籠ゆりとは?(輪るピングドラム)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

サンシャニー歌劇団の人気女優。多蕗と婚約後に退団する。幼いころ、父からの虐待にあっており美と愛への欲求がある。多蕗とは桃果との思い出を共有している。

性別

声優

能登麻美子

髪の色

金髪

学校・会社

サンシャニー歌劇団

職業

女優

役職

虹組 娘役

配偶者

多蕗桂樹
ファビュラスマックスな美女!人気女優「時籠ゆり」の魅力とは?『輪るピングドラム』
【画像】時籠ゆり(輪るピングドラム)
 2011年7月から半年クールで放送された『輪るピングドラム』。謎が謎を呼び、「わけがわからない」「わからないところがよい」「かっこよければよい」「不謹慎じゃね?」といたるところで賛否両論の迷作です。登場人物もわけありだらけの因果だらけです。今回ご紹介する「時籠ゆり」(ときかごゆり)は、主人公、「高倉冠葉」「高倉晶馬」兄弟の両親が起こした事件によって、友人を失いました。自分をトラウマから解放してくれた、恩人でもある友人を生き返らせたいと奮闘します。
人気女優と高校教師の婚約
 ゆりは「サンシャニー歌劇団」虹組で娘役トップを務めています。ふわふわの長い金髪、大きな瞳。そしておっとりとした話し方。料理の腕もあり、お弁当も絶品です。服装も清楚なお嬢様系で、まさに「理想のお嫁さん」。

 そして、主人公である高倉冠葉・晶馬の担任教師、多蕗桂樹(たぶきけいじゅ)の婚約者です。多蕗は、メインヒロインの荻野目苹果(おぎのめりんご)のストーカー対象者で、苹果の姉・桃果が幼いころに将来を約束した相手、とこれまた遠いようで不思議な因果。
ちなみに、百合だからゆりです。苹果は「枕営業している」と決めつけていましたが、スポンサーのご婦人たちと枕をしていても、確かに不思議はありません。おしとやかそうにみえて中身は計算高い、敵に回すと精神的に怖い女性です。
父との関係と桃果との関係
 シンデレラの意地悪な継母、もともとのお話では実母だったという説があるのはご存じでしょうか?親の中には、「自分の子どもは自分の好きにしていい」と思っている親もいます。

 彼女は、父親に「醜いから愛されない」とさげすまれ、不安を抱えて育ちました。母親不在なところから「おまえが醜いから母親から愛されなかった。だから母親が出て行った」というやつあたり的な意味合いも読み取れます。また、「体のひみつ」「父」がトラウマのため、相当激しい身体的虐待(肉体改造)が推測できます。「醜いから母親から愛されなかった。だからゆりは醜い」という思い込みでの改造なのか、芸術家の父に元から欠損愛好家の傾向があったからなのか、それとも生まれつきの欠損があり、肉体改造を試みたのか・・・その理由ははっきりしていません。

 また、父に「改造」される際にダビデ像が画面に出ることが多かったため、性別改造を施そうとした可能性もあります。どちらにせよ、ゆりが美しいにも関わらず、親によって「醜い」レッテルを貼られ、傷ついた事実は変わりません。
ピングドラムを求めて
 本当の自分を知っても、「美しい」と言ってくれた桃果を大切に想うゆり。当然、死の原因となった高倉夫妻、そしてその子どもたちを恨んでいます。そして何よりも、桃果に復活してほしいという気持ちで、復活の鍵であるピングドラムを手に入れるために暗躍します。他のピングドラムを追うメンツよりもいち早く、ピングドラムと思われていた桃果の日記の半分を手に入れ、同じく日記を追う夏芽真砂子と、恐ろしい美人対決を繰り広げてくれます。

 桃果に似ている苹果に対する愛情があふれてしまい、一度本気でいただきそうになってしまうシーンは百合好きにはたまりません。「一生百合します」かと思いましたが、元恋人の結城翼に襲われた際に、身を呈してゆりをかばった多蕗に心を打たれ、ピングドラムと苹果による「運命の乗り換え」が行われた後は、「世界に残された意味」を見いだして彼と添い遂げることになります。終わり方にも賛否両論な作品でしたが、ゆり好きにとっては、とても後味のよい終わり方といえるのではないでしょうか。
(C)ikuni chowder pengroup(公式サイトより)

記者(藤原ユウ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


時籠ゆりについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>輪るピングドラムのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!