アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

PERSONA5 the Animation 第11話【感想コラム】

ペルソナ5 第11話「Let’s be friends, shall we?」。秀尽学園の生徒会長を務める新島真に、怪盗団の正体が蓮たちであると知られてしまう。見逃す代わりに「正義というものを証明して

PERSONA5 the Animation 第11話「Let’s be friends, shall we?」【感想コラム】

ペルソナ5 第11話「Let’s be friends, shall we?」。秀尽学園の生徒会長を務める新島真に、怪盗団の正体が蓮たちであると知られてしまう。見逃す代わりに「正義というものを証明してほしい」という真の要求に従うため、蓮たちは新たなターゲット・金城のパレスに潜入を試みるが……

新島姉妹の苦悩

とある大学で行われる全国模試の会場で、真先輩に声をかける明智。警察と連携を取っていることを彼女にも告げると、秀尽学園高校の生徒会長として知ってることがあれば教えて欲しいと言います。試験の最中であることを先輩が口にすると、「試験なんて些末なこと」と返ってきました。定期試験よりは優先度が低いかもしれないけど、模試は受験生にとって大事なことだと思いますけど…先週も昼間にテレビの収録に出てたりしてましたが、彼は学校にちゃんと行ってるんですかねぇ?

真先輩は両親が既に亡く、検事の姉・冴さんと2人暮らしをしていますが冴さんは睡眠不足に加えて捜査が進展しないことで精神的に追い詰められているのか、妹に暴言を吐くなどキツく当たってしまいます。「明日からは外で食べる」というのは、妹を傷つけないための精一杯の行動なのかも知れません…

被害者の総数カウント不明の巨大パレス

宙に浮かぶ銀行にあっけにとられるスカルとモナ、しかも渋谷にいる人たちはATMの姿で道路を歩いています。人間がATMとか、凄まじい認知の歪みっぷりだな!

倒れてる人から話を聞いてみると、「足のつかない場所から落ちた」という言葉が聞けます。足がつかない=捕まらないという自信があることで、パレスが宙に浮いている模様。しかし街のあちこちにATM姿の人がいて、その中に壊れている人が混ざっているのも「これだけの人数から金を巻き上げてやった、壊してやった」という認知のあらわれということで、認知している分だけでもこれということは金城が認知していない被害者もいるとしたら恐ろしいことになります。

しかし、パレスに行く方法が分からないと手出し出来ないのでいったん出直すことに。

実際問題、放置するわけにはいかなくてもパレスに入れないと手の出しようがないとアジトでの会議も堂々巡り。そこに真先輩が様子を見にやってきましたが、棘のある言葉をやり取りしているうちに杏の放った「役に立たない」という一言で真先輩が先走り、無茶をして金城の元へ向かってしまいます。危ないところへ蓮たちが割り込みましたが、300万の金を用意しないとクラブで撮った写真を学校にバラすと脅されることに…

なんとか金城のところを出て、改めて真先輩と話をすることになりましたが、先輩は「役に立ちたかった」と言います。危険なところを助けられたのもあって、強がらずに自分の思いを素直に話せるようになったらしい先輩はどうやら杏と和解出来た様子。

竜司がウッカリで口を滑らせますが、かえってそれはモルガナにひらめきを与えたみたいです。金城の標的=銀行の客であるなら、標的になった今なら銀行に入れる可能性があるのではないかという考えにモルガナと祐介は至りますが、勉強の苦手な竜司と杏はいまいちピンとこないみたい。(この2人は、ゲームでもアホの子扱いなんです…)

「うにゃうにゃ」「にゃーにゃー」鳴くモルガナを相手に普通に会話する蓮たちの様子に、ひたすら困惑する真先輩。なるほど、怪盗団以外にはこんな感じで認識されてるんですね。モルガナと会話できるのが普通の状態であるため、先輩に会話が通じていないことを杏は失念していたみたいです。しかし、今回の件で金城の主要ターゲットになっているのは真先輩なので、部外者とは言えない立場としてパレスに同行してもらうことに。

仲間になろうよ

認知世界に移動後、服装の変化した怪盗団の面々に驚く先輩ですが、モナは化け猫呼ばわりされたのがショックで固まったり泣いたり忙しいことに…しかし本当に君はパンサーのこと好きだな。

頭の回転が怪盗団の面々よりも速い真先輩は、フォックスからの軽い説明だけで「心を盗むことはターゲットの認知を書き換えること」であると理解します。怪盗団の目的の一つである「弱い立場の人を勇気づける」という言葉に、先輩はお父さんの遺した言葉を思い出すのでした…

「私が顧客になったのなら」と歩き出した先輩の姿に、宙に浮いていたパレスが降下してきて建物の前に繋がる坂道が展開されます。おい、無意味にハイテクな感じだな!

入り口付近で警備員シャドウに止められますが、頭取に取り次ぐように言うとその背後からシャドウ金城が現れました。現実の金城とは違い、きっちりとスーツを着込み、黒髪を七三分けにして口ひげを蓄えています。彼のイメージする「銀行の頭取」の姿に倣ってるものと思われますが、じゃあ鴨志田と班目のは一体何なんだって疑問が湧いてきます…(特にシャドウ鴨志田のパンツにマントってのが謎。裸の王様から来てるとしても、自分が王のイメージであんなんなるか?)

300万を集められないなら融資するとシャドウ金城は言いますが、利率が1日1割…つまり利息だけで1日30万と無茶なことを続けます。それを払うために自分の経営する店で働き身体で稼げと。

しかもシャドウ金城は、真先輩の姉が検事の新島 冴であることまで把握していました。自分達の情報網によるものだと言いますが、いくら何でも情報入手が早すぎて不審です。元々新島姉妹に目をつけていた、と言われた方がまだ納得できるのではないでしょうか。

女性を何だと思っているのかと言いたくなる金城の言葉に、とうとう真先輩が激高します。そんな彼女の脳裏に語り掛ける声―ペルソナ・ヨハンナの覚醒!

大型バイクの形状をしたヨハンナにまたがり、敵シャドウを蹴散らす真先輩がカッコいい!!竜司の「世紀末覇者先輩」の一言が色々とツッコミどころですが…君は北斗の拳を愛読してるのかね?

パレスから帰還後、改めて話をしているうちに真先輩は「私はお姉ちゃんみたいにはなれない」と感じ、いつか分かり合えない時が来ることを予感していたと言います。真面目ないい子なのはあくまでも表面だけで、先輩の内面はアウトローに近い面もあるということでしょうか。頭が切れて度胸もある先輩を参謀に推薦する祐介と、それに賛成する蓮たち。こうしてザ・ファントムに新たな頭脳役が加わったのでした。

真先輩が戦闘に慣れるためか、金城のパレスに本格的に挑む前にメメントスへ赴いたザ・ファントム。認知世界ではコードネームで呼び合っていることに気付いていた先輩から、自分のコードネームをどうするかと言う話があったのでここで決めることに。相変わらずセンスのないスカルは置いといて、彼女を上から下まで観察したジョーカーの「クイーン」があまりにも似合うということで採用!

エンディングの映像から、真先輩が仲間になることはかなり以前から分かっていたと思いますが、次に仲間になるキャラは意外性がありますよ…公式サイトなどで情報入れてない方は「えっ、誰!?」ってなると思います。

真先輩のペルソナについて

真先輩のペルソナは「ヨハンナ」。

モチーフになったのは伝説上の人物「女教皇ヨハンナ」で、女性であることを隠してローマ教皇の座に就いたと言われています。余談ですが、タロットカードの「女教皇」のカードに描かれている女性はこのヨハンナなのだとか。

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project


記事タイトル:

PERSONA5 the Animation 第11話【感想コラム】

関連ワード :

雨宮蓮

PERSONA 5 THE ANIMATION

イケメン

髪色(黒)

主人公

福山潤(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!