アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:はにまるさん

可児江西也

カニエセイヤ

甘城ブリリアントパー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 内山昂輝
本作の主人公で、頭脳明晰、運動神経抜群、更にルックスも優れた俺様系高校生。
かつて一世を風靡した子役で、演技力、歌唱力、ダンス力にも秀でており、パークのショーの演出も手掛けてる他、芸能界にもコネクションを持つ。しかし他者を上から目線で見下し尊大な態度で接する(ただし目上の者にはきっちり敬語を使う)ため、高校では友達もいない。もっとも、その尊大な態度は人を遠ざけるための仮面なのでは無いかということも作中で示唆されている。好物は特に書かれていないが、学校のトイレでカレーパンを食べるシーンが多い。
本作ストーリー開始時は甘城高校の1年生、新学期(小説第1巻エピローグ)より進級して2年生となるが、支配人代行業務で忙しいため、ほとんど学校には通っていない。
転校してきたいすずに無理やり甘ブリに連れてこられ、ラティファから甘ブリ支配人代行就任を要請される。一度は断るものの、甘ブリの惨状を見かねて就任を承諾し、反感を抱く大多数の甘ブリキャストたちに対し「そんなプライド、犬にでも食わせておけ。仮にもプロを名乗るならな!」(小説第1巻p.198より引用)[注 1]と言い放ち、芸能界で培ったノウハウを活かしつつパークを立て直すために奮闘する。当初は年度内、2週間限定での支配人代行の予定であったが、10万人入場を達成した後、新年度の4月以降も引き続き支配人代行を務めることとなる。
目的のためには手段を選ばず、自身の生活すらなげうっているが、その勤勉な奮闘ぶりもあり、パークのキャストから次第に信頼されていく。
ラティファにより、神託で選ばれし者に授けられる「相手の心を読む魔法」を与えられている。ただし同一人物に対しては1回のみしか使えず、さらに一度使用した相手の心を再び読むことはできない。切り札は最後まで取っておくタイプの西也は、その能力をあまり使用しない。
かつては子役タレント「児玉誠也」として人気を博した過去を持つが、西也はそのことについてあまり触れたがらない。
西也の両親は離婚している。かつては西也も父方の姓「久武」を名乗っていたが、両親の離婚を機に母方の「可児江」に姓を改めた。西也の父はその後再婚し、西也は一時期再婚相手とその連れ子である久武早紀(きゅうぶ さき)と4人で暮らしていた。ストーリー開始後小説第4巻まででは、父方の叔母である久武藍珠(きゅうぶ あいす)と2人で暮らしている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
可児江西也とは?(甘城ブリリアントパーク)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

頭脳明晰、運動神経抜群な万能イケメン高校生。自分自身に見惚れるほどのナルシストで、横柄な態度が仇となり友達は皆無。ラティファから甘ブリ支配人代行としてパークの再建を託され、生来の才能とカリスマ性でゲスト動員数を飛躍的に伸ばしていく。

性別

特技

相手の心を読む魔法

弱点

高所恐怖症

声優

内山昂輝

髪の色

チャ

学校・会社

甘城高校

職業

高校生

役職

甘城ブリリアントパーク支配人代行

学年

高校2年生

父親

久武孝治

兄弟・姉妹

久武早紀
奇跡を呼んだ天才経営者「可児江西也」の魅力とは?『甘城ブリリアントパーク』
【画像】可児江西也(甘城ブリリアントパーク)
 『甘城ブリリアントパーク』は、賀東招二原作の京アニアニメ。京アニと関係が深い賀東先生自身も、シリーズ監修や脚本として参加しておられます。テーマパークを舞台に、「中の人」のいない“生きているマスコットキャラ”が騒動を巻き起こすコメディで、京アニには珍しくちょっと下ネタも含まれた楽しい作品に仕上がっています。

 今回ご紹介する「可児江西也(かにえせいや)」は、テーマパーク「甘城ブリリアントパーク(略称甘ブリ)」の命運をかけ、支配人代行として雇われた高校生です。
ナルシスト
 可児江はイケメンで成績優秀。運動神経も抜群という非の打ち所がない人物です。ところが、鏡に自分を映しては自分のことを美男子だと言ってしまうようなナルシストで、その度が過ぎたナルシズムのために友達も彼女もいません・・・。
バイト支配人
 甘ブリは単なるテーマパークではなく、人々の楽しい気持ちを結晶とした「アニムス」をエネルギーとして生きる魔法の国の人々が、アニムスを集めるための施設です。ところが、甘ブリは5年連続で年間動員数50万人を達成できなければ経営権を譲渡するという契約を甘城企画という会社と交わしており、5年目となる今、あと3ヶ月で25万人の入場者を達成しないとならない・・・という状況にありました。

 可児江は、甘ブリの総支配人である魔法の国のお姫様「ラティファ」が得た神託により支配人に選ばれ、転校生の「千斗いすず」に銃で脅され、甘ブリの経営再建に取り組むことを要請されます。一度は断った可児江でしたが、甘ブリで働く魔法の国の住人たちへ頭を下げて涙をながす「ラティファ」を見て引き受ける事に。

 実は可児江は、幼い頃に訪れた甘ブリで、偶然涙にくれる「ラティファ」に出会ったことがありました。そのとき可児江は聖徳太子のまねをして「ラティファ」を笑わせようとするものの、笑わせる事が出来なかったどころか自分が逆に慰められていました。可児江には、再開した「ラティファ」を今度こそ笑わせたいという気持ちがあったのです。
天才経営者
 ナルシストかつ傲岸不遜な可児江は、支配人代行を引き受けてからは独裁宣言をして強権的に甘ブリの経営刷新を始めます。しかし、強引に見えながらも聞くべき意見はきちんと聞き、相手との妥協点を見つけて納得させる事を心がける彼は、少しずつ周囲から信頼されるようになっていきます。

 また経営改善も、一足飛びではなく一歩ずつ進めていくという着実さ、キャストの個性に応じた適材適所の使い方をするなど、人の上に立つ才能を発揮し、甘ブリは業績を回復していくのです。
意外と隙がある
 ただ、そんな可児江も想定外のトラブルには弱い所があります。自分の指示がきっかけで、大雨の時に排水ポンプが停止して地下施設が水没しそうになった時には、うろたえて冷静さを失っていました。また、幼少時のトラウマから高いところが苦手という弱点もあります。

 女性に興味がないワケではないようで、新規採用時に面接に来た「安達映子」がAV(実はアニマルビデオ)に出演していると聞くと、動揺しつつも出演作を気にしたり、いすずが新しいアトラクションでビキニ海賊の扮装になった時には、頬を赤らめながら顔をそらすなどしています。
甘ブリが好きに
 可児江はもともと3ヶ月の間に25万人の来場者を達成するという約束で支配人を引き受けていました。3ヶ月後の7月31日、仲間たちの助けもあり、見事に目標を達成した可児江は、約束通り一度は甘ブリを去ろうとします。しかし、その3ヶ月は可児江にとってとても大切なものになっていました。可児江は翌日になっても甘ブリに行き、勝手に支配人代行に復帰。「問題が全部解決するまでつきあってやる」という宣言は、この先もずっと甘ブリと付き合っていくという意味なのでしょう。
(C)賀東招二・なかじまゆか/甘ブリ再生委員会

記者(玄Kuro【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


可児江西也についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>甘城ブリリアントパークのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!