アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ガイナンさん

鶴見知利子

ツルミチリコ

あの日見た花の名前を...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

大人っぽい性格で、趣味は読書。集と同じ高校に通っている。集に追いつくために学業に励み、学年4位の成績を修めている。他人を気にしないそぶりだが、内心ではかなり気にかけている。仁太には普段とは違う柔軟な性格に変化する。観察力に優れており、他人に流されやすい鳴子の行動や、集が今でも芽衣子のことを引きずっていることに気づいていた。そのため、早い段階で集の異変を察し、仁太に協力を求めた。集とは一緒に行動することが多いため、学校では集に好意を寄せる女子達との関係はあまりよくない模様。自身も幼い頃から密かに集を想い続けているが、態度に表すことはほとんどなく、集には気づいてもらえなかった。芽衣子には敵わないと思っている上に、集のことをよく理解している鳴子には当初嫉妬心を抱き険悪な仲だったが、最終的には和解した。幼い頃は眼鏡をしておらず髪も短かったが、第10話では長かった髪を切って昔の髪型に戻している。昔はよくスケッチブックを持ち歩いており、今も絵を描くのが得意。なお企画段階では「実は腐女子」という設定が付けられていたが、没設定となり作中では用いられなかった。身長170cm。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
鶴見知利子とは?(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

あだ名は「つるこ」。クールで大人びた性格。 赤い縁の眼鏡が特徴的な外見で髪は黒でセミロング。背は高く、公式設定では170cmだと明らかにされた。いわゆるモデル体型。

性別

あだ名

つるこ

趣味

読書/絵描き

声優

早見沙織

俳優

飯豊まりえ(幼少期:市原伽恋)

身長

170 cm

髪の色

髪型

ロング

アクセサリー

メガネ

職業

高校生
クールに見えても中身はあったかい!「鶴見知利子」の魅力『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
【画像】鶴見知利子(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)
 2011年春アニメでありながら現在も根強い支持を受け、いまだに聖地巡りなども行われる不朽の名作『あの日見た花の名前を僕達は知らない。』。「あのはな」「あの花」などの呼称で親しまれています。アニメに詳しくない方でも一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか?裏がありまくりな登場人物の中で、もっとも冷静でもっとも優しい女の子がマンガ版の主人公でもある「鶴見知利子」、通称“つるこ”です。
優しさとストレートさと包容力と
 幼少時代は絵が好きで優しい普通の女の子だったつるこ。高校では小学校時代に結成した「超平和バスターズ」での仲間“ゆきあつ”こと松雪集と同じ進学校に通い、学年4位の好成績をキープしています。黒髪ストレートヘアに赤メガネ。見るからにインテリのクールビューティー。物静かで言うときはピシャっという強さを持っています。

 小学生のころから好意を持っていたゆきあつとは、常に一緒にいるためにカップル扱いされていますが実際は片思い。ゆきあつの秘密の趣味を唯一理解しているため頼られているためと、友人のためにオブラートに包まず(優しさから)ストレートな発言をしてしまうつるこの性格上、他に友人がいないためと思われます。
アスター、その花言葉は「信じる心」
 そんな優しくも不器用なつるこ。事故死しためんまに対して、他のメンバーとは少し立場が違います。

 他の超平和バスターズのメンバーは、めんまの事故にそれぞれ「自分のせいかもしれない」と負い目を感じています。みんな直接的な原因ではないのですが、ゆきあつと“あなる”こと安城鳴子は、めんまの気持ちを裏切り約束を破ったこと、そして自分の気持ちをぶつけたせいで、めんまがひとりで出て行ってしまったと後悔し、主人公の“じんたん”こと宿海仁太は、照れからめんまにひどいことを言ってしまい、逃げた自分を追いかけたせいで、めんまが事故にあってしまったことを後悔し、ぽっぽこと久川鉄道は助けられなかったことに罪悪感を持っています。

 一見クールで、ずばずばとみんなの問題点を指摘するつるこですが、基本とても心やさしい子です。今は仲たがいしてしまったけれど、平和バスターズの仲間をとても信じています。必ず、現在の苦悩を克服できると、つるこを象徴する花、アスターの花言葉「信じる心」を持って見守っているのです。その心の強さと、優しさと包容力はとても高校生とは思えません。初恋の相手とはいえ、心が壊れたままのゆきあつを支えてきたつるこならではの強さなのでしょうか?タレントの明石家さんまさんも2014年の「良い女ベスト」で7位に選ぶほどです。
報われない恋と潔癖性
 自分の大好きなゆきあつはめんまが好き、めんまとじんたんは両想い。振られた形のゆきあつは、同じくじんたんに失恋したあなると意気投合するという、悲しい状況のつるこ。いくら片思い中とはいえ、決してゆきあつを特別扱いせずに、じんたんが正しいと思えばじんたんを擁護します。小学校時代、自分の恋路のためにめんまとの約束をやぶったゆきあつとあなるに対して怒りを覚えるのも、嫉妬だけではなく、つるこの潔癖性が出ているといえます。

「だったら一回ちゃんとごめんなさいして一緒にがんばりましょう」

 コミックス版のつるこの名言です。人は間違うものです。間違ってもいい、そして手を差し伸べるからがんばろう、つるこの優しさが詰まった一言ですね。
(C)ANOHANA PROJECT.

記者(藤原ユウ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


鶴見知利子についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!