アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

予備知識一切なしで『 あさがおと加瀬さん。 』の映画を観てきたレポート

こんにちは。今回、まったく予備知識なしで、映画『 あさがおと加瀬さん。 』を観てきましたので、初見組の率直な感想として紹介したいと思います。 結論は「とても面白くて、非常に考えられている」というもの

予備知識一切なしで『 あさがおと加瀬さん。 』の映画を観てきたレポート

こんにちは。今回、まったく予備知識なしで、映画『 あさがおと加瀬さん。 』を観てきましたので、初見組の率直な感想として紹介したいと思います。

結論は「とても面白くて、非常に考えられている」というものになります。

たまたま観に行く時間ができたので行ってみた

『 あさがおと加瀬さん。 』については、TOKYO-MXの深夜アニメの時間に流れるCMを観て「百合アニメなのかな~」くらいの認識しかありませんでした。たまたま、放映している映画館近くに行くことがあり、時間ができたので観てみることにしました。

なお、筆者はかつて

「kiss kiss kiss・・・『桜Trick』が示す舞台装置の重要性と視聴者を引き込む演出」

という記事を書いたことがありますが、このジャンルに詳しいわけではありません。

比較できそうな知っているアニメは

『桜Trick』と最近放送された『citrus』くらいです。『ゆるゆり』は少し違う感じですよね。

放映三週目に行きましたので、館内はそれほど混んでいませんでしたが、男女7:3くらいの比率でお客さんがいました。

『 あさがおと加瀬さん。 』初見の感想

主人公の山田(山田結衣)と加瀬さん(加瀬友香)は、ボーイッシュで活発な陸上部の加瀬さんと、家庭的でお弁当作りやガーデニングが得意な山田という対照的な属性を持つカップルに見えます。これだとお互いに苦手な部分を補える魅力的なカップルに映ります。

どうしても

山田→女性的、加瀬さん→男性的 

という対照軸で観てしまうのですが、これは正しいのか、正しくないのか。どうやら、二人が知り合って付き合い始めた経緯は省略され、甘い恋人シーンを中心に見せるのでしょうか?お互いの家庭環境などもよくわかりません。

少年マンガは「告白がゴール」、少女マンガは「告白がスタート」と言われていますが、ということは、このアニメは少女マンガ的手法なのかなぁと思ってしまいます。

物語は、「加瀬さんシリーズ」(○○と加瀬さん。)の短編がオムニバス形式で進みます。

山田が作ったお弁当を加瀬さんに食べてもらうお話
加瀬さんが買ってきたいちごのショートケーキを、山田の部屋で食べるお話
修学旅行で沖縄に行くお話
そして、二人の進路のお話

「付き合っていること」「恋人がすること」の認識の違いが、二人の個性を際立たせています。

このお話、百合的ストーリーではなく、通常のラブストーリーなのに「好きだった相手がたまたま同性だった」だけという印象を強く与えます。山田の友人の三河をはじめ、クラスメイトは二人の関係を「当たり前のもの」として受け止めているように私は感じました。少なくとも三河は完全に応援モード。『citrus』で柚子と芽衣の恋愛感情を知らないはるみんのような立ち位置に見えます。

女性だからお互いに惹かれ合ったのではなく、山田と加瀬さんだったからお互いに好きになった、性別の前に「個」があるというのがよくわかります。「女の子がたくさん登場してその中で百合」という構造では全くないところに、素直に驚かされました。

恋愛は加瀬さんの方が積極的ですが(特にケーキのシーン)、修学旅行での脱衣所の山田と加瀬さんの反応の意味が、すぐには理解できませんでした。そのあたり、私はまだまだなのだなと思います。

山田は緑化委員なので、「あさがお」が重要なアイテムとして出てくるのかと思いましたが、これは映画では省略されていた二人の出会いに関わるものだったのですね。

最後に「あさがおの花言葉」が加瀬さんから山田に告げられますが、これは「やられた!」と思いました。相反する二つの意味。花だけを見るのではなく、蔓(つる)も見ないと、表面的な価値観では二人の関係を評価してはいけないのだと気付かされます。これは、この二人以外の様々な恋愛にも言えること、人の夢いと書いて「儚い」ですが、夢は実現するものなんですね。

エンディングで流れる『明日への扉』(山田&加瀬さんVer)の歌詞を改めてかみしめます。すごくストーリーにマッチしています。私の中でこの歌は、ワゴン乗って男女が旅する番組の歌から、素敵な二人の応援歌に上書きされてしまいました。

約1時間のショートムービーでしたが、体感時間は驚くほど短く、何の知識もない人間がこれほどこの世界に嵌れるとは思いませんでした。

この映画のポイント

・女の子同士の恋愛が特別なものではない
・必ずしも一方がボーイッシュ、もう一方が乙女チックではない
・自然な恋愛の延長線上にあるkiss
・主人公たち二人にフォーカス、登場人物を厳選している
・純愛一直線!「最初に好きになった人が加瀬さんだった」
・受験を巡る駆け引きに注目

出典 YouTube

©2018 高嶋ひろみ・新書館/「あさがおと加瀬さん。」製作委員会

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

予備知識一切なしで『 あさがおと加瀬さん。 』の映画を観てきたレポート

関連ワード :

加瀬友香

あさがおと加瀬さん

美少女

ショートボブ

髪色(黒)

主人公

高橋未奈美(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!