アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

「 revisions リヴィジョンズ 」第3話 「守護者たち」【感想コラム】

TVアニメ「 revisions リヴィジョンズ 」第3話。大介を中心にパペット部隊“S.D.S.(シブヤ・ディフェンス・サービス)”が結成された。戦力アップのため、かれらは渋谷外の廃墟へ向かう。そこ

「 revisions リヴィジョンズ 」第3話 「守護者たち」【感想コラム】

TVアニメ「 revisions リヴィジョンズ 」第3話。大介を中心にパペット部隊“S.D.S.(シブヤ・ディフェンス・サービス)”が結成された。戦力アップのため、かれらは渋谷外の廃墟へ向かう。そこにはミロが属する未来人組織アーヴが用意した残りのパペット二体が隠されていて―― (公式サイトより)

ミロの口から語られる新たな事実

“S.D.S.(シブヤ・ディフェンス・サービス)”が結成され、大介たちは戦力拡大のためあと2機あるストリング・パペットを探しに、ミロたちと廃墟を探索することに。

その道中、ミロからこの世界についての新しい情報が語られます。この世界は2088年より350年ほど前、未知の病原体の大流行(パンデミック)によって、壊滅的な被害を受けたらしいのです。2388年現在はそのパニックも終わっているようですが、過去に大変な出来事があったみたいですね。

さらにミロには「時間跳躍」の能力があることも判明。ミロの所属組織「アーヴ」のエージェントは過去に時間跳躍し、その時代に活動して有益な情報を残しているとのこと。そしてアーヴは未来を予測するために、それらの情報を回収し解析するらしいのです。

その結果、人類が滅びない未来を予測することに成功したアーヴ。人類滅亡を防ぐ要因として渋谷の時間跳躍と大介たちの存在が予測された、とミロは語るのです。

食い違う過去の5人とミロとの会話

またメンバーたちは大介が誘拐された時にミロらしき人物と出会った時のことを思い返します。みんな記憶があいまいで、それぞれがミロから言われた言葉が違うようです。

ガイは「全てを疑え」、慶作は「全てを受け入れろ」、マリマリは「最後は自分で決めろ」、ルウは当時のことを何も覚えていないとのこと。またガイが言うには当時のミロは銃で撃たれていた記憶があるとも。

同じ過去の出来事でもメンバーそれぞれの記憶が違っているというのも、意味深ですね。どういうことなのでしょうか。

ストリング・パペット回収完了!そして戦闘開始!

いよいよ目的地に到着。ミロと大介は別ポイントで活動し、大介は他のメンバーの援護任務を任されます。ストリング・パペットを回収しようと同伴者の泉海警官が建物に入ろうとしたとき、前回も登場した「シビリアン」と呼ばれる機械怪物が襲い掛かります。メンバーはストリング・パペットの回収へ、泉海警官は「シビリアン」のおとりとなって逃げまわります。

その頃の大介はどうしているかというと・・・。別の「シビリアン」を発見した大介は持ち場を勝手に離れて、敵を追っていました。しかしそれは敵の陽動でした。ミロが代わりにフォローして、ストリング・パペットの回収の時間を稼ぎます。

おとりになっていた泉海警官の頑張りむなしく「シビリアン」に追い込まれてしまいます。「殉職だ・・・」と諦めかけたところに、黄色と赤色の2機のストリング・パペットが登場。

操縦しているのはガイとルウ兄妹。遅れて大介も現場に駆け付けますが、ここでガイ・ルウ兄妹のポテンシャルの高さが発揮されます。抜群の操縦でライフルを使って敵を狙撃、さらに二人のコンビネーションもばっちりです。

あっという間に敵を倒してしまった二人。その様子を見て、「こいつら、もうこんなに乗れてるのか…」とぼうぜんとする大介。大介としてはそりゃちょっと複雑ですよね。

一方の大人たちはというと・・・

大介たちがストリング・パペットの回収任務にあたっている間、渋谷にも「シビリアン」が現れ、市民を襲っていました。警察が拳銃で対抗しますが、全く歯が立ちません。結果的に、警官隊十数名が死亡、さらに15名程度が連れ去られてしまったとのこと。

そんななか敵組織である「リヴィジョンズ」が渋谷臨時政府に接触してきます。臨時政府総理である牟田が対応することになりますが、現れたのは前回最後に登場した獣耳の女性・チハルでした。

彼女が言うにはこの姿は「コミュニケーションボディ」と呼ばれるもので、渋谷側の人間が感情移入しやすくするための「リヴィジョンズ」側の配慮なのだとか。

話し合いの席で、チハルはある計画を牟田に伝えます。チハルはミロも言っていたパンデミックについて触れ、「リヴィジョンズ」はこのパンデミックについての作戦を長年計画していたと告げます。そしてその計画を実現するためには渋谷の人間の協力が不可欠だというチハル。

そしてチハルの口から「過去を変えることで現在を変える…リヴィジョンだ!」というタイトル回収発言が。チハルはその計画として、牟田に「リストにある人間を優先的に元の時代に戻す」と伝えます。

牟田は「何人かを助ける代わりに、何人かは犠牲にしろということか」と言いますが、そのリストに自分が入っていることを知って態度が一変。「これは極めて高度な政治判断というものだ」と計画を進める感じです。牟田の利己的な性格があらわになってきましたかね。

TVアニメ「 revisions リヴィジョンズ 」第3話 「守護者たち」感想

ミロから伝えられた新たな情報や、大介たちの記憶にある過去の出来事がかなりあいまいなものであることなど、発見や謎がますますあった第3話でした。

ガイ・ルウ兄妹のストリング・パペットの操縦ぶりも見事でしたね。ただ「みんなを守るのが自分の使命なんだ!」と言っていた今後の大介の立場がやや不安ではありますが。

「リヴィジョンズ」や牟田など、大介たち以外のキャラクターの思惑が絡み合う展開になってきましたね。さて次回はどうなるのか?

© リヴィジョンズ製作委員会

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

「 revisions リヴィジョンズ 」第3話 「守護者たち」【感想コラム】

関連ワード :

堂嶋大介

revisions

イケメン

髪色(黒)

主人公

内山昂輝(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回
193回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!