アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

『アイカツフレンズ!』第40話「Believe it」【感想コラム】

ダイヤモンドフレンズカップ準決勝Bブロック。 「ラブミーティア」が「ラブデスティニーコーデ」「ソウルデスティニーコーデ」で登場です。

『アイカツフレンズ!』第40話「Believe it」ラブミーティアVSリフレクトムーン【感想コラム】

ダイヤモンドフレンズカップ準決勝Bブロック。
「ラブミーティア」が「ラブデスティニーコーデ」「ソウルデスティニーコーデ」で登場です。

不安なかぐや

「共に高みを目指せるフレンズがついに……」

カレンは、前回のあいね・みおのステージを思い出し、珍しく動揺。

その頃「リフレクトムーン」のさくやは、占いにより自分たちの勝利を知ります。
けれど、かぐやはダイヤモンドフレンズになれる自信がなく……

「歌も演技もお姉さまのほうが」
「今回ばかりはお姉さまの占いはハズレですわ」

と消極的。
怒ったさくやは部屋を飛び出し、かぐやは慌てて追いかけます。

自信をつけるかぐや

逃げるさくやと、追うかぐや。
2人の様子はSNSにアップされました。

事情を知らないファンたちは、追うかぐやを応援。
かぐやはファンの応援にこたえるべく、さくやを捕まえます。

すると、そこはダイヤモンドフレンズカップの会場でした。

「かぐやちゃんはもう、私に追いついている」

と、さくや。

自信をつけたかぐやは、さくやと共に勝つべくステージへ。

ステージを観たたまきさんは、

「昨年の『ラブミーティア』と同じレベル。いえ、わずかに上回っているかも」

と評価。

圧倒的な「ラブミーティア」

そんな2人のステージを観たカレンは、なにやら力みすぎていて、それをほぐしたのはミライでした。

カレン「『リフレクトムーン』の想像を超えたステージを観て、ずっと抑えていた勝ちたいという気持ちが溢れ出てしまったのかもしれません」
ミライ「カレンから溢れなきゃいけないのは、愛でしょ」

そして、ステージを行なう「ラブミーティア」。

舞花も、「悔しいけど今の私たちじゃまだあの2人には届かない」と認めるほど。

結果、大差をつけて「ラブミーティア」が勝利しました。

初めて占いを外したさくやは、「次は負けません」と言い残します。
悔しさの残る結果でしたが、自分たちの覚悟の足りなさを自覚し、前に進むことを決意した「リフレクトムーン」。

ラブミーゾーン

その夜。

カレンはミライとの出会いを思い出していました。

「いつしか勝つ続けることだけが、道を極めることにつながると信じていました」

そんなミライに、勝利だけではないことを教えたのは、ミライです。

「カレンにも私の愛が伝わったということだね」

と、ミライ。
愛を溢れさせるカレンに愛を教えたミライさん。

そんなミライは、言います。

「ねえカレン。『ピュアパレット』との決勝で、出してもいいんじゃないかな。ラブミーゾーンを」

ラブミーゾーンを!

ラブミーゾーン!?

すっかりなかったかのように扱われていたゾーンでしたが、やはり「ラブミーティア」は使えたようです。
まだ奥の手を持っていた「ラブミーティア」。ミライはあいねとみおを認めているからこその発言なのでしょうが、カレンは使うことを拒んでいるようで。

しかしこの言い方……。

「ラブミーティア」は自在にゾーンへの扉を開けるようですね。

というわけで、次回は「ラブミーゾーン」について、描かれるようです。

©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

『アイカツフレンズ!』第40話「Believe it」【感想コラム】

関連ワード :

友希あいね

アイカツフレンズ!

美少女

ゆるふわウェーブロング

髪色(ピンク)

主人公

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!