アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

『 盾の勇者の成り上がり 』第15話「ラフタリア」【感想コラム】

―それは、彼女たちの平穏な暮らしが永遠に失われた日。

『 盾の勇者の成り上がり 』第15話「ラフタリア」【感想コラム】

―それは、彼女たちの平穏な暮らしが永遠に失われた日。

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第15話「ラフタリア」のあらすじ

因縁の相手であるイドルを追い詰めるラフタリア。その瞳には復讐の炎が灯り、殺意を帯びた切っ先がイドルののど元に突きつけられる。尚文の言葉で一度は怒りを飲み込むが、イドルが再びラフタリアに襲いかかろうしたそのとき……

彼女の強さ

イドルを追い詰めたラフタリアですが、その表情は普段の彼女とはまるで別人のよう。土下座までして命乞いをするイドルに対し、なおも剣を振り上げるラフタリアに背後にいて表情が見えていない尚文が「そいつを殺すことで、お前は過去に決着を付けられるのか。お前が強くなったのは、剣だけじゃないはずだ」と声をかけたことでラフタリアはなんとか心を静め、剣を下ろし「ここで殺せば…私はあなたみたいな卑怯者と同じになってしまいます」とイドルに告げ、生きて罪を償うように言いました。生かしていても反省などしないと思いますが、こんな奴のためにラフタリアが手を汚す必要はないという方が大きいのではないでしょうか。

しかし、“亜人に見下された”ことに激高したイドルは腰の剣を抜き、ラフタリアと切り結びますが魔力剣で貫かれ、剣の柄を踏んだことでバランスを崩して窓の外へ落下していきました。それを見たイドルの私兵たちは混乱して退いていきます。「お前のせいじゃない」と尚文はラフタリアに声をかけ、メルティに回復魔法を施されたヴァンは今のうちに逃げることを提案しましたが…

中庭の下り階段を前に、ラフタリアはイドルが亜人の奴隷を地下室に監禁し、拷問していたこと、自分もかつてここに囚われていたことを打ち明けるのでした……

彼と彼女が出会うまで

“波”によって両親を失ったラフタリアは、2人の言葉を胸に立ち上がろうとしていました。生き残った村人たちを前に、酷い損害を受けた村を立て直すことを提案し…友人だけではなく、大人たちの同意を得て村の復興を目指して頑張っていたのです。

がれきを片付け、村の象徴である盾の紋章が描かれた旗を再び掲げようと動き出した矢先に、暴徒と化した兵士たちによって村が襲われ、住人たちは全て奴隷として売られてしまったのでした。そして、ラフタリアは親友であるリファナと共にイドルに買われたのです…

拷問に我慢強く耐え続けるラフタリアでしたが、親友の悲鳴には耐えられるはずもなく耳をふさいでいました。ラフタリアは以前からリファナが憧れていた盾の勇者が助けてくれるという希望を彼女に語り、リファナはセーアエット領で亜人の村を作って住むことを許してくれた証である旗をまた見たいという願いを口に出すようになりますが、彼女は病にかかりどんどん衰弱していったのです。

リファナを元気づけるため、布の切れ端で旗を作ったりしていたラフタリアですが、我慢強い彼女に飽きたイドルは奴隷商へ売り飛ばす手続きを取りました。その頃にはもう、ラフタリアは笑顔の作り方も忘れてしまっていましたが、運命の導きによって“盾の勇者”尚文と出会い、共に心の傷を癒しあうことになるのです。

守りたいもの

ある牢の前で座り込んでしまったラフタリアでしたが、数名の生存者が見つかったことで元気を取り戻します。そしてフィーロが見つけたのは、ラフタリアの友人であるキールでした!

キールは成長したラフタリアのことが分からない様子でしたが、村での思い出を語ったことで信じてくれました。ラフタリアは生きていてくれたことを感謝し、自分がいま盾の勇者様と一緒にいることを話します。「もし会えたら、リファナちゃんも喜んだだろうな」という言葉にラフタリアはリファナのことを聞き、ひとりである牢へと走っていきましたが…悲痛な慟哭が地下に響き渡るのでした……

盾の勇者様に会ったらお嫁さんにしてもらう。そんなことを口にしていた彼女の亡骸は、ラフタリアが渡した旗を手にしていました。自国のあまりに酷い現実にメルティは母の言葉、目にしてきた光景を思い返します。

尚文はリファナの遺体を、他の人と一緒に埋葬しようと告げますが…ラフタリアは自分の無力を許すことが出来ず、なにも守ることが出来なかったと口にしました。キールはその言葉を否定し、彼女が笑顔でいてくれたから皆も希望を捨てずに頑張れたと言いますが、自分を責めるラフタリアは自分のやってきたことは全て間違いで、尚文のそばにいる資格がないと言い始めてしまいます。

しかし、その言葉は尚文が即座に否定しました。彼女との出会いがなければ誰も信じられず、この世界から逃げ出していたと。

「あの時、お前が信じてくれたから、俺はここにいるんだ。フィーロやメルティにも会えた」

ラフタリアに救われたことを決して忘れない尚文は、生き延びていた2人の子供を示し「あの子たちは、お前が守ったんだ」と言葉を続けます。ラフタリアと尚文の交わした誓いのひとつ、自分のような思いをする子供を二度と出さないことを2人は新たにしました。

地上に出ると、亜人たちの暴動がまだ続いています。尚文はヴァンに早く無事を知らせるように言いますが、しぶとく生き延びていたイドルが中庭に立つ石碑に何かの儀式を行っているのを見つけたところ、ヴァンが顔色を変えました。この石碑は、過去の勇者が魔物を封じるために建てたものだというのです。どうやらイドルはその封印を解こうとしている様子。ロクなことしねーな!?

そして、復活してしまった魔物・タイラントドラゴンレックスを前に尚文たちの取る対策は?

(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

『 盾の勇者の成り上がり 』第15話「ラフタリア」【感想コラム】

関連ワード :

岩谷尚文

盾の勇者の成り上がり

イケメン

髪色(黒)

主人公

石川界人(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!