アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

PERSONA5 the Animation 第24話【感想コラム】

冴さんのパレスのある場所として明智が蓮たちを連れてきたのは、なんと裁判所でした。検察や警察は怪盗団騒ぎを終息させるため、証拠や承認を捏造してまで犯人をでっち上げる準備をしていると言います。 近々強制

PERSONA5 the Animation 第24話「A challenge that must be won」【感想コラム】

冴さんのパレスのある場所として明智が蓮たちを連れてきたのは、なんと裁判所でした。検察や警察は怪盗団騒ぎを終息させるため、証拠や承認を捏造してまで犯人をでっち上げる準備をしていると言います。

近々強制捜査が秀尽学園と佐倉家に入るはずだと教えた明智は、冴さんの暴走が止まれば無茶な捜査が行われることは無くなるとの見解を示しました。そして、強制捜査の日取りはおそらく11月20日になるだろうとの予想も伝えてくれます。

明智のスマホが最新機種なのを見て取り、いきなりかっぱらって操作性を確認する双葉。明智から双葉が見えなくなるような位置に立ったり、注意を逸らすような発言をする真先輩といい、なにやら微妙に不自然なものを感じますが…?

ペルソナ5 第24話「A challenge that must be won」のあらすじ

真の姉である検事・新島冴を改心させるために協力して欲しいという明智からの要請で、ザ・ファントムは最後のミッションとして冴のパレスへと侵入する。一方、ルブランに双葉の親戚だという男が現れ……

勝ち取ってみなさい

眩いほどネオンの輝くカジノへと変貌した裁判所に、あっけにとられるザ・ファントムの面々。冴さんにとっての“勝たなければならない勝負の場”という認知がカジノという形を取ったものだと思われますが、それはつまり負ければ全てを失うと考えているのもあるのでしょう。極端ではありますが、追い詰められた思考ならそこまで至っていても不思議ではありません。

様子を伺いながらカジノへ向かう道中、明智のコードネームを決めることに。杏のだいたい見た目で決めるという言葉を受けて、彼が言い出したのは「カラス」。一人だけ日本語と言うのは微妙ということで、英語に直訳してクロウと決まります。

クロウの怪盗服ですが、ヨーロッパの王家の儀礼服を思わせる白い服にマント、赤いペストマスクというかなり特徴的なものでした。ペストマスクとはその名の通り、ペスト(黒死病)が流行した当時、患者を診察する医者が空気感染防止を期待して身に着けていた特殊な仮面のことですが、クロウのものは形状的な意味でペストマスクと称されているものと思われます。

ニイジマ・パレス内を観察すると、内装は豪華ですがゲームをしている客達は普通の人間に見えることが目につきました。認知上の他人を人間として認知しているということは、冴さんの人を見る目そのものはあまり歪んでいるわけではない様子。

しかし、怪盗団がパレスに潜入したことに気付いたシャドウ冴さんが現れました。漆黒の帽子とドレスを身に纏い、同じく黒い口紅とアイシャドウでメイクを施した妖艶ないで立ちです。彼女のパレスの主としての立ち位置は支配人でありNo.1プレイヤーであるといい、オタカラを盗むためには最上階の支配人フロアに行かなくてはならないことを教えてくれました。正々堂々と勝負をしたいと告げ、怪盗団に勝ち続けるように言ってきます。

そしてエレベーターで上階へ上がっていくのを見て、ボタンを押してみますがメンバーズカードの認証が必要であるとの音声ガイドがあり、動かせません。後を追うには必須らしいと分かったところでシャドウに襲われますが、クロウのペルソナ・ロビンフッドが一蹴。かなり強力なペルソナのようですね。この先の待ち伏せなどを警戒し、一度離脱して準備を整えることに。

その夜、双葉の部屋に入ったマスターが彼女宛の予告状を見つけてしまいました。せっかく改善してきていた双葉との関係が、突然こじれることになってしまいます。

双葉と明智の共通点は…

その矢先、ルブランを見知らぬ男性が訪れました。双葉の血縁者のようで、彼女が高校に行っていないことと蓮と言う保護観察中の同居人がいることを盾にとって金銭を要求してきます。本来双葉が受け取るべき遺産や保険金の大半を渡した後のようですが、とにかく腹立たしい言い方をしてきますね。

メンバーズカードを入手するため、カジノでゲームに挑む怪盗団ですが分析と計算を担当するナビの不調で苦戦を強いられます。

マスターは蓮に、ルブランカレーのレシピを考案したのが実は双葉の母である若葉さんであることを打ち明けてくれました。コーヒーと組み合わせることを念頭に置いて考えたものだと言い、双葉にとっても大好物だったのですが母を亡くしたことで口にしなくなってしまったのだとか。母の遺したレシピを食べると恋しくなるというのは当たり前のことと受け止め、いつか彼女がマスターのカレーを再び美味しいと言って食べてくれる日が来るのを願っているのです。

この前の男性は双葉の叔父で、親戚中をたらいまわしにされた彼女が最後に預けられた家の主だといいますが、邪魔者扱いされてネグレクトされているのを見ていられなくなったマスターに現金と交換で引き取られたのだとか。双葉の幸せを考え、迷うマスター…

双葉の不調をルブランとパレスで目の当たりにした明智から連絡を受け、蓮は相談を持ち掛けます。彼女の気持ちがわかるという明智、彼の母は愛人関係にあった男性から妊娠したことで捨てられて身体を壊てしまい、早くに世を去ってしまったのだと。一人遺された彼はいろんなところを転々とさせられて育ち、探偵として頭角を現すことで自立した生活を送るようになったようです。

身勝手な大人に傷つけられた少年たちの反抗をテーマとするこの作品ですが、明智の身の上は確かに最低な大人たちへの怒りに満ちていてもおかしくありません。

双葉の叔父がルブランで金を要求しているところに彼の調査書を携えて現れた明智は、投資に失敗したことでかなりの借金を負っていることを調べ上げていました。恐ろしい手際の良さです。蓮に因縁をつけて去っていきましたが、本当に家庭裁判所に訴えたらしく、後日調査員がルブランを訪れました。

双葉の叔父が蓮に暴行を受けたと通報し、双葉に対する虐待の疑いもほのめかしたことから訪問に至ったようで、モルガナがルブランから佐倉家の双葉のもとへ知らせに走ります。話し合いの場に駆けつけた双葉は、佐倉家の娘として暮らしていることが幸せだと懸命に訴え、マスターのことをお父さんと呼びました。ベテランらしい男性の調査員に不自由を感じたことは無いかと聞かれた蓮は、全くないと返します。どうやら、秀尽学園で蓮の評判を聞いてからの訪問らしく、学校での素行にも問題がないことは承知しており、逆に双葉の叔父の調査書を明智が家庭裁判所に送付していたらしく、通報の内容が虚偽であるとの判断が下りました。

とりあえず落ち着いたところで、双葉の部屋にあった予告状の話をすることに。自力では動けなくなっていたのを手助けしてもらったとのかいつまんだ説明に、蓮たちが怪盗団だと薄々気づいていたらしいマスターはあっさり受け入れてくれます。

後顧の憂いも断ち、改めてカジノに挑むザ・ファントム、絶好調のナビによってメンバーズカードが入手できる5万枚のハードルを乗り越えるのでした。

ペルソナについて

明智のペルソナは「ロビンフッド」。モチーフになったのは中世イングランドの伝説上の人物、ロビン・フッド。吟遊詩人たちによって編まれた物語が一般に広まりました。

よく知られている「弓の名手で、シャーウッドの森の義賊たちの首領」というイメージは、19世紀辺りに付け加えられた比較的新しいものだそうです。

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

PERSONA5 the Animation 第24話【感想コラム】

関連ワード :

雨宮蓮

PERSONA 5 THE ANIMATION

イケメン

髪色(黒)

主人公

福山潤(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
199回
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!